DEMONS CHRISTMAS

さいぞう

四話


神は、人間を子供のように思っている。

私のような半人半妖や半魔の事は、道具と思っている。
面白いだろう?



人間を守れて、さらに半端者は悪魔が始末してくれる。

神にとって、こんなに都合の良い行事はない。



クリスマスは神の理、その為にあるのだ。



ははは。

おじさんがかわいそうか…


ははは。

神が人間を愛するはずだな。



俺達、妖の類いも、神に逆らってもいいんだが…
まあ、負けて悪魔になるだけだ。



ただ一人だけ…

神と互角に闘った者がいる。





その者は元は熾天使だ。

天使と言うのはな、絶対に神に逆らえない。



奴はそれを無視した。


神には、絶対勝てないようになっているのに…

その理を破った。



だから、俺達も勝てない道理がないのだがな。

「DEMONS CHRISTMAS」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く