ファウスト−FAUST−

藤田 吾郎

第1話 始まり−全てはアノ日−

「これが……ファウストの力か……」

「そうです。」

「ダビデ。」

「何ですか?マスター。」

「俺はこの力で堕天使の連中を一人残らず倒す。」

「何処までも、ご一緒します。マスター。」


そう言い俺とダビデはこの場を去った。



だが、まだ俺はこれからの事は一切知らない。


これから待つ強敵の存在も……
一緒にベリアル達を倒す仲間の存在も……

「ファウスト−FAUST−」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く