転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

家庭教師、そして召喚

今回は今までで1番長いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「それでは、早速家庭教師を呼ぼう。今から呼ぶため、二、三日かかるからそれまで少し待っていてくれ。」

それから3日後、ついに家に家庭教師がやって来た。

「アダム、こちらの方々が今日からお前の家庭教師になる人達だ。入試には、筆記試験と実技試験がある。そのため、まぁ、筆記試験の勉強はお前のスキルでなんとかなると思うが、実技試験の方はそうはいかないと思ってな。実戦経験が豊富な冒険者を呼んだ。」

「はじめまして、アダム様。今日からこちらで貴方の家庭教師をする事になりました、ミリアと申します。」

「私は、ティア。貴方の家庭教師をする事になった。よろしく。」

「ちょっとティア、あんた公爵様の御子息になんて口の聞き方を「構いませんよ。ミリアさんも敬語でなくて構いません。あと、様は要りませんので。」え?ほんとですか?」

ミリアさんは僕の言葉だけでは信用できなかったらしく父上に確認をした。

「うむ、本人が構わないとと言ってるなら構わん。」

それを聞いてミリアさんはホッとしていた。

「それじゃあ、私も本来の口調に直させてもらうわね。それとアダム君と言わせて貰うわね。」

「では、次は僕の番ですね。僕は知っての通りクリエイト公爵家長男のアダム・クリエイトです。これからよろしくお願いします。ミリア先生、ティア先生。」

「それじゃあアダム君、まずは、貴方をどの様に育てれば良いか考えたいから、ステータスを見せてくれないかな?」

ミリア先生はステータスを見せてくれと言ってきたので、僕は父上へアイコンタクトでステータスを見せて良いか確認をとった。

「その前に二人に約束してもらいたいことがある。アダムのステータスを他言しないでもらいたい。」

「わかりましたが何故でしょうか?」

「それはアダムのステータスを見ればわかる。アダムステータスを見せてやれ。」

「僕のステータスはこのようになっています。」

僕は父上から許可が降りたのでステータスを見せた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名前:アダム・クリエイト

種族:ヒューマン

称号:クリエイト家長男・神々の加護を受けし者・創造する者・破壊する者・魔法を極めし者・武術を極めし者・生死を操る者・全てを知る者・世界に愛されし者

HP:500/500

MP:2250 /2250 

状態:健康

スキル
固有スキル:創造・破壊・魔神・武神・回復魔法・蘇生魔法・魂壊・アテナ・MP回復速度上昇・HP回復速度上昇

通常スキル:礼儀作法・速読・集中・瞑想
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何故種族が進化していないのかという疑問があるかもしれないが、それは隠蔽系のスキルを創造で創ったからだ。本当のステータスはこうなっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名前:アダム・クリエイト

種族:ハイヒューマン

称号:クリエイト家長男・神々の加護を受けし者・創造する者・破壊する者・魔法を極めし者・武術を極めし者・生死を操る者・全てを知る者・世界に愛されし者・転生者・進化した者

HP:1000/1000 

MP:4500/4500

状態:健康

スキル
固有スキル:創造・破壊・魔神・武神・回復魔法・蘇生魔法・魂壊・アテナ・完全隠蔽・MP回復速度上昇・HP回復速度上昇

通常スキル:礼儀作法・速読・集中・瞑想

転生スキル:進化・全言語理解・完全鑑定
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新たに増えたスキルは

完全隠蔽:ステータスを偽装する。自身のステータスを相手の鑑定系のスキルで見れなくする。もし見られても、偽装したステータスを見せる。

MP回復速度上昇:MPの回復速度をこのスキルのなかった状態の倍にする。

HP回復速度上昇:HPの回復速度をこのスキルのなかった状態の倍にする。

この三つだ。そして、次に疑問に思うことはMPが上昇していることだと思う。これは僕が完全隠蔽を創った時のことである。

『アダム様』

『どうしたの?』

『進化してMPが増えたことですし、そろそろ隠蔽系のスキルを創りませんか?』

『そうだね。それで、どうすればスキルは創れるの?』

『明確にどのような効果にするかを思い浮かべながら、創造のスキルを発動すれば創れます。』

(効果は"自分のステータスを鑑定系のスキルから見られないようにできて、ステータスが偽装でき、もし見せたり、見られてもその偽装したステータスが見えるようになるスキル"よし、これで良いかな?それじゃあ、スキル創造、発動。)

『あ、言い忘れてましたが、たぶんそのスキルを創ったらMPがほとんど失くなると思うので気を付けてください。』

「え?」

その時、急に勢いよく僕の中から何かが抜ける感じがした。そして、その勢いが衰えていくにつれて、気分が悪くなっていった。

『それと、MPをほとんど失くなったのでMPの最大値が1.5 倍ほど上がりました。』

ということがあった。そして、それがMP回復速度上昇のスキルを創った時にも起こったためこのような、MP量になった。さて、話は戻り今ミリア先生とティア先生は僕のステータスを見て驚いている。

「こ、これは!…公爵様が仰った理由がわかりました。承知しました。この事は他言、致しません。」

「すごい、この年でこんなに魔力があるなんて…」

ミリア先生方はこのステータスが原因でどのようなことが起きるのか理解したようで、そう確約してくれた。

「それでは、アダムのステータスを見たことだしアダムを育ててくれ。」

「わかりました。それじゃあ、アダム君、まずは魔法の練習をしましょうか。このステータスを見ると先に魔法の練習をしてもあとに武術の練習をしても問題なさそうだし。そう言うことだから、ティアよろしくね。」

「わかった。それじゃあ、早速召喚魔法をやろう。」

「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 初心忘れない

    貴重なご意見ありがとうございます。まず、【フリガナ】の点につきましては、ご意見いただいたように、登場人物の名前に関しては、名字、名前どちらもつけようと思います。【物の音・行動】につきましては、その意見を参考に今あるものは変更し、今後だすものはその様にしようと思います。最後の【記号と呼び方】については、記号の方は記号をもう少し使って、登場人物の感情が分かりやすくなるようにしてみます。呼び方については、天月の桜花の呼び方はそのままで行こうと思っていますので、そこの点に関しては、変更はしないつもりです。

    0
コメントを書く