最強の転生者(仮題)

シオン

④-1

 目が覚めた。
 外を見てみると少し明るくなってる。
 どうやら少し早起きしたようだ。やっぱり硬い床じゃあまり熟睡できないようだ。
 よし!せめて普通に眠れるようにしよう。
 奥で顔を洗うついでにカシの実を食べる。
 ん?なんか違うような…味に慣れたのかな?
 特に気にせず、やることを考える。
 寝るとなると何がいいかな?草を敷くだけでもだいぶ違うだろうが、もっといいものがいいな…動物の皮とか?ん〜ちょっと危険だが森に出て動物でも狩るか?
 《気配遮断》と《暗殺》を使えば安全に倒せるだろう。
 よし!森へ行こう!
 
 《気配遮断》と《暗殺》を発動させてから森に出てから30分ほど探したが…動物が居ない。
 こんなに居ないことなんてあるのだろうか?
 なんか生物の場所がわかる魔法とかないかな?
 小説でよくあるのは自分の魔力を同心円状に薄く広げてレーダーのようにするやつだが…動物を見つけるというより大体200m圏内に何があるのかわかるって感じだな。
 動く反応は、地面を這う虫と木から落ちる葉っぱだけだな。ここら辺には居ないのか?ん〜このままちょっと進むか。
 …お 200mくらい先に︎なんか居た。数は1匹、シルエット的に狼?かな。何か…食べてるのか?
 まぁいいや、それより何の魔法で仕留めよう?
 皮が欲しいから火はなし、風は威力が不安だし、光と闇はイマイチ攻撃のイメージがわかない。
 土魔法で金属作ってで頭を撃ち抜くか、水を高速で出して首を切るか…とりあえずやってみるか。
 《遠視》と《透視》を使って、狼を視認し、そのまま《鑑定》する。

名前:
種族:シャドウウルフ
年齢:32
レベル:7
生命力:150/150
魔力:20/20
物攻:50
物耐:10
魔攻:30
魔耐:30
俊敏:200
知能:70
運:40
スキル
《影移動》《噛み付き》《爪術》
加護
称号 

 これは魔物…だよな。
 ステータス低いよな。俺よりも確実に。
 とりあえず油断しないようにしよう。
 足音に気をつけながらシャドウウルフに近づく。
 どうやらまだ気付いていないようだ。
 そのまま、距離10mくらいのところまで来た。まだ気付いてない。スキルが効いてるのか。
 これ以上は危険があるから、ここから魔法で倒そう。
 土魔法で金属…弾丸をイメージ…貫通力を上げるために回転をかけて…爆発を推進力に…よし!
「【メタルショット】 ︎」
 バンッ!!…バッシュ!…バタッ…
 よし!脳天命中!
 即死だろうが、油断しないでここから《鑑定》する。

状態:死亡

 大丈夫そうだな。よし!持って帰るか…どうやって?
 あぁぁぁ!!しまった、どうやって持って帰るか考えてなかった!
 風…で持ち上げれば…でも、加減ミスってどっかに飛んで行っても困るし…かと言って引きずるわけにもいかないし…ん〜空間魔法?アイテムボックスみたいな物が有ればいいんだが…どうやってイメージしよう…袋の中が無限…袋ないとわかりにくいな…超広い部屋をイメージしながら魔力を集めて…ッ ︎ すごい勢いで魔力持っていかれる!回復が…追いつかない…やばい…意識が…き…れ…バタッ


……
………
…………ん……んぁ?…はっ!
 目が覚めるとそこは…さっきまで俺がいた場所だ。狼の死体もそのまま。太陽の位置から考えるに2、3時間しか経ってないようだ。
 どうやら魔力を使いすぎて気絶してしまったらしい。回復力が上がってると鷹を括って、油断した。
 今回は運良く魔物などは来なかったが、本当に危なかった。反省しないと。
 今魔力ってどうなってるんだろう…
「ステータス」

レベル:1→3
生命力:11000/11000(+1000)
魔力:1000/1000(+800)(+573836/♾)
物攻:220(+200)
物耐:3000(+1000)
魔攻:700(+200)
魔耐:6000(+1000)
俊敏:310(+200)
newスキル
 《忍び足》《無限収納》《魔力無限格納》
new称号
 『超越者』

 うわぁ…なんだこれ。
 ステータスが軒並み上がってるし、生命力と防御力に関しては1000も上がってる。
 しかも魔力はなんだこれ?スキルの影響か?

《忍び足》
 歩く際に音が出にくくなる

《無限収納》
 際限なくものが入る空間を作り出す

《魔力無限格納》
 無限に回復し続ける魔力を《無限収納》によって格納している
 自由に使用可能

『超越者』
 何か1つ以上の項目で神を超えた者がが得る称号
 生物限界を超えることができる

 これはすごいな。
 さっき気をつけよって言ったけどもう魔力切れとか起きないじゃん。
 いや、油断はしないでおこう。
 まぁ目的だった《無限収納》が手に入ったからいいや。
 1番最後はもう無視しよう。うん、それがいい。
 とりあえずシャドウウルフ持って帰ろ。

「最強の転生者(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く