バイオハザード──追憶の断片──

成瀬瑛理

4

古ぼけた民家に入ると、中には人気が感じないほど静かだった。静寂と無音がさらなる何かをそこで予感させた。

 部屋の奥に入ると、暖炉の近くに年老いた男が側に立っていた。後ろ向きだったので、俺は後ろから声をかけたのだった。 

「なあ、あんたに聞きたい事がある。この近くに若い娘をみかけなかったか?」

そう言って声をかけると、男は意味不明な言葉を話だした。全くなんの方言かわからず、俺は直ぐにお手上げになった。その場で写真を見せると、ジェスチャーして伝えた。


「この娘をみかけなかったか?」


写真を見せた途端、急に男の表情が変わった。そして、再び意味不明な言葉を喋ったのだった。

男の異常な態度に嫌な予感がしてきた俺は、すぐに民家から出ようと思った。すると後ろを向いた瞬間にいきなり斤で襲われた――。

とっさに攻撃をかわすと、瞬時に銃口を男に向けて威嚇した。


「くるな!来たら撃つぞ!?」


そう言って威嚇すると、男はかまわずに斤を振りかざして突進してきた。その瞬間、俺はあのラクーンシティの悲劇が頭にかすめて過った。

「バイオハザード──追憶の断片── 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く