家族で異世界召喚されたんだけど皆が最強すぎて僕はヒロインみたくなってる話する?

司時 緋水銀

最強家族



僕の名前は樹山 森【きやましん】
至って普通の特に何も取り柄のない高校生だ。


唐突だけど僕は一年前、異世界に召喚された。
漫画やアニメでよく見ていた異世界召喚に最初こそ戸惑ったものの、そこはそういうものを心のどこかで待ち望んでいた多感だった時期の中学生時代。
夢に見たファンタジーな世界に心を踊らせた。


きっとこの世界では魔物や異能力を使う集団がそこら中にいて…僕はきっとチートスキルや万能スキル、一風変わった能力で無双するもんなんだと勝手に信じていた。


前半部分は当たっていて…ファンタジーな世界観通りに【魔法】【スキル】【召喚術】【精霊術】【超能力】……この世界の人々はありとあらゆる異能力を使っていた。
【モンスター】も存在しているし…【暗殺結社】【カルト狂団】【魔王軍】【魔女教団】【闇ギルド】【十二柱悪魔】…なんて中二病みたいな勢力が世界の実権を握ろうと勢力争いを繰り広げてもいる。


そんな世界で血で血を洗うような死闘を繰り広げ、民衆を助けたり…敵だった人と仲間になったりして熱い冒険に繰り出したりするんだ、と…そう…夢を見ていた。


しかし、夢は幻想ゆめでしかなかった。


結論から言うと……僕には何の力もなかった。
正真正銘、ただの高校生。
実は隠された力だとかダメなスキルでも進化して最強スキルだとか…そんなものも一切存在しない。


正真正銘、無能力。ただの高校生。僕YOEEEEE!だ。
運動神経も普通、身体能力も普通。
本当に何もない。
運は多少あるのかもしれないけど…ラッキーマンみたいにそれで戦えるほどのものでもない。


そんなただの高校生になった僕が、そんな世界でどう生きてきたのかというと………。


----------------------------


〈とある町〉


「うわぁぁぁぁぁっ!?竜だぁっ!?竜の大群が……押し寄せてきたぁぁっ!!?」


キャァァァッ!うわぁぁぁぁぁっ!?助けてぇぇっ!!みんな逃げろぉぉっ!!


……バサッバサッバサッバサッバサッ!!ゴォォォォォォォォォ!!


【封印されし災厄の竜・イビルドレイク】
『フフフ…ワレラ…リュウゾクガ…フタタビ…スベテヲシハイスルトキガキタノダ…マズハ…コノチヲサラチ二シテクレヨウ…」
【古の世界の支配竜・デスムンガルド】
『ニンゲンドモヨ、ナガキ二ワタリ…セカイヲシハイシタツモリダッタノデアロウガ……ワレラ二リヨウサレテイタトモシラズ二…ナンタルコッケイナコトヨナ…』
【星喰いの神竜・オロチイーター】
『ジンルイ……ホロボス……』


「……何て事だ……神話伝承の竜があんなに………もう…この街は終わりだ……」


バサッ……バサッ……バサッ……


『クク……ヤキツクセ!』




ザッ………


空には蒼天を埋め尽くす禍々しい色をした飛竜が飛び交い、咆哮をあげている。
町の住民は…悲鳴わあげて逃げ惑う人もいれば、少しでも自分の持つ能力で抵抗を試みようとする者や空を見上げ絶望し既に生を諦め立ち尽くしている者もいる。


ちょうどこの町に滞在してて…よかった…!


僕は町の中央広場に立ち、空を見上げる。


「お、おいキミ!冒険者か!?早く逃げなさ…っ!?………………あ、あんたは!まさか!」


町人は逃げ惑いながら俺の顔を確認して立ち止まる。


『…ナンダアイツハ…?ワレラヲミテオビエモニゲモセン……オモシロイ……タチフサガルツモリカ…ドウホウドモヨ!アノニンゲンヲヤツザキニシロ!』


無数の竜達を統率していると思われる一際大型の竜が指示をした。
周囲を飛んでいた竜達が僕を睨み付ける。


冗談じゃない、僕は怯えてるし今すぐ逃げたいんだ。
一頭でも一国を滅ぼせる大型の竜にかかれば僕なんて鼻息だけで即死してしまうんだから…。
脚が震え、手は汗だくで動悸が激しくなる。


だけど……逃げるわけにはいかない。
僕の中の正義が…見過ごす事はできないと言っている。


バサッバサッバサッ…ゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォッ!




竜達がまるで隕石のように僕を目掛けて降り注いだ。






「愛しの我が息子、どうやら筋肉が武者震いしているようだな。しかし危険だ!俺に隠れていなさい」




ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォンッ!!!!


パラパラパラパラ……


「ん?羽虫がぶつかったな…息子よ、怪我はないか?」
「だ…大丈夫だよ父さん…」


竜と僕の軌道上に筋肉の塊が割って入った。
スキンヘッドに蓄えた髭、サングラス…そして、筋肉。
まるっきりどこぞのマフィアみたいだけど、僕の父さん。
名前は【樹山 大木タイボク】(41)


父さんは僕に覆い被さるようにして、降ってきた竜の前脚を頭に乗せながら平然としていた。
足元の地面は少し沈下し、ひび割れている。


『ナ、ナンダコイツハ!ワレノソウゲキ(爪擊)ハタシカ二アタッタハズナノニッ…』


カパッ…ボォォォォォォォッ!!


父さんに攻撃を体で止められた竜はそう言って口を開き、僕達に向かって炎を吐き出した。


ボォォォォォォォォォォォォォォォォッ……


『カゲスラノコサヌシャクネツノゴウカヲアビタキブンハドウダッ!?クハハハッ!ワルイナ、ショウメツシテシマッテハコタエルコトハデキナイカ…………………………………………………ッ!!!???』
「息子よ、どうやら気温が上がってきたようだ。紫外線対策を怠るな。筋肉をより美しく魅せるには正しい肌の焼き方が大切だ」


父さんと、父さんに守られた僕は多少の暑さを感じるだけで何事もなくその場に立っていた。


『ソ、ソンナバカナ!?イッタイナンノマホウヲツカエバ…ワレノコウゲキヲフセゲルトイウノダッ!?』
「その方は魔法なんて使っておりませんよ、ただの筋肉どす」


サァァァァァッ……


一人の女性がそう言いながらいつの間にか僕達の隣にいた。
櫛で結って纏めた黒髪、長い睫毛の下には泣きボクロ、日傘に和服。
絶世の日本美人。


「母さん!」
「ああウチのシンはん、ご無事どすか?我身を省みず悪竜達に立ち向かう勇気…さすがウチの愛しい息子…」
「む、華舞か。全くだ、シンは俺達の誇りだ」


【樹山 華舞ハナマイ】(34)


18歳という若さで僕を産んだれっきとした僕の実母だ。
母さんは日傘を畳み、柄を真っ直ぐに引き抜く。


そう、母さんの持つ日傘には刀が仕込んである。


スゥゥゥゥゥッ………カシャンッ…バサッ!


母さんは少しだけ刀身を見せて、すぐにそれをまた元に戻した。


『……?ハ?イキナリアラワレタトオモッタラ…ナニヲシテイル?ソノカタナデ…ムボウニモワレトタタカオウトイウノデハナイノカ…?』


「あら、そないな事はしまへん。戦うなんて野蛮な事……こら単なる料理用の刀どす。さ、帰りまひょか」


ズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバズバッッ!!!


ブシュゥゥゥゥゥゥッ………バラバラバラバラバラバラバラバラ…


『……………………………ナ…………………ンダ………ト………』


そう、母さんの『料理』は既に終わっている。
周囲にいた竜達と共に…目の前の竜は既に斬り終えられていた。
色々呼び名のある母さんだけど………一番有名な呼び名は【神速抜刀の華舞】、母さんの刀を振るう速さは光速を越える。


母さんは抜刀した時点で既に竜達を調理し終えていた。


「父さん母さん…ありがとう…でも、まだ竜は町中に……っ!」
「ああシンはん、ウチの可愛いシンはん。心配はいりまへん。もう【殲風せんぷう】ちゃんと【妖精王ティターニア】ちゃんがなおして(片付けて)ますで」


ドゴォォォォォンッ!!ドカッ!バキィッ!


「おらおらーっ!!アタシの大事な弟に手ぇ出そうとした野郎はどいつだぁっ!?ぶっ殺す!!」
『ギャァァァァァッ!?ナンダコイツ!?スデデドウホウタチヲボコボコ二…ッ!!』


僕の姉である【樹山 殲風せんぷう】(18)が竜達を殴りつけながら登場した。
殴りつけられた竜達は一撃で再起不能になっていた。




「ふふ、我が兄に手を出そうなどと愚かな事を…森羅万象の王に選ばれし我が力を以てそなたらを冥府へと送りつけてやろう…」


【絶対二シテ真実ノシン・エクスキューション


ズォンッ…ガシャガシャガシャガシャガシャガシャガシャガシャガシャガシャガシャガシャガシャンッ!!!


『ナ、ナンダッコレハッ!?』


竜達の頭上と足元に巨大な闇の穴が現れ、そこから竜達を捕縛する程の大きな鎖が竜の首と脚に巻き付いた。
僕の妹…【樹山 妖精王ティターニア】(14)の力だ。


「冥王に断罪されよ、逝くのは地獄か…無間の狭間か…」
『グァァァァァァァッッ!クソォォォォォォォォォォォッ!』


ザンッ!


バシュュュゥゥゥゥゥッ……………


鎖に繋がれた竜達はその身体を引き裂く音と共に闇に呑み込まれた。


「「大丈夫!?シン(お兄ちゃん)!!」」
「……ぁぁ……うん…」


竜は皆のおかげで全滅したようだ。
しかし、皆は…そんな事些事であるかのように…まるでスライムでも退治したかのように気にも留めていない。


「ふぅ、どうやら虫達は片付けいたようだな。良くやったぞシン」
「ふふ…町を守れたんはシンはんの勇気と正義。また一つ…シンはんのお力で世界は平和になったなぁ」
「あぁ、さすがアタシの弟だぜ。これからも何があってもアタシが守ってやるからな!」
「お姉ちゃんズルい!お兄ちゃんは私が守るんだから!お父さんもお母さんも手を出さないで!」




そう、僕達は一年前…家族全員。
一家まるごと異世界召喚された。


僕は、最強家族に守られながら、この全てが規格外の世界『インフィニティ・グランデ』を生き抜いているのだ。


「う……うぉぉぉぉっ!あれは『SSSトリプルエスランクギルド』の【アース・オブ・ファミリー】だ!助かったぞ俺達!!」
「ギルド員全員が神がかった能力の…家族だけで構成された世界で唯一のSSSランクギルド!!」
「【限界突破生物のタイボク】【神速抜刀のハナマイ】【絶対不倒のセンプウ】【狂乱魔術のティターニア】……!本物だ…っ!」
「そして、家族を束ねる発足人にしてギルドマスター…あの方が…」
「【不動の男……シン】様!!」


ワァァァァァァァァッ!!シン様ァッ!!キャァァァッ!




町人達が騒ぎ始める、助けてあげられて良かった…。
しかし町人達は命が助かった事より、僕達家族を見れた事に興奮しているようだ。


「「「「さぁ、英雄シン(はん、お兄ちゃん)帰ろう」」」」






一つだけ言っていいかな…?


何で僕の功績?


僕は何もしてない!!


(全部……全部あのドジっ子遊び神のせいだっ…!!)




これは、全てが規格外の世界に召喚され…規格外の力を得た『家族』と…何も与えられなかった普通の高校生が織り成す家族愛のお話…。















「家族で異世界召喚されたんだけど皆が最強すぎて僕はヒロインみたくなってる話する?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く