転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

召喚、そして契約

「わかった。それじゃあ、早速召喚魔法をやろう。」

ティア先生はいきなりその様なことを言ってきた。

「えーっと、何故いきなり召喚魔法なんですか?普通最初の方は、魔力感知や魔力操作とかじゃあないんですか?」

「普通はそう。でも君、魔神のスキル持っているから意味ない。」

「あっ、そうだった。今まで魔法を使ったことが無かったから、忘れてた。」

「それと召喚魔法で出てくる者は魔力の質によって変わる。魔力の質が高いと魔法の威力が高くなるから、それを考慮して魔法を教えるのが基本。」

ティア先生は僕の質問に簡潔にわかりやすく教えてくれた。

「他に気になることはある?」

「それでは、召喚魔法で出てくるのはどんなのですか?あと、出てくる者に階級みたいなのはあるんですか?」

「召喚魔法で出てくる者は、全部で3種族。天使族と悪魔族、そして精霊族。この中から基本1人だけ喚ぶことが出来る。まぁ、そう言っても3種族から1人ずつ、計3人を召喚して、契約する人もいるけど。そういう私も3人と契約している。次に、階級について。階級はそれぞれにある。上から神級→帝王級→王級→超級→上級→中級→初級となっている。魔法の階級もこれと同じ。補足として、人型は帝王級以上だけ。これで説明は終わり。」

「ありがとうございます。これで聞きたいことも無くなったので、庭に行きましょう。」

僕達は、召喚魔法を行うために庭へ向かった。

「それじゃあ、今から召喚陣を描くから待ってて。………出来た。それじゃあ、この召喚陣に魔力を流しながら詠唱を唱えて。詠唱はどんなのでも良いから。」

「詠唱ですか?それじゃあ…【我は汝の主となる存在。汝は我の僕となる存在。今こそ我の呼び掛けに答えよ。】」

僕は詠唱を唱えながら召喚陣に魔力を流すと、召喚陣の中から三つの人影が現れた。

「私を喚んだのは貴方ですか?」

「我を喚んだのは貴様か?」

「僕を喚んだのは君かい?」

召喚陣から出てきたのは、六対の純白の羽を持つ柔らかい雰囲気の天使族の女性と六対の漆黒の羽を持つ威圧的な雰囲気の悪魔族の女性、そして虹色の羽を持つ中性的な顔立ちの精霊族の子供だった。

「うん、そうだよ。僕も驚いているけど、君達を喚んだのは確かに僕だよ。」

「う…そ、あり得ない。召喚魔法で3人出てくることはあるけど、3人とも人型なんて…」

ティア先生は後ろの方で何か驚いているけども、声が小さくて聞き取れなかった。

「それで、僕と契約してくれないかな?」

僕は召喚陣から出てきた3人にそう言った。

「私は構いませんよ。」

「僕もいいよ。」

天使族の女性と精霊族の子供は契約をしてくれることになった、だが悪魔族の女性は、

「何故我が脆弱な人間等と契約をしなければならない。我と契約をしたければ我に力を示せ。」

この様なことを言ってきた。

「力を示せと言うけど何をすれば良いの?」

「うむ、そうだな…ならばこうしよう。我に触れて10分間魔力を流し続けろ。それで気を失わなければ契約してやる。」

「ふーん、じゃあ君が途中で気を失ったらどうするの?」

「ふん、そんな事万に一つもないがそんな奇跡が起きたら無条件で従ってやる。」

悪魔族の女性はそう言ってくれた。

「そう。それじゃあ、早速始めようか。」

「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 初心忘れない

    貴重なご意見ありがとうございます。私の方も何か良い案がないか模索してはいるのですが、中々思い付かないためまだよくあるような内容が続くと思います。誠に申し訳ありません。

    0
コメントを書く