転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

ジ・エンドとアルカディアそして人間としての名

僕はアテナに言われた通りにジ・エンドとアルカディアに魔力を流した。ある程度魔力を流したら、二本の剣がアテナが具現化した時のように、光の粒子に分解されて段々と人の形を形成していった。そして光が収まるとそこには、二人の小学校低学年ぐらいの見た目の女の子がいた。一人は黒目黒髪のなんの飾り気もない黒のワンピースを着たどこか陰りがありおとなしそうな日本人顔の美少女と、もう一人は碧眼で銀髪のこちらもなんの飾り気もない白のワンピースを着た活発さを感じられるこちらの世界で見かけるような顔立ちをした美少女がそこにいた。

「君た…「お父さん!」「パパ!」ちが…って、ええ!?お父さん!?パパ!?そ、それってどういうこと?」

なんと、彼女たちは具現化するなりそんな事を言い出してきた。

「それはですねアダム様、至極単純なことです。この2本?2人?まあ、今は人型なので2人とカウントしますが、2人はアダム様が御作りになりました。そのため2人からしてみれば、アダム様が父親になるのは当たり前ではないですか。」

アテナはあたかも最初からいたかのように、会話に入ってきた。

「うわっ!…なんだ、アテナか。急に出て来てびっくりしたよ。今度からは急に出てこないでもらいたいんだけど。…でも、教えてくれてありがとうね。」

「いえ、これが私の役目ですから。それと、急に出てくることに関しては…お断りさせていただきます♪せっかく、最近出来た楽しみの1つなのですから。」

「……そうですか。ならば、せめて戦ってる時はしないでね?」

「それはもちろん。こんな事は日常の中でしかやりませんよ。」

どうやらアテナにも常識というものが備わっていたらしい。

「アダム様?なにか失礼なことを考えていませんか?」

「ソンナコトナイヨ?…そ、そうだ!それよりもジ・エンドに聞きたいことがあって具現化したんだけどいいかな?」

僕は話を逸らすためと、本来の目的のためにジ・エンドに話しかけた。

「なん、ですか?」

彼女はどうやら、何を聞かれるのか予想が着いているらしい。その証拠に声が震えており、目が泳いでいた。

「そんなにビクビクしなくていいよ。怒ってる訳じゃないんだ。ただ、純粋にあの時なぜ武器スキルが勝手に発動したのか気になったから具現化したんだ。」

僕は怒っていないことを分かってもらうためできる限り優しい声音で彼女に聞きたかったことを聞いた。優しく話しかけたからか、ジ・エンドは恐る恐るではあるが武器スキルが勝手に発動した理由を教えてくれた。

「あれは、ボクのわがまま、です。ボクは、どうしてもお父さん以外に触れられるのが嫌、でした。それが、たとえ武器だとしても。だからとっさに終焉の武器スキルを使い、ました。武器の分際で、持ち主であるお父さんの意志とは関係なく、武器スキルを使った挙句、その理由が自分勝手な理由で、本当にごめん、なさい。」

とりあえず話してみて分かったことがある。どうやらジ・エンドは必要以上に自分を卑下するらしい。今後はその部分を少しずつでも治していこう。そんなことを考えていると、沈黙を怒ってると捉えたらしく、目の端に少し大きな涙が溜まっていた。僕は慌ててジ・エンドをフォローした。

「ご、ごめん!怒ってる訳では無いんだ!ただジ・エンドは必要以上に自分を卑下してしまうから今後は少しずつだけども、治していかないとなぁと思って…って、これ本人の目の前で言わなくてよかったね。」

僕がそんなことを言うと、ジ・エンドは鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしていた。

「ボクは…溶かされて、新しい武器の素材に、されないん、ですか?」

ジ・エンドは放心状態から戻るやいなやそんな突拍子のないことを言ってきた。

「え!?な、なんでそんなことするの?わざわざ、魔力と神力でだけど1から創った初めての武器神器なんだから、例え性能が低くても思い出として残しておこうと思っていたからそんなことしないよ。」

「え?だってアルカディアが勝手なことをした武器はそうされるって…。」

なんと元凶はアルカディアだったらしい。

「あっ、バレちゃった?…でもでも、ジ・エンドが本当に信じるとは思わなかったんだ。」

どうやら悪戯としては度が過ぎていたことは理解していたらしい。いや、ジ・エンドの反応で理解したと言った方が正確かもしれない。

「ジ・エンド、ごめんなさい!!もうこんな傷つける悪戯はしないと誓うよ!」

アルカディアが心の底から反省しているのが彼女の涙から伺いしれた。

「もう大丈夫です。ボクもすぐに信じてネガティブになってしまったのも悪かったですし。」

どうやら僕が仲を取り持つ必要はなかったようだ。

「よし!それじゃあ仲直りも出来たことだし、二人ともなにかやりたい事ややって欲しいことはない?今は試験中だから限られるけど、今できない事だったら試験終わったら僕の出来る範囲でだけど叶えるから。…何かある?」

彼女たちから要望を聞くと思いのほかあっさりと二人とも決まったようだ。

「では」

「それじゃあ」

「「ボク(ワタシ)に名前をください(ちょうだい)!」」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お久しぶりです。初心忘れないです。久しぶりの投稿となります。この作品の投稿を待っていてくださった方たちには非常に申し訳ありません。誤字脱字や文章が変な場合はご指摘頂けると嬉しいです。次の投稿は今回より、早めに出せるよう頑張ります。

「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く