話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

テクノロジカル・ハザード ~くびきから解き放たれたトランスヒューマンは神か獣か~

和多野光

第32話「Vengeance is not yours.She will」

……立花君がやられた?嘘だろ?
「葉月ちゃん、状況の説明を」
「う……ぶっ(オロロロロ……)」
「葉月ちゃん!」
吐いてる場合なんかじゃないだろ!
ちゃんと説明しろ!
「和部!落ち着け!」
はあ?何いってんだ?仲間が一人死んだんだぞ!状況が分からないことには対処のしようが――
「和部!」
何かが破裂したかの様な音がした。
それがクラスメイトからビンタされた事だと気づくまでに、僕の脳は少し時間を要した。
「今の葉月に説明は無理だ。斑目マダラメ、お前の力なら見えてただろう?説明を頼む」
「……二人目だ。立花が生き残ってた女の魔族を殺ろうとしたら二人目が現れて逆に殺られちまった。多分あっちが俺達にとっての本命(魔王)だろう。あいつの攻撃を弾き返してたし、多分何か強力な毒属性でもあるのかも知れない。一瞬にして立花がグズグズの肉塊になっちまった……」
そんな……
「待て、奴等撤退しだしたぞ」
立花君の実力を見て分が悪いとでも思ったのか?いや、だとすると……
「もしかしてあいつ等、魔王ですらないのか……?」
そうだ。よくよく考えてみれば確かにおかしい。
幾ら強いとはいえ魔王本人やその腹心が少人数で他国に攻め込んで来るだろうか?
僕達(ゲームに慣れ親しんだ現代人)からしてみればあまり違和感のない事かも知れないが、それを現実として目の当たりにするとやはりあり得ない事だと思ってしまう。
「報告です!北地区、南地区にて魔族の存在を確認!魔力反応からそれぞれ侵入して来た魔族と思われます!至急対応を!」
そして僕達の考えを遥かに超える凶報が飛び込んできた。
奴等は死んでなんかいなかった。
それどころかあの粉塵に紛れて散開し、さらなる被害を及ぼしていた。
「そんな……」
これだけの死者を出しておいて魔族一匹すら殺せてないのか?
最早、僕達の中にはテロリストに対する恐怖しか芽生えていなかった。
そんな中、唯一人。佐々木さんが身体中に電気を纏わせながら飛び出していく。





ミズメちゃんは離脱、か。
流石ね。あのミズメちゃんを容易に排除出来る程の戦力が何人も居るのであれば、確かに勇者という存在は私達にとって脅威足り得るかもしれない。
「でも……」
此方側にはレンがいる。
「ふふっ」
何故かしら。それだけで負ける気が全然しないわ。
「止まれ!」
あら……
「止ま……ぅれぁ(ドロリ……)?」
「……どちら様だったのかしら?」
この惨状を生み出した私の前に立つなんて、お馬鹿さんね。
キュアデウスの毒は毒であって毒じゃない。魔族でありながら聖なる属性を司るこの力の本質は『再生』。
我等が始祖、ミア様が魔皇と呼ばれた所以の能力の一つ。
レンは私のこの力を『超過回復』と呼んだ。「正にキュアデウス(回復神)の名に相応しい力やな」と。
レン曰く、人間が私の展開している力場に触れるとあまりの回復量に身体の細胞分裂が追いつかなくなって崩壊していくのだとか。
私はレンからその事を説明して貰って初めて、自身の力を制御する事に成功した。
「不死に関わる能力の面で見れば僕より断然使い勝手が良さそうや。応用すれば最高の毒にも薬にもなる。姐さんが味方でホンマに良かったわ」
なんてレンは言ってたけど、それは違う。
「感謝してるのは私達の方よ、レン様」
貴方が此方の世界に来てくれたお陰で。
貴方が此方の味方になってくれたお陰で、私達はミア様や他の皇族の方々を救う糸口を手に入れた。
「まさか人間の国に在るとは思いもしなかったわ」
異世界からの勇者召喚。
確かに考えてみればおかしい話だ。
魔女の系譜でもない只の人間如きが何故魔族ですら解明出来ていない召喚魔法なんて大それた代物を使えるのか。
「答えは簡単や。そもそも召喚言うても本来なら『何処』から『何』を『どんだけ』喚べるかなんて普通はランダムの筈や。それが『僕等の世界』から『特別な力を持たせる事の出来た人間』を『一人から複数人単位』でくり返し喚ぶ事が出来とるっちゅう事は――」
彼等の世界とこの世界を繋ぐ『ナニカ』が帝国にはある。
そこにミア様がレン様の妹だと言う事も加味すると、そのとんでもない『ナニカ』はミア様と同様に嘗ての大戦で神に封印された我等が皇族の可能性が高い。
「バレッタ・クロウリー様……」
そう。召喚魔法を使う魔皇なんて歴史上一人しか居ない。
奴等はクロウリー様を起点にして勇者を喚び出している。今回はその奪還が目的。
だから、レン様の邪魔はさせないし。してはならない。それをあの子は……
「(ピカッ!)」
真横から閃光!?
「……、っ!」
あまりの質量に防壁ごと身体が強制的に押し流される。
ダメージは無いけど、防壁が無かったらと思うとゾッとするわね。
光の奔流から弾かれ、地面に着地すると目の前には身体から雷を放つ女の子がいた。
「……お前か」
容姿やその特異性から恐らく勇者の一人。
「お前かぁぁぁ!」
早い!?
「(パリン!)ッ、グ?!」
しまった。防壁が――
「『ギガボルティックスピア』!」
恐ろしく速い貫手スピアハンド!?駄目。躱しきれない。
「(ズブゥ!)……!(バチ)ウギ!!……(バチ)ァ!!……(バチ)アア!!」
「死ねぇぇぇ!」
もう……お腹に穴が空いちゃってるじゃない……それに……そのまま雷撃で中から焼こうだなんて……案外エゲツない事考えるのね?でも……
「ヅガ……マ゛エ゛……ダ♡」
私には悪手♡(バキッ!ズルり……)
「ぐあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」
『デウスヒール』。
ふぅ……痛かった。あら?そう言えばこの子、こんなに私の近くにいるのに身体の崩壊が起こって無いわね?
「うぐぐ……痛覚回路遮断。『マイクロカレントヒール』!」
成程、成程♡貴方、私と『同じ様な事』が出来るのね。身体を覆っているその雷が私の力を妨げているのかしら?
「素敵♡」
まさかレン様以外にも私の力が通じない人間がいるなんて思いもしなかったわ。
「殺す!」
無理よ♡だって……
「……!?」
私も本気を出せばその位の速度は出せちゃうの。それに、貴方と殺り会っていても時間が掛かりそうだわ。他の勇者が集まってきても厄介だし、此処は退散させて貰うわね?
「えい♡」
お返し♡
「がっ……!?」
手加減なしの私のパンチだって貴方の雷撃に負けない位の威力なのよ?正直、勇者といえど人間に耐えられたのは初めて。
だから……そのまま飛んで行きなさい。
「じゃあね、可愛いお嬢さん♡」
「――くそぁぁぁぁぁあ!」

「テクノロジカル・ハザード ~くびきから解き放たれたトランスヒューマンは神か獣か~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く