転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

契約、そして求婚

「そう。それじゃあ、早速始めようか。」

僕は彼女の腕に触れて魔力を流し始めた。

「な、貴様一体何者だ!何故神々からこんだけ加護を貰っている!」

『アダム様、今目の前の者から鑑定を受けました。』

『見られたのって偽装したやつでしょ?』

『はい。』

『なら、問題ないね。次から相手に鑑定系のスキルを使われたら今みたいに教えて。』

『承知しました。』

「それは、教えられないな。これは僕の最大の秘密にも繋がるから。もし、契約してくれるなら教えても良いけど?」

僕はもしかしたら、こんなことをしなくても契約してくれるのではないかと期待しその様な提案を出した。

「ふん、契約するとしても貴様が条件を満たしたらだ。」

だが、僕が期待したようなことは起こらなかった。

「それじゃあ、仕方ないか。」

『アテナ、MP回復速度上昇に進化のスキルを使おうと思うんだけど 、それってどれぐらい時間かかる?』

『およそ10秒ほどです。それまでバテないでくださいね。』

『わかった、ありがとう。』

「貴様人間にしてはなかなかの魔力量だな。流石は複数の神々から加護を貰っているだけはある。だが、そろそろのようだな。」

『スキル進化の発動を確認しました。これよりスキルMP回復速度上昇の進化を開始します。進化完了まで10、9、8‥‥3、2、1完了しました。MP回復速度上昇はMP回帰に進化しました。アダム様お待たせしました。進化が完了しました。スキルMP回帰の説明をさせていただきます。こちらのスキルは、MPが20%以下になると自動的に最大値まで回復します。これで説明は終わります。』

「な、魔力が回復しただと、貴様何をした!」

彼女は僕の魔力が急に回復したことにすごく驚いていた。

「それは、これが終わったら教えてあげるよ。」

僕はそう言って流す魔力の量を増やした。

「これは!次から次へと魔力が流れてくる。貴様まさか!我の気を失わせて条件をクリアする気か!?」

「もちろん、そっちの方が断然早く終わるからね。そう言うことだから、まだまだいくよ。」

「ちょっと、ま…て。も…う、無……理…………。」

彼女はそう言うと、口から泡を出しながら気絶してしまった。

「あー、やり過ぎた…。どうしよう。」

『起きるまで、膝枕でもしてあげたらどうですか?地べたで寝かせるのもどうかと思いますし。それとこうなってしまった原因はアダム様ですし。』

「それもそうだね。よし。」

それから二時間後、彼女は目を覚ました。

「あ…れ?何故私はここで寝ていたんだっけ…。』

「あ、起きた?さっきはゴメンね。ちょっとやり過ぎちゃて。」

「君は…っ!き、貴様、我が寝ているあ、間に何もし、していないだろうな!」

「大丈夫だよ、何もしていないから。それと君のその口調、さっき使っていた口調の方が君にあってて僕は可愛いと思うけど。なんでなおすの?」

「か、可愛い!?この私が?そんな嘘に騙されるか!それと、な、直しているのではなくこ、これが素だし!…ハァー、もう取り繕うのやめよ。なんか君と話していると、口調を変えている自分が滑稽に思えてくる。それと、口調を変えている理由だっけ?それは私が一応、悪魔族の王だからよ。あと、そこにいる二人も各種族の王よ。」

「ソ、ソレハスゴイネ。」

僕は思ったよりも目の前の人物達が大物で驚いて思わず片言になってしまった。

「驚いたわ。私を気絶させるなんて。約束通り契約をしてあげる。そ、それと、1つお願いがあるんだけど、良いかな?」

「僕が叶えられる範囲なら良いよ。」

「えっと、わ、私と結婚を前提に付き合って貰えないかな?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さんお久しぶりです。初心忘れないです。やっとテスト期間が終わりましたので、また投稿を開始します。いつも通り誤字脱字、訂正した方が良いと思うところがありましたら、コメント欄からご指摘お願いします。

「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く