話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ほのぼの九尾さんの百合ハーレム観光(育成)日記 ~TS少女なわたし、神が邪魔でえっちぃことだけしていられない~

ナギ@にわか

5.ゴブリン戦、そして街へ

 わたしの獲物は意外とすぐに見つかった。
 さっきのゴブリンの仲間なのかは分からないけど、三体ほど固まって動いている所を発見。

 これ、どうしよう?
 奇襲でもする?

 そんな事を思っていると……

「いいですね。では、行ってみましょう」

 実にいい笑顔で、『真正面から行け』と指差すルナさん。当たり前のようにスパルタである。
 まあでも、ルナさんがそう言うなら出来ないことはないはず……。

「はいっ」

 抜剣しながら走り出すわたし。

「えっ、カグヤ様!?」

 風圧でよく聞こえなかったけど、きっと頑張って下さいとかそんな感じだと思う。

「グギャ!?」

 ふっ。雑魚め、今さら気づいたか! 
 ……嘘ですごめんなさい。武器を持ってるゴブリンが怖くて、ついふざけてしまいました。今から真面目にやります。

 恐怖を無視して近づきながら、並行して剣に聖炎を纏わせる。
 聖炎の特徴は、燃やす対象を選べる事と、自由自在に操れること。けど、熟練度が低い今は纏わせるので手一杯。

 そこで、さっき拾った石にも聖炎を纏わせる。
 ある程度近づき、ゴブリンが身構えたのを確認して一旦止まる。……と見せかけて、助走を利用した聖炎石を投擲。

 ただの石ならともかく、これを食らうのはまずいと本能で理解したのだろう、聖炎石は剣で振り払われる。

 それは、致命的な隙だった。

「せいっ!」

 投げると同時に走り出していたわたしは、腕を振り切ったゴブリンの首めがけて横に薙ぐ。
 剣術の技能と聖炎が仕事してくれているようで、その一撃は見事に決まり、ゴブリンの首が宙を舞う。

 残り2体。

 当然、黙って見ていた訳ではなく、左右の前方から迫ってきていた。
 小石に聖炎を纏わせると、右のゴブリンに投げつける。

 だが、防いでいては同じことの繰り返しになると理解しているらしく、大袈裟なくらい大きく跳ぶことで回避することに成功。
 そしてそれが、わたしの狙いでもあった。

 追加でもう一個投擲しつつ、左のゴブリンに接近。大きく振りかぶり、縦に振り下ろされる錆びた剣。
 そう、切れ味はほぼ無いであろう錆びた剣、だ。

 わたしが取った行動は、下から斜めにすくい上げるように切り上げること。普通なら、技術のないわたしは弾いて終わり。

 しかし、

 バキンッ!

 そんな音を出てて剣が半ばから折れた。
 勿論、ゴブリンの錆びた剣である。

 狙いは単純。
 錆びた剣の耐久力が、新品の剣に適うだろうか。更に、力と速さもこちらが上。聖炎という高温の炎もある。
 これで折れなければ何度でも繰り返すつもりだった。

 けれど、結果は見ての通り。

 但し、剣が折れても安心は出来ない。
 一歩下がり、態勢を立て直してから切りかかる。リーチを活かして問題なく撃破。

 残り、1体。

 すぐ後ろから臭いと音を感じるけど、恐れることなかれ。即座に振り返り、ゴブリンの剣を押さえ込むように剣を振る。
 鍔迫り合いという、こちらに有利な状況。しかし、わたしは力を抜くことで押され気味な状況を演出した。

「グギャギャッ」

 嘲笑うかのようなゴブリンの声。
 ……直後、勝敗は決した。

 ゴブリンの剣が歪み、ぐにゃりと曲がってしまう。力を入れたわたしの剣は、完全に折るだけでなく、ゴブリンの体を斜めに斬り裂いた。

「ふぅ……やったかな?」

 フラグっぽいことをあえて言いつつ、でも何も起きないことに安心し、剣の血を振り払って腰の鞘に納める。
 アニメや漫画のお陰で、この動きだけはスムーズかつ正確だったり。

「カグヤ様」

 いつの間に近づいていたのか、背後からルナさんの声が聞こえてビクッとする。
 でも、頑張ったから褒めてもらおうと思い……

「いきなり無茶をしないで下さい……」

 と、実は一度して欲しいと思っていたあすなろ抱き……分かりやすく言うと、背後からハグされた。

「!? る、ルナさん……? でも、行ってみましょうって言ったのはルナさんで……」
「私が言ったのは、あそこに魔法を撃ち込んでみて下さい、ということです。カグヤ様に危険なことをさせるはずが――いえ、真新しい剣を見て魔術師だと思っていた私の落ち度ですね。申し訳ありません」
「んと、それは間違ってないというか……剣士はサブだし……」
「疑う訳ではありませんが、それは本当ですか……?」

 確認の為にルナさんが聞いてくる。
 わたしが頷くと、あすなろ抱きのまま暫く考え込んだ。お胸が、とっても、気持ちいいです……。
 幸せとはおっぱいである、と思ってしまうくらいには。

「戦闘の経験があったのですか?」
「ううん、本物の剣を握ったのも初めて」
「……先程の動きは?」
「ルナさんとかゴブリンの動きを真似たり、あとは角度とかバランスとかも考えながら頑張ったよ。ルナさん的にはどうだった?」
「ええっと、そうですね……初めて剣を握った方の動きではない、と思います……」
「えぇ……? あ、剣術の技能ならあるけど……」
「それでは説明がつきません」

 わたしに剣の才能があったってこと、かな。
 正直、あんまり嬉しくはない。わたしは後方から魔法を撃って汗ひとつかかずに戦いたい。
 斬り殺す感触も、最悪だった。
 必要ないなら遠慮したいくらいに。

「とりあえず、褒めて? 子供にする感じで」
「えっ? は、はい。では……よく頑張りましたね、ちゃんと倒せてえらいですよ。ほら、いいこいいこ……」
「ふぁぁ……なでなでもぉ……」
「も、申し訳ありません、つい……あっ!? わ、私、ずっとこんな失礼なことを……」
「いいの、暫くこのまま……」

 ルナさんの肌に、耳元で聞こえる甘やかすような声、極めつけは蕩けそうななでなで。完璧過ぎる。女の子最高。
 本当に数分くらい堪能して、離れた。

 ゴブリンの魔石を回収してから燃やして、再び魔物を探すために歩き出す。

「……ねぇ、ルナさんのご主人様ってどんな人? 見た目とかじゃなくて、性格の話ね」
「その……話したのは今日一度だけですので、よく分かりません」
「? 今日買われたってこと?」
「いえ、正確にはレンタルです」

 レンタル……翻訳して意味が同じだった言葉っていうのは分かるんだけど、異世界に合わなすぎる。

「……普通に買うことは出来ないの?」
「出来ない、ということはありませんが……」

 そこで言葉を濁すルナさん。
 言いたくないことに関わるみたいだから、この質問はここまでにして、レンタルの方に話を戻そう。

「わたしもレンタル出来るよね?」
「……はい。1時間で50ユーラのようです」
「そう言われると高い気がするけど、ルナさんの実力を考えたら安いくらいだね」
「ありがとうございます」

 謙遜はしない主義?
 まあ、驕るわけでもなくお礼を言って微笑んでるだけだから、全然問題はないと思う。むしろ、もっと笑顔が見たい。

 ちなみに、カグラ様曰く、1ユーラが100円より高いくらいだと思っていい様子。でも、一概には言えないのが異世界。
 銅貨、銀貨、金貨、白金貨の順に100枚単位で繰り上がる。わたしは銀貨100枚を持っているので、10000ユーラということに。

 ルナさんを200時間レンタル出来る!

「早速、明日行ってみよ」
「ええ、お待ちしています」

 他の人に取られないよう、朝早くに行かないと。

 それから、遭遇する魔物は大物……イノシシやクマのようなものばかりで、偶に狼なんかが出た以外は、全部ルナさんの独壇場だった。

 狼は素早い動きで噛み付こうとしてきて、普通に真っ二つになりました。ジャンプしたらダメだよ。
 その後、ルナさんが特に反応していないのを見てほっとしたり。人だからかな。

 ルナさんの戦いは、とりあえずかっこよかった。拳とか蹴りで魔物を倒し、短剣でスパッと。
 本当に、わたしとの差が……。

「どうかなさいました?」
「あ、ううん。素材が多いなぁ〜と」
「はい、カグヤ様に手伝って頂いたお陰です」
「手伝いになってたのは指輪だけだけど……」
「そんなことはありません。ひとりの時よりも、カグヤ様が居て下さったお陰で力が出せましたから」
「そうかな? なら、よかった……」

 荷車を2人で引きながらの話。
 かなり大量で、普通なら全力で引いてやっとなのに、話をしながらでも余裕なくらい軽く感じる。まあ、7割以上はルナさんのお陰だろうね。

 少しでも楽になれば、と思ったけど……必要ない?

 引く時も遠慮されて、「街まで案内して欲しいから、そのお礼に」みたいなことを言ってやっとだった。その意味は、ないのかもしれない。

「カグヤ様、見えてきました」

 そう言われて、荷車から少し離れるわたし。
 事前に、「奴隷の手伝いをしているのは醜聞がよろしくありませんので」と街が見えたら離れることを約束していたのだ。

 街の外壁が近くなっていく。
 森から40分くらいかな。
 初めてみたファンタジーの街はなかなかの大きさみたいで、嬉しいような、そうでもないような……。

「あ……っと、お、おい、嬢ちゃん、そんな格好でどこから来たんだ?」
「えと、ちょっと森の向こうから」
「そっちの姉ちゃんは分からなくもないが……」
「ルナさんに案内してもらったので」
「そうか……だとしてもおかしいような……いや、なんでもない。カグラ盤を見せてくれ」

 門番の人は厳ついおじさんです。
 というか、カグラ盤ってなに?
 笑いそうになっちゃたよ?
 え? カグラ様、物にまで名前付けられてるの?

「……どうした? これだぞ、これ」
「え? あ、は、はい」

 出せと言われていたのは、ステータスが表示される金属板のことだったらしい。パラメーターから下は見えないようにして渡すと、少し眺めたあとすぐに返ってきた。
 職業、変えなかったけど、驚かれなかったし大丈夫みたいだね。

 そう思ったのも束の間、

「……嬢ちゃん、どっかの大貴族の娘とかじゃない?」

 語尾がおかしくなった門番の人。
 わたしが貴族だなんて、見た目と服以外はそんな事ないと思うなぁ……と、自画自賛してみる。

「そんな風に見えます?」
「ああ、見た目もカグラ盤もな。貴重な金属を使った上に、装飾まで凝っている。貴族様じゃないのなら、逆にどうしてなのか気になるくらいだ」
「秘密でお願いします」
「ま、そうだろうな」

 あら、意外とあっさり引き下がった。
 話し方がおかしくなる以外はいい人だね、多分。

 門を抜けた所で立ち止まる。
 後ろを振り向くと、夕陽に照らされたルナさんの姿が見えた。すごく絵になる。……絵なんて描けないけど。

「じゃあ、ルナさんとはここでお別れ……かな」
「はい。今日はありがとうございました」
「ううん、こちらこそ、ありがとうだよ。それと、明日もまたお世話になるから」
「……はい」

 短い逡巡のあと、頷くルナさん。何を考えたのかは分からない。本当は嫌だった、というのは考えたくないけど。

「じゃあ、バイバイ」
「さようなら、カグヤ様」

 手を振るわたしにお辞儀をする。
 周りの人から見られている気がするけど、見た目とか荷車とか目立つ要素はあったので、それほど気にしないことに。

 ひとりになったわたしは、歩きながら呟く。

「どこに行こうかな〜?」

「ほのぼの九尾さんの百合ハーレム観光(育成)日記 ~TS少女なわたし、神が邪魔でえっちぃことだけしていられない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く