錆喰いビスコ

既月海

新しきキノコ守り 1-1

『人喰い茸 赤星ビスコ』
と、紙にバカでかい字で書いてある。
中央の写真には、棘のような赤い髪、額にはヒビ入りの猫目ゴーグル、今にも食いかかって来そうな獰猛な面構え。鋭い右目の周りを縁取るように、真っ赤な入れ墨が施されている。一目見て危険人物とわかる、狂犬じみた顔の下には
『齢十七 身長180cm程 捕縛礼金八十万日貨』
の書き文字と、『群馬県』の印が添えられている。
検問の窓口の壁に釘で留められて、砂風にはためくその紙を、一人の若い旅僧が、じっと見ている。
「気になるか?」
手形を検めながら、肥えた髭面の役人が旅僧に声を掛ける。
旅僧は紙から視線を外すと、わずかに役人へ顔を向けて、曖昧に頷いた。その顔には、呪経の書かれた包帯がゆるく巻かれ、表情を隠している。
「通った土地をキノコまみれにしちまうから、人喰い茸の、赤星。県庁じゃそいつの話題で持ち切りだよ。観光名所の赤城山も、麓まで丸々キノコ山にしちまったってんだからな」

「人喰い、というのは…何故です?」

「そりゃ、喰うんだよ。人を」
役人は安酒を呷りながら、自分の言ったことが余程面白かったらしく、げらげらと笑った。
「いや、そう呼びたくもなる大悪党ってことよ。お前ら巡業の坊主どもは知らんだろうが、赤星のキノコってのは半端じゃねぇんだぜ。こうやって、赤星が一発、弓をはじくとな」
役人は窓口から身を乗り出して、大仰に弓を引く真似をして見せる。
「土でも鉄でも狙ったとこに大木みたいなキノコが……ぼん!つって生えちまう。そこが寺でも神社でもお構いなし、傍若無人のキノコ守りってんで、そう呼ばれるのさ。第一見てみろ、その狂犬ズラ!人ぐらい、取って喰いそうだろ」
笑う役人の髭面を、笑みの一つも見せずに見つめ、旅僧はもう一度手配書に視線を移した。
「ヒトクイダケの、赤星……」
「とは言え心配要らん!天下の群馬県警を差し置いて、他県へ抜けられた悪党なんかいやしないからな。赤星の悪行もこれまでだ。あんたの巡業に障りはねぇ」
髭面の役人は、壁から手配書を引きちぎるように剥がして、しげしげとそれを見つめた。

「錆喰いビスコ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く