ー月曜日ー 裏道カレイド

ノベルバユーザー399011

モノローグ

 裏道カレイド




「復讐のために人を殺す人がいる」
「そうだね」
「愛のために人を殺す人がいる」
「そのとおりだ」
「正義のために人を殺す人がいる」
「悲しいことにね」
「どうして人を殺すんだろう」
 殺すことは、いけないことなのに。
「それはね、簡単なことさ」
 彼は言う。
「復讐のために人を殺す人は、復讐のために生きている人だ。愛のために人を殺す人は、愛のために生きている人だ。正義のために人を殺す人は、正義のために生きている人だ。人はね、大切なもののためなら、人なんて簡単に殺すんだ」
 彼は悲しい目をして言った。
「柵、君は一体、何のために生きている?」


 僕は、
 僕は答えなかった。


「残念」
 彼は笑いながら言った。
「柵が何のために生きているのか知ることができたら、君を人殺しに出来たのにね」
 彼の目は、狂気に満ちていた。




 ミラーハウスの鏡に囲まれた空間の中で、彼の歪んだ笑顔を見た気がして、以前の会話を思い出した。
 彼とのあの出来事以来、僕は生から避けてきた。
 自分自身の生からも。他人の生からも。


 しかし、生きている限り、死からは逃げられないし、
 また、生からも逃れられないのだ。
 世のしがらみという名の、袋小路からは。決して。





「ー月曜日ー 裏道カレイド」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く