ファウスト−FAUST−

藤田 吾郎

第1話 始まり−全てはアノ日−

俺の向かう所はと言うと、ゼウスが夢の中で脳に焼き付けてくれたゼウスの使者がいる。というオフィスビルの地下の駐車場に向かっている。

俺の気持ちはと言うと正直楽しいとは言えない。やはり、自分の大事な物を奪った怪物に復讐したい憎悪。自分と優梨を襲った怪物の正体の興味。その復讐の力で自分は本当の自分ではいれなくなる不安。


様々な気持ちや感情が渦巻きながら目的地へと淡々と進んだ。

目的地に着き俺は辺りを見回した。そして、俺の目に白いローブを被った中年の男がいた。そして、俺に話し掛けた。

『貴方が飯島大翔さんですね?』

中年の男の声は思っていたより低い声で俺に話し掛けた。

「あぁそうだ。」

『聞きましたよ。貴方、力が欲しいそうですね?』

「あぁ、でもあの怪物の正体も知りたい。」

『あぁ良いですよ。でも奴らの正体を聞いたら貴方は強制的に奴らと戦う事になりますよ。それでも良いですか?』

「あぁ、それで構わない。俺はあの怪物を一人残らず殺すと決めた。だってアンタらが復讐する力をくれるんだろ?」

俺の目には迷いはない。

『良い目をしていますよ。個人的にそんな人間は好きです。おっと、名前を言うのを忘れていました。私は全能の神ゼウス様の使者のヨハネって言います。普通にヨハネって呼んで下さい。』

少し遅い自己紹介をしたヨハネ。


「それじゃ、ヨハネ。あの怪物の正体ってなんなんだ?」

ヨハネは口を少しニヤッとしながら話し始めた。

『奴らは私と一緒で全能神ゼウス様の直属のしもべの使者です。』

俺はヨハネからの口からとんでもない事実を知った。俺は唖然とし、下を向いてしまった。コイツらが優梨の敵ダト……胸糞悪い怒りが込み上げてくる。

そして、ヨハネは話しを続けた。

『まぁ、使者は使者でも、ゼウス様に反逆した使者ですね。』

ヨハネの言葉を聞き怒りが収まりつつも俺は疑問を抱く。

「いったいどういう事だ?」

『私を含め私達は使者つまり天使はゼウス様の力で生みだされました。』

「ファウスト−FAUST−」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く