ファウスト−FAUST−

藤田 吾郎

第1話 始まり−全てはアノ日−

「ひろ君!自分ばっかり責めちゃダメよ。ひろ君も本当に死にかける程重傷だったのよ。だってひろ君は10日間も目を覚めなかったのよ。だから自分ばかり責めちゃダメ!」

おばさんの言葉は嬉しいだけど……
今の俺には素直には喜べない。そして、おばさんは優しく話し掛ける。

「ひろ君。退院したらおじさんとおばさんのお家においで。ひろ君には辛いかもしれないけど……」

「おばさん悪いですよ。だって俺……」

「ひろ君……だって今は一人暮らしだけどちゃんとご飯と食べてないでしょ。ねぇお父さんも良いでしょ?」

「あぁ、僕も大歓迎だ。」

「私もよ大翔。退院したらウチに住もうよ。」

こんなにも俺は優しい人が周りにいる事を実感した。

俺には両親がもういない小さい頃に両親を交通事故で亡くした。高校を卒業するまで施設で育ち小学の頃は学校が終わればおじさんとおばさんのやっているレストランでご飯やおやつを作ってもらい食べていて、高校卒業と同時に一人暮らしも始めた。


「優菜……おじさん……おばさん……本当に有難うございます。」

「良いのだよ大翔君。」

「良いのよひろ君。」

「退院したらおいで大翔。」


最後に俺は頭を下げた。

「おじさん、おばさん。退院したらおじさんとおばさんのお店を手伝わせてくれませんか?住まわしてくれるんですから……」


おばさんは嬉しそうに言う。

「あら良いの?ひろ君。ひろ君なら安心出来るわ」

「そうだな。ちょうど人手が足りないから募集する所だったんだ大翔君なら店は大丈夫だ。」


「おじさん、おばさん。有難うございます。」

俺はお礼を言った。


「じゃあ私達はそろそろ失礼するね。ひろ君。」

「また明日もお見舞いにくるね大翔君。」

「じゃあ明日ね大翔。」


そして優菜、おじさん、おばさんの3人は病室を後にして帰っていった。

みんなが帰った後、俺は重い体に鞭を打ち病院の屋上へと向かった。

階段を一段、また一段と上がりながら行った。まだ腹の傷が痛む。俺は腹を手で抑えながら階段を一段、また一段と上りやっと屋上に着いた。


「ファウスト−FAUST−」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く