ソルミア魔獣討伐記〜魔獣になった彼女と共に〜

流星群★

プロローグ

 夕陽の差し込む放課後の教室。


 俺、伊藤直人ナオトは目の前の女子と向かい合うように立っている。


 その可愛い女子の名前は桐谷芽衣メイ。俺のクラスメイトで高1から一緒だったこともあり、高2になってふと話す機会があって…俺は彼女を好きになった。


 そして春の温もりがそろそろ寂しくなってきた初夏の今日。俺は、彼女に告白する。


 勿論、いろいろ考えた。今のままでいいんじゃないか、失敗したらどうするんだ、と。


 けれど、この想いは抑えられるものじゃなかった。


 日に日に感じる胸の鼓動。自分へ向けられる明るい笑顔。何気ない会話。


 …そして。癒えるはずがないと思っていた心の傷が彼女によってゆっくりと、ゆっくりと塞がれていったのに気がついた。


 それらすべてが、俺の気持ちを速めていった。


 だから、決めたんだ。言わなきゃ男じゃねえ、言ってやる、って。


 一回、深呼吸する。目を閉じ、心を落ち着かせて、そして。


 「桐谷、俺はお前が好きだ。俺の彼女になってくれないか?」

 
 言った。言ってしまった。しかも、何時間も考えていたセリフと全然違う事を。


 でも、俺は彼女の目を真っ直ぐ見る。


 返事を、待つ。


 そして、何時間も経ったんじゃないかと感じるくらい間を開けた後、彼女の口が開いた。


 「はい。こちらこそ、お願いします」


 頭がボーッとする。俺は頬をつねり、夢じゃないことを何回も確認する。…痛い。

 
 「…ホントに夢みたい。私ね、ずっと考えてたんだ。いつか直人君が好きだ、って言ってくれる日を。でもそんな日絶対来ないって思ってた。だから、叶って嬉しい…っ」


 「俺も、だよ。まさかそんなこと思ってもらえてるなんて考えたことなかった。断られたらどうしようってずっと考えてた。だから、俺もすごい嬉しいよ」


 桐谷、いやメイが俺に抱きついてくる。涙でぐしょぐしょにした顔を見られたくなかったのかもしれない。俺もこらえるの、限界なんだけどな。


 ゆっくりとメイを抱きしめ返す。初めて味わった彼女の体の感触は柔らかくて、甘い匂いがした。


 そして俺達はかなり長い間、涙を流しながら抱き合っていた。沈みゆく夕陽が俺達を照らしながら祝ってくれている、そんな気がした。


 あの日味わった絶望も、今なら忘れられる。そう思えるほど、俺は幸せだった。


 でもこの時はまだ知らなかった。この時想像してた甘い生活が、全てあいつ・・・にぶっ壊されるなんて。

「ソルミア魔獣討伐記〜魔獣になった彼女と共に〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く