DEMONS CHRISTMAS

さいぞう

二話

おじさん、名前教えて?








名?
そんなもんねえよ。  

名も無いただの半妖だ。

あの人も名前なんてなかった。

聞いたのは、元々犬だったって事だ。
命があった頃は、一人の人間に世話になってたと。

皆、それぞれ生きるって事を一生懸命こなした。


お前はこなしてるか?
ハハハ。



俺か?
俺は馬だ。

人間とともに、戦場を駆けた。

共に命は終えたがな。


俺達半妖や半魔なんてのはな。
中途半端な存在なんだぜ?


だけどよ。
ここに居る理由は、皆、一緒だ。


恥ずかしいから言わないけどな。


簡単な事だ。
簡単な事なんだよ。


「DEMONS CHRISTMAS」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く