転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

神器作成そして、実技試験 武術の部

目の前には、いまだに七色に光っている制作途中の僕の武器(神器)がある。そこで僕は創造神様に言われた通り魔力を少し多めに流した。すると、その武器(神器)はひときわ強い光を放ちその光が収まると、そこには神々しいまでの魔力を放つ二本の剣がそこにはあった。

「……はっ!と、とりあえず、この神器を鑑定してみよう。まずは白い方から。」

僕はあまりの神々しさに一瞬だが呼吸をするのを忘れていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名称:創世剣アルカディア

ランク:神器(下級)

武器スキル:成長(1/3)・修復成長・形状変化・召喚・念話・人化・創世そうせい・神域・悪神特攻(微)・融合(使用不可)・使用者固定(アダム・クリエイト専用)

武器説明:創造の神力を核に6つの神力と、1人の転生者の魔力から創り出されたアダム・クリエイト専用の神器。けがれなき純白の刀身が触れたところは穢れははらわれどんなに死に絶えた土地でも新たな生命いのちが芽吹く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「………非常に気になる部分があったけど、とりあえずそれはあとにして、次はこっちの黒い方をみてみよう…ハァ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名称:終焉剣ジ・エンド

ランク:神器(下級)

武器スキル:成長(1/3)・修復成長・形状変化・召喚・念話・人化・終焉しゅうえん・魂ノ断罪・善神特攻(微)・融合(使用不可)・使用者固定(アダム・クリエイト専用)

武器説明:破壊の神力を核に6つの神力と、1人の転生者の魔力から創り出されたアダム・クリエイト専用の神器。全てを拒絶きょぜつするような漆黒の刀身が触れた生命ある全てのモノは死に絶え新たな生命が芽吹くことはない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「…………なんでこうなった!?いやまぁ神器が出来るって時点で少し嫌な予感はしていたよ?でもここまでだとは思わないよ!アルカディアの方はまぁちょっとやり過ぎかなと思う程度だけどジ・エンドの方はあり得ないよ!なんで良い神様に対しての特攻があるのさ!?僕は悪い神様ならまだしも良い神様となんて戦う気なんてさらさら無いのにこんなの付いていても困るよ?それと武器の説明も怖いよ!?なに”生命ある全てのモノが死に絶え新たな生命が芽吹くことはない“ってやばすきでしょ!そもそもアルカディアとジ・エンドの説明矛盾しているでしょ!“どんなに死に絶えた土地でも新たな生命が芽吹く”って書いているのに”生命ある全てのモノが死に絶え新たな生命が芽吹くことはない“ってどういうことさ!それと念話と人化!これ絶っっっ対大変になるやつじゃん!もうなんなのこれ!!!ハァッハァッハァー、とりあえず、文句はこれぐらいでいいや。アテナ、本当は出来ることなら知りたくないんだけど、神器だから下手なことはできないからスキルの説明お願い。」

僕は普段は念話でアテナにスキルの説明を頼んでいるが、今回はまだ先ほどの熱が下がっていなかったみたいで口頭で説明を頼んでいた。

「承知しました♪ところでアダム様、だいぶ荒れていらっしゃいましたね♪」

「ん?…なんで現実世界でも実体化出来てるの!?」

僕がアテナの実体化に驚いてアテナに質問すると、その質問に答えてくれたのは思わぬ人物だった。

『ホッホッホッ、それは儂らからのプレゼントじゃ♪アダム君が喜ぶと思っての。それと本人からの希望もあったからの。』

「創造神様!?なんで…!天啓の効果か!」

そう、なんと創造神様だったのだ。そしてなぜ僕と会話が出来ているのかそれを聞こうと思ったが、途中でだいたい予想が付いたので、その答え合わせも兼ねて質問は呑み込んで代わりにその予想をいった。

『正解じゃ。さすがアダム君じゃの。それと儂のこれは念話と同じ原理じゃから、アテナと念話するときと同じやり方でよいぞ。』

『そうだったんですね。それと神器やアテナの件それと、加護など何から何まで本当に有難うございます。ただ1つだけ言わせてください、神器、それもジ・エンドの方はやりすぎですよ!なんで悪い神様ならまだしも貴殿方のような良い神様に対しての特攻なんて付けてるんですか!』

僕は創造神様に先ほど思った感想を伝えた。

『それはの、もしも儂らが悪神に操られたときにサクッとってもらうためじゃ♪』

創造神様はとんでもないことを言ってきた。

『!そ、それって…神界で何か良からぬことが起きているってことですか?』

『いや、今のところはないのぉ。ただ、何かあっても良いようにその為の保険じゃよ。』

『そうだったんですね。なら良かった。もし何かあったら、僕に言ってください。出来ることは限られると思いますが貴殿方の助けになりたいです。』

『ホッホッホッ、ありがとうのぉ。そろそろ戻るとするかのぉ。最後にあまり彼女を悪く言わんでくれないかのぉ、あの子はとても繊細で心優しい子なのじゃよ。それだけは知っておいて欲しい、それじゃあの。』

『ちょっ、それどういう意味ですか!?』

創造神様は最後に意味深なことを言って念話を切った。

「どういうことだろう?…まぁ、考えてもわからないからとりあえずアテナお願い。」

「承知しました。とりあえず、念話と人化、使用者固定あとは特攻系はそのままの意味なので説明は省きますね。それでは順番に説明しますね。何か質問があれば一通り説明が終わってからでお願いします。

成長:この神器の使用者の種族にあわせて成長していく。

修復成長:この神器が破壊されたとき、破壊された時点で最も破壊原因排除に適した形に成長しながら修復する。

形状変化:この神器の使用者の望む形に変化することが出来る。

召喚:この神器の使用者がどこにいてもこの神器を呼び出すことが出来る。

創世:創造の上位互換。スキル欄の創造はこの創世に統合される。この神器の使用者の神力の現在値の99%を使い使用した神力(魔力の場合は相応の魔力)に応じて生き物やスキル、武器や防具などありとあらゆるモノを生み出すことが出来る。

神域:神力を用いてこの神器を中心に敵意のある攻撃を弾き、傷は癒え死者は蘇る結界を作る。ただし死者蘇生は上級神以上でないと行えない。直径100mの神域を展開するのに1000神力/秒必要。

融合(使用不可):この神器の使用者が神として完全に覚醒したときに使用可能。

終焉:破壊の上位互換。スキル欄の破壊はこの終焉に統合される。この神器の使用者の神力の現在値の99%を使い使用した神力(魔力の場合は相応の魔力)に応じて生き物やスキル、武器や防具などありとあらゆるモノを消滅させることが出来る。

魂ノ断罪:この神器で止めを刺されたモノの魂は輪廻転生りんねてんせいはせずその場で消滅する。

これで一通り説明は終わりました。何か質問はありますか?」

「特にはないよ。ただ…ジ・エンドの方に目がいっていたけど能力的にはアルカディアの方も大概だね。…まぁ神器だし、しょうがないか。」

そう僕はずっとジ・エンドの凶悪さに目がいっていたけど、アルカディアはアルカディアで能力が大概なのだ。

「アダム様、そろそろ闘技場へ向かった方が良いかと、筆記試験からかれこれ十数分は経過しているので。」

僕はアテナのその報告を聞いたとたん急いで闘技場へ向かった。移動の前にアテナと2つの神器は光の粒子になり僕の中に溶け込んだ。彼女の体は僕の魔力で形成されているらしくそのためこのようなことが出来るそうだ。2つの神器もアテナいわく似たようなものらしい。神器は自分の意思で具現化出来るようだ。

「遅いぞ、筆記試験が早く終わった受験生がいるから準備していてくれと言われて準備して待っていたのに…何かあったのか?」

実技試験の試験監督の先生が何かあったのか聞いてきた。

「いえ、実技試験の前にトイレを済ませてしまおうと思ってトイレに行ったら迷ってしまって…」

僕は本当のことはいえないため、あらかじめ用意しておいた言い訳をいった。

「そうだったのか、それは災難だったな。」

試験監督の先生はそういってこの話は終わった。

「それでは、早速だが実技試験 武術の部を始めたいと思う。ルールは至って単純、双方どちらかが降参したら終了だ。急所への攻撃は寸止めとする。最後に得物は自信のを使っても良いがその場合は重傷を負う可能性があることを考慮してくれ。以上、何か質問はあるか?」

「いいえ、ありません。」

「そうか、なら始めるとしようか。ところで君は自身の獲物を使うのかい?それともこちらで用意した得物を使うのかい?」

「自身の獲物を使わせてもらいます。」

僕はそういって、アルカディアとジ・エンドを具現化した。

「!その年で、2本の魔剣クラスの武器と契約しているのか!面白い!!」

何か試験監督の先生は勘違いしているようだが、本当のことを言えないこっちからしてみると助かる。
そして試験監督の先生の目をよく見てみると、獲物を見つけた狩人のような目をしている。

「それじゃあ、実技試験 武術の部を始めようか!」

「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く