DEMONS CHRISTMAS

さいぞう

五話


奴は、あまりの強さに…

神の側近になるまで直ぐだった。


ミカエル、ラファエル、ガブリエルの三大天使も…

奴の足元にも及ばなかった。



そして大天使の長…
大天使長の称号を神から授かった、唯一の天使だったのだ。



さらに、神より落ち着き…



神より、動じず…



神より、優しく…



神より、光を持っていた。




完全無比の神に、最も近い者だからこそ神の腹が分かる。

神に逆らって、堕とされた堕天使は数多い。

だが、自分から堕ちたのは奴だけだ。











お前らが、上に住むなら…

俺は下に住み…

お前らの理の反対をし続けてやろう。


これからは毎日…



毎週…



毎月…



毎年…喧嘩だ。


「DEMONS CHRISTMAS」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く