妖精の魔法で俺にモテ期到来!?

I.G

妖精現る 2

だ、誰だこの子供...... 


謎の少女が自分の家のなかに
いるのを見て、困惑する駿だったが、
そんなつったっている彼に
謎の少女が抱きついてくる。


「お、おい!」


それでようやく正気に戻った
駿は、その少女を振り払う。


「だ、誰だ! このクソガキ!
なんで人の家に勝手に上がり込んで
るんだ!」


「別に上がり込んだわけではないのだ。
僕はここに妖精界から来ただけなのだ。」



「よ、妖精界?」


からかっているのか? いや、待てよ。
そうだとしたら、こんなガキ一人で
そんなことするはずがない。
もしかして、他にも仲間が俺の家に
隠れているんじゃないだろうな......


そう思って駿は狭いアパートの
自分の部屋をくまなく捜索する。
おしいれ、たんす、ひきだし、
風呂場、トイレ、冷蔵庫。
だが、一通り見終わってもどこにも
他の子供はいない。


「何を探しているのだ? たかし。」


すると、険悪な顔で部屋中を
走り回っていた駿の後ろで、謎の
少女が呼び捨てで尋ねてくる。



「は......お、おい、なんで俺の名前
知ってんだよ......」


「それは僕がたかしに幸福を
もたらすために、お仕事として
来たからなのだ!」


「おい! いい加減にしろよ!
ガキとはいえ、警察呼ぶぞ。」


「けいさつ? それはうまいのか?」


このクソガキ......!


駿は頭に血が上って、謎の少女の
腕をつかみ、玄関まで引っ張っていく。


「ま、待ってほしいのだ!」


「いいから、ここから出ていけ!
二度と来んな!」


そう言って嫌がる謎の少女を
家から追い出した。


「はぁ......なんだったんだ......?
しかし、部屋の鍵は閉めてたんだけどな。」


駿はため息をつきながら、自分の部屋に
戻る。


「一体どこから............!?」


しかし、そこには追い出したはずの
謎の少女がにっこり笑って
駿を待ち構えていた。


「は、は???? おまっ......え?」


「まあまあ、そんなにパニックに
ならないでほしいのだ。
僕はたかしに足りない幸せを
与えに来ただけなのだ。」



「妖精の魔法で俺にモテ期到来!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く