だからわたくしはデレたくないんです!

soltier

料理

次の日、早速料理の練習をしにデイビッドのとこに行きます。
アレン様はまだ元気がないようですし、、原因はわたくしなんでしょうけど。

「デイビッド、わたくしに料理を教えてください」

「どうかされましたか、料理なんて、、」

デイビッドに料理をつくる理由を話す。

「なるほど、旦那様を元気にするために、、いいですよ簡単な料理とかなら奥様にもできると思います」

案外すんなりと承諾してくれましたね。これできっとアレン様は元気になってくれるはずです。


「あぁ、奥様、それは砂糖ではなく塩です」
「奥様、いい感じです、もっとこねてください」
「はい、それでトッピングしてください」
「火は危ないので私がやりますね」

出来た、は出来ましたけど、これほとんどデイビッドがしてたような。

「というかこれ、クッキーですね」

「なかなか上手く出来ましたね、ほら、奥様も味見してみてください」

はむっ、ん!美味しいです。

「どうやら上手くいったみたいですね。よかったです」

デイビッドはクッキーをかわいい包装紙にくるんでくれた。
あとはこれを渡すだけですね。ん?渡す?どうやって?

「考えてませんでした」

とりあえずこういう時は、、

「ユニ!どうしたらいいですか?」

「奥様、、私もちょっと忙しいんですよ?」

う、でも頼る人が他にいないんです。

「まぁ、使用人なんで聞きますよ。というか普通に渡せばいいんじゃないんですか?」

それが出来ないから困ってるんです。

「だって、恥ずかしいじゃないですか絶対照れちゃいますよ」

「その方がかわいくていいんじゃないんですか?」

そういうものなんですか?そうだとしても恥ずかしいのは変わらないというか、、

「なんて言って渡せばいいですか?」

「え、告白するんじゃないんですか?好きですって」

な、な、な、そんなつもりじゃないですよ!

「無言で睨みつけないでください、悪かったですから」


結局ユニとの作戦会議は役にたちませんでした。一人で考えても何も思いつきませんでしたし。いっそなかったことに、、それでは何も解決しませんね。
そろそろアレン様が帰ってくる頃です。ここはもう流れに任せましょうか。

「ただいま戻りました」

「あ、おかえりなさいませ、アレン様、あの、その、えっと、、こ、これ!わたくしが作りました。それと、その、昨日はすみませんでした。でも、か、勘違いしないでください、、これはアレン様のためだけじゃないんですからね?あくまで、元気が出て欲しいだけで、、そう!使用人の雰囲気が嫌だったからです。だからこれを食べて早く元気だしてください」

少しでもわだかまりがない方がいいのでここは仕方ないです。

「ふふっ、ありがとうございます。では早速、、うん。美味しいですね。ありがとうございます」

「だからこれはアレン様のためだけではないんですよ」

「じゃあ代表してお礼を言うよ。ありがとう、ティアラ」

そう言ってアレン様はわたくしの頭をポンポンします。

「!!??にゃ、にゃ、ふしゅ〜」

効果音がつくならボン!となったでしょう。一気に顔が真っ赤になります。

「ティアラ?」

気絶する前にアレン様から距離をとります。今は涙目になってます。

「ちょっと今は待ってください」

今は頭がぐるぐるして、顔が熱くなってますから、まともに会話出来そうにありません。かろうじて気絶はしませんでしたね。

「ごめん、私はあまり、ティアラには好かれてないみたいですね。あまりこういった経験がないからわからないんです」

「ちが、あの、そういうことでは!あ、すみません、取り乱しました」

「政略結婚ですからね、仕方ありません。私は、ティアラと仲良くなれたらいいなと思ってます」

あうぅ今すぐ大好きって言えたらいいのですが、、そんな勇気も覚悟もありません。お母様、どうしたらいいのですか?


とりあえずアレン様の元気は戻った?ようです。

「ユニ、わたくし、やってしまいました、、あんなこと言われるなんて思ってなかったです」

「あんまり気を落とさなくてもいいと思いますけど、奥様と旦那様完全に両思いじゃないですか」

確かに、あそこまでするなら打算的ではないと思います。

「奥様、愛されてるからもういいんじゃないンですか?」

そう、ですね。ちょっと素直になってみようと思いました。

「あ、ジェームズさんから言われたんでした、結婚式の日程です」

ユニから紙をもらう。………なるほど、一週間後ですね。それまでに頑張って耐性を付けないといけないみたいです。
せめて触れ合うくらいで気絶しないようにしないと。

「デートにでも誘ってみてはどうですか?」

で、で、デートですか!?

「無理ですよ!今のわたくしとアレン様はそんな……」

「だからこそですよ。外ですので自然と触れ合いますし」

ユニのアドバイスはちょっと無謀に聞こえますけど、的確なんですよね。

「ユニは……」

「私は手伝えませんよ?」

ぐぬぬ、先手をうたれてしまいました。

「はぁ、じゃあせめて近くにいてください」

とりあえずデートに誘う方向で考えていきましょう。問題はどうやって誘うかですが、、これはデートと言わない方がいいと思いました。王都のお店に興味があるとかそんな感じなら自然に、、なりますよね?
お母様が言うには、男に臆するくらいなら自分から行けでしたね。そうです!怖いものなんてありません!と言いつつわたくしはアレン様に好きとは言えないんですが。なさけないですね。


次の日、実際にアレン様に会うと

「おはようございます。アレン様」

あれあれれ、おかしいです。もっと色々話すことは考えてきたのに、、頭が真っ白に

「おはよう、ティアラ?どうしたんですか?」

「い、いえ、あ、あの、その、えっと」

言葉が出てきません。アレン様は不思議そうにわたくしを見つめてきます。

「あぅ、き、今日も頑張ってきてくださいね」

結局言えませんでした。帰ってきたらゆっくりお話できますかね。それまでにはセリフを暗記するレベルまでにしないと。

「だからわたくしはデレたくないんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く