転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

転生、そして誕生

今回は短いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(うん?なんか暗くない?)

僕が最初に思った感想はこれだ。今僕の目の前は真っ暗なのだ。例えるなら、何かの中にいるようなそんな感じだ。

(僕、確か神様たちと会って、それから転生した、んだよね?普通、転生した時って最初に見るのは家族もしくは使用人の顔か、知らない天井だよね?それなのに、辺り一体が真っ暗ってどういうこと?)

僕がそう考えていると、どこからか声が聞こえてきた気がする。

(ん?何か聞こえたような…)

声が聞こえてきた気がしたため、そちらの方へ耳を傾けると微かに声が聞こえてきた。

(誰かいるな、この状況を報告したいけども、たぶん転生しているから赤ちゃだか…ら)

僕はそこまで考えると、ある一つの予想が頭をよぎった。そう、それはまだ自分が生まれていないという予想だ。その瞬間、生まれていないという予想が現れるのを待っていたかのタイミングで、頭からすごい勢いで吸い込まれる感覚が襲ってきた。吸い込まれる感覚がする方を見ると、光が見えた。その光に近付くに連れて、頭が割れるかと思うほどの頭痛が襲ってき。

(痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い)

頭痛が収まってきたため、辺りを見渡すとそこには僕を囲むように見ている複数の人がいた。

「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く