人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

契り

 攻撃後、ピシリと乾いた音がしてブレスレットにヒビが入った。
 同時に戦場を包み込むような黒いもやーー悪意も見えなくなった。
 幸い壊れてはいないようだが、あと数回使えば完全に砕け散るだろう。

「ゴルドちゃんを殺すなんて、やるわねェ」

「次はあんただけど……やる気あるか?」

「あらァ、あたしがやる気ないとでも?」

「そうだろ。さっきから攻撃もいまいち本気に見えない」

「お見通しだったのね。確かにあたしはやる気はないわ。だからもう撤退。ほら、みんな帰るわよ」

 今の魔国軍で最も立場の高いシビアがそう伝えると、魔国軍の兵士たちはだんだんと後退して撤退を始めた。

「あたしもこれで帰るけど……あなたの名前を教えてもらえるかしら」

「ミツキ。ソレル王国戦士団のミツキだ」

「ミツキちゃんね。あたしは魔国幹部のシビア。そうねェ……もし暇があったら魔国に来るといいわァ。歓迎してあげる」

「気が向いたらな」

「それじゃ、またね、ミツキちゃん」

 ヒラヒラと手を振ったシビアは、背中を見せてゆうゆうとその場を後にした。

 * * *

「この度は協力いただき、本当にありがとうございました!」

 戦争が終わると、クロードが深々と頭を下げて礼を言ってきた。

「特にミツキ様、このご恩は命にかえても返してみせます!」

「大袈裟ですって。それに、俺達もここを通りたかったし」

「おうよ。これでウナアーダに行けるな」

「それなのですが、1ついいでしょうか」

 ようやく道も開け、行く気満々となっているミツキ達にソレーユが口を挟む。

「どうした?」

「ミツキ様達はウナアーダの女王に会いに行かれるらしいですが、単刀直入に言うと……自殺行為です」

「俺らじゃ勝てねぇと?」

「緑の騎士である貴方は、それをよくわかっているのでしょう?」

「…………」

 思い当たるのか、ヨハンは黙り込む。

「正直に言うと、今ここにいるミツキ様達と私、5人で戦っても白に勝てる確率は低いです」

「白はそんなに強いわけ?」

「私がまだ子供の頃ですが、戦っている姿を見たことがあります。あれは理不尽の塊です。英雄の名は伊達ではありません」

 やはり、あの時自分と戦った時は本気ではなかったのだと、ミツキは確信を持つ。
 だというのに、全力を出してようやく退けられた。
 正面から戦うのは確かに自殺行為かもしれない。

「ならどうすんだ」

「鍛えます。この戦闘て皆さんの戦い方を見ましたが、1週間もあれば見違えるほど強くなれますよ。特にミツキ様と邪神さん」

「私があの白と戦えるようになるの?」

「はい。癪ですが、邪神さんは才能がありますから。それに、磁石さんと緑もまだ強くなれます。当然、私も」

「じゃあじゃあ、1週間鍛えたら私たち全員最強になるってこと!?」

「最強とまでは言いませんが……はい。確実に強くなれますよ」

 ここまで断言されたとなれば、その話に乗らないわけがない。

「だったら、1週間鍛えるよ。俺は強くなりたい」

「では早速戻って、それぞれに合った鍛錬をしましょう」

 4人はソレーユに連れられ、法国の首都へと帰ることになった。

 * * *

「そもそも、戦闘スタイルには2種類あります。理性型と本能型です」

「考えるか考えないかの差か」

「はい。どちらが強いとは言いませんが、白はどっちか知りたいです。緑ならわかるでしょう」

「アランさんは多分、どっちも使う。手合わせをする機会が何回かあったんだが、読み合いも強ければたまに理解できない動きをすることもあったからな」

「マジで化け物かよ」

「そんな化け物に勝つためには、こちらも戦闘スタイルを磨くしかありません。この中で本能型なのはミツキ様と磁石さんでしょう。邪神さんと緑、私も理性型です」

 先程の戦場でちらりと全員の戦闘を見ていたソレーユは、4人の戦闘スタイルをわかっていた。

「実戦形式の鍛錬を多くして、手早く行きましょう」

「頑張るよー!」

「そうね、頑張らないと……」

 いつも通り元気いっぱいに返事するソフィアとは対象的に、メリアは少しうつむいている。

「では、これから言う場所にそれぞれ向かってください」

 4人はソレーユに向かう場所を伝えられ、その場で別れた。
 ミツキはソレーユと首都から少し離れた開けた場所に来ている。

「それでは……ミツキ様」

「ん?」

「私と契りを結んで頂きたいのです」

「契り?」

 てっきり模擬戦をすると思っていたミツキは、突然の申し出に困惑する。

「私の家系は代々、太陽神様に最も近づける存在として育てられてきました」

「だからすぐに俺が太陽神だってわかったのか」

「私の先祖は大昔に太陽神様と契りを結び、その力は私まで受け継がれていますが、その力も今では半分もありません。……ミツキ様、再び私と契りを結んでください」

「それはいいんだけどさ、なんでさっきの戦闘の前に言わなかったんだ」

 そんな簡単に強くなれる方法があるなら、ミツキと会った時真っ先に試せばよかった。

「契りを結ぶには、太陽神様からその資格があると認めてもらわなければいけません。そのために、今から模擬戦で私の全力を認めてもらいます」

「いや、そんなことしなくても俺はソレーユが強いって思ってるぞ」

「え……」

 鬼気迫る表情で剣を両手に構えたソレーユだったが、拍子抜けだったのか思わず固まる。

「あれは相性の問題だろ。そもそも、ソレーユが情報を集めてくれてなけりゃ俺も負けてたかもだし」

「ですが、私は……」

 活躍しようと先走り、結果的に返り討ちにあって醜態をさらした。

「自分で言うのもなんだけど、俺のために頑張ってくれたんだろ。そんなやつを信頼しないわけない」

 自分のため、というのは少し恥ずかしいが紛れもない事実だ。
 その姿は、ミツキから信頼を得るには十分だった。

「ありがとな。助かったよ」

「…………」

 しばらく固まっていたソレーユはやがて、大粒の涙を両目からこぼす。

「え、なんか俺やらかしたか?」

「いえ、いえ……嬉しいんです」

 しばらく泣いていたが、すぐに落ち着いたようで表情が戻る。

「で、契りってどうやるんだ?」

「簡単ですよ。私を燃やしてください」

「燃やすの? 俺が?」

「はい。心配しなくても怪我はしません」 

 言われるがまま、ソレーユに右手を向けて炎を出す。

「いくぞ?」

「はい」

 膝をつき、祈るようなポーズをとったソレーユに向けてその炎を放った。
 すると、一見燃えているように見えていたソレーユだったが、炎はやがて吸収されるようにその体の中へと消えていった。

「おお……」

「これで私とミツキ様は繋がりました。ミツキ様……改めて、不出来な信者ですがこの命尽きるまで貴方に付き従うと誓います」

「ああ、こっちからよろしく頼むよ」

「ふふ、はい」

 憧れ、信じ続けた神に認められたいという重圧から開放されたソレーユは、初めて屈託のない笑顔を見せた。

「早速模擬戦といきましょう」

「傷治ってないだろ」

「いえ、今ので治りました」

「それは嘘だろ。……え、本当に?」

「はいっ。心配には及びません」

 傷を負った場所を見せてくると、あれからほとんど時間も経っていないというのに、本当に治っている。

「契りってすごいな」

「ミツキ様後からの1部ですよ。さあ、始めましょう」

 表情豊かに、今度は笑って剣を両手に構えた。

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く