転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

祝福、そしてステータス

光が収まってきたため、目を開けると、そこには見覚えのある人物たちが居た。

「久しぶりじゃのう、まずは5歳の誕生日おめでとう。天月君、いや、今はアダム君と言うべきかの?」

「お久しぶりです。皆様。それと、今はアダムとして、この世界で生きてるので、アダムでお願いします。」

僕はこの世界に転生させてくれた創造神様にそう、返事をした。

「それで、今日はどの様な件で僕をまたここに呼んだのでしょうか?」

僕は疑問に思っていたことを創造神様に聞いてみた。

「それはのう、今日アダム君はステータスを授かるために神殿に来たじゃろ、それでのぉ、転生する前に言っていた儂らの加護を、ステータスを授ける時に一緒に与えようと思っていたから呼んだのじゃ。」

「そうですか。。そういえば、この世界の名前ってなんなんですか?本ごとに名前が変わっていて、どれが本当の名前なのかが分からなくて。」

「そういえば、言っとらんかったのう。この世界の名は、アルカディアじゃよ。まぁ、下界の者のほとんどが今では、この名を忘れてしまったがのう。」

「そうだったんですね。理想郷…ですか。良い名前ですね。」

「ありがとう。」

僕達が話に花を咲かせていると、僕達の話を横で聞いていた叡知神様が、

「創造神様、話に花を咲かせるのも良いですが、そろそろ本題に入らなければ、時間が失くなってしまいます。」

「おお、そうじゃった。それでは、儂らからアダム君に加護を与えよう。注意として、儂らの加護を絶対に悪用しないでもらいたい。もし、アダム君が儂らの加護を悪用したら、君の願いを叶えることができなくなるからのう。儂らはそんな事はしたくないのじゃ。」

「わかりました。僕は貴殿方の加護を絶対に悪用しないことを誓いましょう。」

「そうしてくれると、儂らも安心できるからのう。それでは儂らの加護を与えよう。まずは儂から。儂の加護では、創造というスキルが使えるようになるのじゃ。詳しくは、この空間から出たときにステータスで確認するのじゃ。」

「次は俺様だな。俺様の加護では、破壊というスキルが使えるようになるぞ。」

「私の加護、基本属性の魔法全て使える。まだ他にもあるけど、あとはステータスを見て。」

「俺の加護では、あらゆる武術が使える様になるぞ。だからといって、訓練を疎かにするなよ。」

「私の加護ではぁ、回復魔法とぉ蘇生魔法がぁ使えるようになりますぅ。」

「僕の加護では、魂への直接的な攻撃が出来るようになるよ。この加護は、任意で発動することが出来るよ。」

「最後に私の加護ですね。私の加護では、叡知というスキルが使えるようになります。詳しい内容はこの空間から出たときに分かると思いますので、遠慮させていただきます。」

「よし。皆アダム君に加護を与え終わったようじゃのう。ちょうど時間も来たようじゃしそれでは、アダム君、何か困ったときは、遠慮せず儂らを頼って良いからのう。それではまたのう。」

「はい。皆様ありがとうございます。」

僕がそう言うと、意識が遠のいていき、気づいたら、目の前に神殿の大きな像があった。

(ああ、戻ってきたんだ。そうだ、家族にステータスを見せる前に自分のステータス一応見ておこう。)

そう思い、「ステータス」と、唱えて自分のステータスを見てみるとーー

「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く