転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

武器作成…ではなく神器作成

僕がスキル創造を発動したとたん、体から魔力が外に出ていき一点に集まり始めた。段々と形作られてきた時突然、空から七色の光が創っている途中の武器に降り注がれた。そのとたん、尋常ではない光で辺りは覆われた。

『スキル天啓を取得しました。』

「え?」

すると突然アテナの声が聞こえ、アテナの声が聞こえると同時に意識が遠退いていった。意識が回復してきて目を開けるとそこは見覚えのある場所だった。

「多分僕がまたここに来たのは、さっきの天啓っていうスキルが原因だよね…?」

「そうですね、その解釈で間違いありません。」

僕がここに来た経緯を考察していると、耳元にあり得ないはずの相棒である彼女の声が聞こえてきた。

「この声は…まさか!も、もしかしてアテナ!?」

そこには歳は二十代前半で、身長は170ぐらいの髪は黒色でポニーテール、顔つきは日本人と変わらないが百人中百人が美人と認めるほどのメガネをかけた、ザ・できる美人秘書という見た目の女性が隣に立っていた。

「はい、そうです。うふふ♪だいぶ戸惑っていらっしゃるようですね♪」

アテナは悪戯が成功して喜んでいる子どものように、無邪気に笑っていた。

「えっと…うん、だいぶ戸惑っているよ。とりあえず、何で実体化出来ているか説明してほしいんだけど…。」

僕はまずアテナになぜ実体化出来ているのか説明してもらうことにした。

「それはですね……私にもわかりません♪テヘッ」

ズコッ

「わからないのかぁ、それはしょうがないけど…えっと、ア、アテナさん?ちょっとあなたキャラ崩壊してません?」

「色々と面倒くさくなりました♪あっ、でも安心してください。アダム様の助けは今まで以上に誠心誠意頑張りますので♪」

アテナはとても清々しい顔で、そんなことを言った。僕らがそんなコントみたいなやり取りをしていると、

「ホッホッホッ、いやぁ~愉快愉快。これぞわざわざアテナの体を作ったかいがあったとゆうものよ。久しぶりじゃのアダム君。ニコッ」

突然さっきは何もなかった空間からこれまた聞き覚えのある声が聞こえた。

「創造神様、それと皆様方ご無沙汰しております。今日はどのような件でお呼びになったのですか?」

「それはのぉ、アダム君が今創っている武器あるじゃろ、その制作を儂らも手伝おうと思っての。まあ、実際はその制作途中で儂らの力を流し込もうということなのじゃが。」

「えっ?えぇぇぇぇぇえ!!そ、そんないいですよ!」

「迷惑、ですか?」

いつもはクールな叡知神様が捨てられた子犬のような目でこちらを見てそのようなことをいってきた。

「い、いえ!迷惑なんて滅相もありません。」

「なら、問題ありませんね♪それじゃあ、早速武器を創りましょう…あ!その前に言わないといけないことがあるのでした。たぶん気づいているとは思いますが、あなたの武器は私達の力を取り込むため、ただの武器ではなく、神器となります。それにともない神の因子もあなたは得ることになるので種族の進化条件をクリアし、神族に進化可能になります。まぁ、神族といっても半神半人ですが。私達としては、神族になることをオススメします。そちらの方があなたの願いが確実にそして早く叶いますから。ですが、デメリットもあります。それは…親しいもの達の死別です。神族となってしまうと歳をとらなくなります。必ず生物は年を取り死を迎えるため、そうなると必然的に親しいもの達との別れがやって来ます。それも親しいものが出来る度に。もし、その苦痛に耐えれないとお考えなら神族にはならない方がよろしいかと。」

「おい、叡知神。それ「武神は黙っていてください!」にっ……わかった。」

叡知神様は試すような目で僕にそのようなことを聞いてきた。だが、僕は親しいもの達との死別による苦痛よりも桜花と再会が出来ないことの方が辛いので迷うことはなかった。

(あぁ、僕はやっぱり桜花のことが好きなんだ…桜花に早く会えるっていうのにその機会をわざわざ棒に振るのは絶対に嫌だ!)

「僕は…神族になろうと思います。僕はやっぱり桜花にもう一度会いたい。そのためなら、親しいもの達との死別も甘んじて受け入れます。」

叡知神様は僕のその答えを聞くと、満足そうに頷いた。

「その言葉が聞けて良かったです。あと、先ほどの死別に関しては抜け道があるのでそこまで深刻に考えなくても大丈夫ですよ。…先ほどは試すようなことをいって申し訳ありません。あなたの覚悟がどれ程のものかそれが知りたかったのです。」

「……え?」

端からみたら大層間抜けな顔していることだろう。だが、そんなことは今は関係ない。なぜなら、桜花との再会を選んだにも関わらず、親しいもの達との死別の辛さも味わずに済むと言われたのだから。

「そ、それは…ほ、本当ですか?」

「ええ、本当です。とりあえず、あなたが安心できるように抜け道の方を教えておきましょう。神族になると、スキルに“眷属化”というものが必ず増えます。そのスキルを眷属にしたいモノに使うと自身の眷属にできます。ただし、このスキルはお互いの了承がなければ発動しません。眷属になったモノは眷属にしたモノの特性を一部ですが受け継ぎます。その効果を利用して不老にして死別しないようにするのです。他にも“眷属化”のスキルには効果がありますが一旦ここで区切りましょう。あとは、神族になったときにアテナから聞いてください。ちゃんと説明を聞いておいてくださいね。そうしないと絶対後悔することになるので。」

「わ、わかりました。アテナ、その時はお願い。」

「わかりました。お任せください。もしアダム様が説明を聞いておられなかったら、脳に直接情報を流し込むので。ニコッ」

「叡知神様!?ア、アテナが…」

「頑張ってくださいね。ニコッ」

「そんなぁ~」

またもや、僕らが今度は叡知神様も巻き込みコントのようなやり取りをしていると、

「オッホン、そろそろ神器制作を始めるぞい。といっても、やることはほとんどないがのぉ。強いていうならば、アダム君、もとの場所に戻ったらもうちと魔力を流してくれないかのぉ。」

創造神様が神器制作の残りの手順を説明してくれた。

「わかりました。今回は本当にありがとうございました。」

「なぁに、儂らがしたくてしていることじゃ、気にせんでよい。それじゃあ、もとの場所に戻すぞ。」

創造神様がそういうと意識がだんだんと遠退いていき意識が回復してきて目を開けると、もとの場所に戻っていた。そして目の前には、いまだに七色に光っている制作途中の僕の武器(神器)がある。そこで僕は創造神様に言われた通り魔力を少し多めに流した。すると、その武器(神器)はひときわ強い光を放ちその光が収まると、そこには神々しいまでの魔力を放つ二本の剣がそこにはあった。


「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く