バイオハザード──追憶の断片──

成瀬瑛理

2

俺の名前はレオン・S・ケネディ――。



 合衆国直属の有能なエージェントとなり、特殊任務を受ける日々を送っていた。そう、俺はあのラクーンシティの生存者の生き残りの一人でもある。

 消滅から6年の月日が経過したが、当時は新米の警官だった。もしあの事件がなければ、俺は今ごろ真実を知らずに生きていただろう――。


「バイオハザード──追憶の断片── 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く