ウイニー王国のワガママ姫

みすみ蓮華

ワガママ姫の正義論 6

 =====




 食事と片付けを終えると、
 テディはリュートを取り出し、ポロンポロンと弾き始めた。
 焚き火にとび色の髪が照らされて、少し幻想的な雰囲気を出している。


「テディってなんでも出来るんだね。戦いも強いし…どれくらい修行したらそんなに強くなれるの?私も強くなれる?」
 リュートを引きつつも「はて…?」とテディは答える。


「僕の場合は、わりと特殊な環境で育ったので、修行というより必要に迫られて…が正しいかと。そうですね、だいたい5年程?過酷な環境下に居ました」
 5年?!5年って子供の時からって事!?


「あの、テディって、今幾つなの?」
「歳ですか?18です」
 ええっ?!っと思わず声を上げる。レイの一つ下…全然見えない。


「ごめんなさい。同じくらいの歳かと思ってた…でも、それでも13歳位から戦ってたって事だよね?凄いなぁ…」


 某然として私が言うと、
「そんな事ないですよ」
 と少し顔を赤らめてテディが答えた。


「私はむしろ、もっと歳が上なのかと思っていました」
 とクロエは言った。


「そんなことを言われたのは初めてですね。大体皆さん、僕の事を子供だと思われるので」
 一瞬手を止めて、驚いた顔をしたテディだったけど、
 すぐにまたリュートを弾き始める。


「見た目は当てになりませんから…」
 とクロエが言うと、
 確かに。とテディは目を伏せながら笑顔で答えた。


「ちなみに失礼ですが、お2人はお幾つなんですか?」
 テディがそう聞くと、
「25です」とクロエは答えた。
 大人っぽいと思ってたけど、大人だぁ〜と私は感心する。
 クロエに続くように私も答える。


「私は16歳だよ。この間デビュタント済ませたばかり」
 と私が言うと、クロエもテディも「えっ?!」と硬直する。
 テディは演奏も完全に止まってしまった。


「何、その反応?」
 と私は少しむっとする。


「いえ………お若い、ですね…」
 とクロエは目を逸らし、テディはと言うと、
「………可愛らしいので、てっきり…」
 と手のひらで口を覆った。


 その2人の反応に、私はますます頬を膨らませ腕を組み、
 ぷいっと2人に背を向けた。


「ふん…だ!どうせ私はチビで魅力なんてないもん!」


 2人は顔を見合わせ、困ったように肩を竦めると、
「レティは十分魅力的ですよ」とか「まだわかりませんから」とか
 一生懸命取り繕うので、
 私はますます虚しくなって、「もう寝る!」と一言だけ言うと、
 2人を置いてテントの中に潜り込んだ。






 =====






 テントに入り、1人横になると、天幕をぼーっと見ながら今までの事を振り返る。
 家を飛び出してもう3日が経った。
 たった3日だというのに、随分長く旅をしている様な気がしてくる。


 青々とした麦畑に農民の生活、宿での食事に、王都とは違うフェンスの風景。
 今日は初めて盗賊にも会った。
 モンスターも出てきて初めて怖いと恐怖も感じたけど、
 不思議とクロエとテディが何とかしてくれるだろうと、
 何処か安心していた自分に気がつき、なんだか少し可笑しくなった。


 テディなんて今日初対面なのに。
 まるでずっと一緒に旅をしていたかのように、そこにいて当然みたいですごく変だ。
 クロエに会って、アルダと再会して、テディに会って、盗賊に襲われて…


 ……それから?


 ーー家を離れた不安よりも、旅の終わりに恐怖を感じる自分が居た。
 もう後2日か3日でダールに到着する。
 侯爵様にお会いして、テディと、クロエと別れて………全て、が終わるんだ。


 考えたくない…
 と私は目を瞑り、左腕で顔を覆う。
「帰りたくない…」
 まどろみの中で、神に救いを求める様に、私は呟いた。

「ウイニー王国のワガママ姫」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く