転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

提案、そして家庭教師

「そういえば、アダム、お前に提案があるのだが。」

「提案ですか?」

「ああ。アダム、お前王都の王立アルカディア学園に行く気はあるか?」

父上はいきなりその様なことを言ってきた。

「学園ですか?なぜ急にその様なことを?」

「それがな、6歳から王国内のどこかの学園に入学する事になっていてな、その中でも貴族の子は暗黙のルールとして王立アルカディア学園の入試を受ける事になっていてな。そして、それを教えるのはステータスを授かった翌日になっている。まぁ、それを守らん貴族もいるがな。」

「なぜ、今日なのですか?」

僕は気になったことを父上に聞いてみた。

「それはなぁ、国王ができる限りアルカディア学園に平等に受けれるチャンスをやりたいと言う思いがあるからだ。」

「この国の王様は良い人なのですね。」

「ああ、この国で1番民のことを考えていらっしゃる御方だ。それでどうする?もし違う学園に行きたいならそれでも良いが。その時はどうにかするぞ?」

父上は僕にそう言ってくれた。

「そうですね、アルカディア学園に入学する事にします。」

「そうか、アルカディア学園は王国最高峰の学園だ。そのため入試はとても難易度が高いぞ。それでも良いか?」

「はい、問題ありません。」

「わかった。それなら、全力で私がサポートしよう。」

「ありがとうございます、父上。」

僕は、父上からのサポートをしてもらえることになった。

「それでは、早速家庭教師を呼ぼう。今から呼ぶため、二、三日かかるからそれまで少し待っていてくれ。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日はだいぶ短いです。

「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 初心忘れない

    ご指摘ありがとうございます。誤字脱字がないように気を付けますが、もし今後も誤字脱字があった場合ご指摘頂けるとありがたいです。

    1
  • 初心忘れない

    いつも貴重なご意見ありがとうございます。今後もその様に気になったり、こういう風にしたら良いと思う、という箇所があればどんなに細かなことでも良いので言ってくださるとありがたいです。今後ともよろしくお願いします。

    0
コメントを書く