ファウスト−FAUST−

藤田 吾郎

第1話 始まり−全てはアノ日−

俺は気が付き、周りを見渡すけど辺りの景色は真っ暗だ。辺りを見回しても真っ暗だ。まるで自分が闇に呑まれたようだ。

「ここは何処だ?それに俺は……そうだ優梨は?!」

俺は真っ暗な景色から優梨を探し始めた。
だが探しても探しても優梨は見付からない。

ただひたすら走り回り優梨を探し出す。
だが優梨は何処にもいない。

「クソッ!……」
自分以外に誰もいない空間にただ独り言の様に悪態をつく。

優梨を守ると自分の心に誓ったはずなのに……何なんだよ……あのザマは……

自分の弱さに後悔と憎しみが込み上げてくる……


守レル力ガ欲シイ……

俺の本心だ。この世で大事な人を守ると誓ったのに守れなかった自分にそうイラつく。

そして、真っ暗な闇の景色から一筋の光が見えくる。それは目を手で覆い隠したくなるような眩しい光だ。しばらくして目が慣れ俺は光を見上げてきて、そしてその光は俺に語りかけた。

『お前は力が欲しいか?』

俺は訳が解らなかった。そして、怪訝そうに光に聞く。

「お前は……誰だ?」

光はしばらく沈黙して質問に答えた。

『私か?私は全能の神ゼウスだ。』

光はあの全能の神ゼウスと答えた。

「神?ゼウス?そんなもんいるわけねぇだろ。」

『信じるも信じないも貴様の自由だが……今、貴様に夢の中とはいえ話し掛けている私は神だ。』

夢の中って……あの出来事はやっぱり本当だった。悪夢で冷める夢なら笑い話にでもなったんだけどな。そして、神に対して怒りが込み上げときた。

「じゃあ……じゃあ何で神ならあん時に助けてくれなかった!神なんだろアンタは!神ならせめてアイツを助けてくれなかった!優梨を!何で……」

俺の心の叫びを聞いたゼウス。そして俺にそっと語り掛ける。

『そうか……貴様はこの世で1番大事何で人を失ったか……』

「……くっ」


ゼウスの言葉に何も言い返せない。更にゼウスは続ける。


『奴らに復讐したいか?』

「は?」

俺はゼウスの問いに首を傾げるしかない。
どういう事だ?

そして、ゼウスは続けた。

『貴様のこの世で1番大事な人を殺したのは人間じゃない。』

「一体どういう事だ?」

「ファウスト−FAUST−」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く