最強職は勇者?いいえ、武器職人です

てるてる

1章 王国編 2話 集団神隠し

 豊海高校2年4組そこは1番同性間、異性間ともに
仲が良いクラスだった。

 俺、篠崎大和はいつも通り7:06分の電車に乗り、
7:49分に学校に着くという普段通りの生活を
送っていた。

 8:35分、クラス全員が揃い、朝のHRが始まる。

 俺はいつも通り机に突っ伏して1時間目まで
休む体勢だったのだが。

「──ッ!!」

 唐突に走った緊張の気配に顔をあげる。。
 顔を上げた俺の目に最初に飛び込んできたのは
白い光と光を発する謎の模様だった。

 それをみた瞬間周囲の音が掻き消える。
誰かの怒号も、誰かの戸惑う声も、一切合切が。

 音が消えた世界で光を発する模様を凝視していると
光がより一層明るく煌めき

 体が浮く感覚が一瞬。

 そのあとは五感の全てが機能しなくなった。


──後には所々椅子や机が倒れていた。





 日本政府はこれを集団神隠し事件とし、
世界中へ協力を要請。

 日本の高校生40名の世界を巻き込んだ
捜索活動が開始された。

が、それはまた別の話

「最強職は勇者?いいえ、武器職人です」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く