妖精の魔法で俺にモテ期到来!?

I.G

妖精現る 3

「た、足りない幸せ......?」


「そう。君には個人に定められた
幸せの量が足りていないのだ。」


「ど、どういう意味だ。」


「つまり、本来たかしが一生の
人生で使えるはずの幸運や幸福が、
何らかの影響で減少し、たかしは
必要以上に不幸になっているのだ。」


「な、なんらかの影響? なんだよ、
それ。」


「それは多分、たかしが一番知って
いるはずなのだ。」


そう言って、謎の少女は駿を
指差す。



「俺が?」


「......もー、じれったいから、
僕が教えてあげるのだ。
たかし、君はとことこん運が悪い。
それに加えて、びっくりするぐらい
何をやっても平凡なのだ。」


「そ、それは関係ないだろ! 」


「関係あるのだ!」


「は?」


「平凡すぎるがゆえに、たかしには
運が回って来ない。それどころか
運が逃げていっているのだ。」


「......」


「それが、影響を及ぼして、たかしの
幸福や幸運が減少してしまっているのだ。」



「......も、もし仮に......お前の
言っていることが正しいとして、
そんなのどうすることも......」


「だ・か・ら、僕が来たのだ!」


これが運の無い平凡男子高校と、
妖精と名乗る謎の少女との出会いだった。









「なら、お前がその妖精だという
証拠を見せてみろ!!」



「証拠? うーん、それなら......えいっ。」


すると謎の少女の回りに謎のピンク色の
煙が立ち込める。


「ごほごほっ......お、おい。なにして──」


駿は思わず言葉を失った。


「これで信じてもらえたのだ?」



先ほどまで、9才くらいの女の子
だった謎の少女が、まるで人形
のような大きさまで縮まり、
しかも、ぷかぷか空を浮いている。


「とにかく、明日からたかしを
僕の妖精の力で幸福にしてあげる
から、乞うご期待なのだ!」











                          次の日



「あー、シャトルラン嫌だわー。」


「それなー。」


いつもやかましい教室が、一段と
やかましくなる。
そう、今日はなんの意味があるのか、
未だ解明されていない身体測定の
日だった。


クラスじゅうの男子が、ぐちぐち
言いながら体操服に着替えて、グランドに
出ていく。


「あいつ......他の人間には自分の
姿は見えないとか言ってたけど......
大丈夫なんだろうな......」



昨日の一件から謎の少女は
姿を消し、今日はまだ駿の
前に現れていない。



変な夢でも見てたのかもな......



駿はなんだか馬鹿馬鹿しくなって、
あの謎の少女のことを忘れ、
グランドに向かったのだった。

       

「妖精の魔法で俺にモテ期到来!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く