転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

誕生、そして祝福

二話目です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「奥様、男の子でございます。」

メイド姿をした人はそう、僕を見ている女性に言って、僕をその女性に渡した。

(たぶん、今僕を抱えてる人がメイドさんで、僕を見ているこの女性が、新しい母親だよね?そういえば、僕普通にあのメイドさんの言葉がわかるんだけど、たぶん、神様たちのお陰だよね?)

「あぁ、私の可愛い坊や生まれてきてくれて、ありがとう。あなた、この子の名は決まりましたか?」

そう、新しい母親が自分の隣に居る新しい父親に聞いた。

「ああ、この子が生まれてきた時に見えた神々しい膨大な魔力を見てこの名で間違いが無かったのだと確信した。」

「その名はなんと?」

「アダム」

「アダム…良い名ですね♪ベル、エマこの子はアダム、貴女方の弟です。貴女方は今日からアダムの姉になるのです。姉として恥じない行動をしなさい。わかりましたね。」

「はい。お母様。」

「わかりました。母上。」

そう、姉(話を聞く限りは)に新しい母親は言った。

転生してから5年後。

「「「「アダム(アー君)!!」」」」

「「「「5歳の誕生日、おめでとう!!」」」」

そう、転生してから今日で僕は5歳になる。この世界では、5歳になると神殿に行き、神々から祝福を受けそこで名前や種族、称号、自身の体力(HP),魔力(MP)、自身の状態、スキルを見ることのできるステータスを授かることができる。

「父上、母上、ベル姉さん、エマ姉さんありがとうございます。」

「アダムよ、明日神殿に行き祝福を受けに行く。準備をしておけ。」

「わかりました。父上。」

誕生日パーティーが終わったので、僕は自分の部屋に戻り明日の準備をした。

(やったぁ、明日はいよいよステータスが貰える。転生する前に、神様方から加護が貰えると聞いていたから、ステータスがどのようになっているか、とても気になるなぁ。)

明日の結果に、期待半分不安半分の気持ちを抱えながら、僕は寝た。

翌朝、僕は普段より一時間ほど早く起きてしまった。これは、僕の前世からの癖だ。何か行事があると、必ず早く起きてしまう。それから一時間後にメイドが起こしに来てくれた。食事を取り、いよいよ、家族全員で馬車で神殿に向かう。

「アダム、祝福を授かる場所なのだが、神殿に入ったらそのまま進め。そうすると、広間に大きな創造神様の像がある。その創造神様の像の前で祝福を受ける。あと、祝福を授かる時は、片膝を立てて、胸の前で手を組め。そうすると、ステータスを授けてくださる。ステータスを授かる時は本人以外は入れないのだ。わかったな。」

「はい。父上。」

ステータスの授かり方を聞き終わると、ちょうど、神殿に着いた。神殿には司祭が居て、その人に重そうな袋を父上が渡していた。神殿に入り少し進むと、そこには先ほど父上が言っていた大きな像があった。そこで父上に言われたように、片膝を立てて、胸の前で手を組んだ。すると、像が勢いよく光ったため、思わず目を閉じた。

「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く