転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

求婚、そして入試

皆さんお久しぶりです。初心忘れないです。何の報告もせずに2週間ほど投稿をお休みして申し訳ありませんでした。理由としましては、スマホの容量が死んでかけなかったり、ネットワークの通信に失敗しましたとか意味のわからないことがあったり、バイトが忙しく疲れてかけなかったりとあります。今後もこのようなことがあります。ですが、今後もこの作品を読んでくださると嬉しいです。それと最後に投稿を不定期にさせていただきます。何の報告もせずに休んだ挙げ句、投稿を不定期にすることをお許しください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「えっと、わ、私と結婚を前提に付き合って貰えないかな?」

「えっ?」

彼女はいきなり突拍子のないことを言ってきた。

「や、やっぱりダメだよね、ゴメン、今のわ、忘れて!」

「いや、そう言うことじゃなくて… まぁ、僕にも好きな人がいるから、そのお願いを聞くのは難しいけど…なんで、会って間もない僕なんかと?」

「やっぱり、そうだよね……あっ、なんでこんなお願いをしたかだよね、それはね正直いうと、ひ、一目惚れなの…」

「一目惚れ?」

「そう、私が悪魔族の王ってことは教えたよね?」

「うん。」

「私、こんな地位に就いているから好きな人と結婚なんて出来ないから、だから、せめて自分を召喚したものと結婚しようと諦めていたの。でも今日君に召喚されたとき、君から出ている、優しくて暖かく、そして何よりもとても綺麗な魂の輝きに一目惚れしたの。それであんなお願いをしたの。」

僕は彼女の言葉で気になったことをアテナに聞いてみた。

『アテナ、ちょっと聞きたいことがあるんだけど。』

『先ほどの魂の輝きという部分でしょうか?』

『うん、その事について教えてくれないかな?』

『承知しました。悪魔族は相手の魂の輝きを見ることが出来ます。その魂の輝きで相手が善人か悪人かを知ることが出来ます。それで、悪魔族の王である彼女はその能力が他の悪魔族と比べると桁違いなため、魂の輝きに加えて人柄を見ることが出来ます。』

『そうだったんだ、ありがとうアテナ。』

「そうだったんだ、でもゴメンね。僕は君の願いを聞くことは出来ないんだ。」

「い、いや、此方こそ変なこと言ってゴメンね。でも、これからも君をす、好きでいて良いか…な?」

彼女の恥じらいながらも勇気を出して自分の気持ちを伝える姿に僕は思わずみとれていた。

「どうしたの?」

「い、いやなんでもないよ。」

僕は彼女にみとれていたことがばれないように取り繕った。

「それと、このまま、僕を好きでいて良いかということだけど君がそれで良いなら僕はかまわないよ。」

「ありがとう♪」

「それじゃあ、そろそろ契約をしても良いかな?」

「あ、そうだったね、それじゃあしよっか。と言っても契約は簡単だよ。名前をつけるだけだから。」

僕が彼女から契約の説明を聞いていると横から不機嫌そうな声が聞こえてきた。

「やっと終わりましたか。待ちくたびれましたよ。…あと抜け駆けは許せません。」

「僕も待ちくたびれたよ。…それと抜け駆けはずるい。」

僕は悪魔族の彼女との会話のインパクト強すぎて二人のことをすっかり忘れていた。

「あの顔、絶対忘れていましたね…」

「そうだね、でもしょうがないよ。あれはインパクト強いもん…」

「「ハァ~」」

天使族の女性と精霊族の子供は何か二人で話していたがあまりよく聞こえなかった。

「さて、気を取り直して契約しましょうか。良い名をくださいね♪」

「わかったよ、少し考える時間を頂戴。」

(うーんと、名前は前世にあった宝石やパワーストーンからつけようかなぁ…天使族の彼女にうってつけの何かあったけ?………あ、そういえばセラフィナイトっていうパワーストーンは確か天使や女神を象徴とする守護石だったような…よし、彼女はセラフィナイトだ。悪魔族の彼女の名前は今後の変化と成長を願ってインカローズにしよう。最後は精霊族の娘だね、この娘は無邪気な印象があるからフローライトにしようっと。よし、一応決まったね。)

「お待たせ、名前決まったよ。天使族の君がセラフィナイト、愛称はセラフィだ。次に悪魔族の君はインカローズ、愛称はローズ。最後に精霊族の君はフローライトで、愛称はローラだよ。」

「セラフィナイト…良い名ですね♪」

「インカローズ…ありがとう♪」

「フローライトかぁ…うん、気に入った♪」

彼女たちは、僕が与えた名前を気に入ってくれたようだ。

「それじゃあ、これからよろしくね。」

「「「此方こそよろしくお願いします。主様」」」

「あ、主様はやめて、名前でお願い」

「「「でも…」」」

「本当にお願い、主様はやめて。」

「仕方ありませんね、それではアダム様と呼ばせてもらいますね。」

「それじゃあ、私はアダム君って呼ぶね。」

「僕はアダムお兄ちゃんと呼ぶね。」

「う、うん。まだそっちの方がましかな?」

「それでは改めて…「「これからよろしくお願いします。アダム(様)(君)(お兄ちゃん)♪」」」

「うん、よろしく!」

僕は無事?三人と契約することができた。ティア先生は契約が終わってから一時間後ぐらいに目を覚ました。

あれから1年後、入試当日。

「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く