人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

太陽神様

(油断してたのもあるけど……強いな)

 大剣を引き抜き、対峙するミツキは相手の力量を測ろうとしていた。
 目の前に敵と認識した時の、この緊張感。
 前にウナアーダの白と対峙した時の感覚に近い。

「メリア、相手めちゃくちゃ強いぞ」

「わかってるわ。それに、ちょっと変な力もあるみたい。切られた腕の力が落ちてる」

「毒って訳でもないだろうけど……攻撃を受けるのは危険か」

「喋る余裕がおありなのですね。では、まずそれをなくしましょう」

 ゆっくりと歩いてくるソレーユの得物は、2本の剣。
 1本は順手、1本は逆手で握っている。

「来るぞ」

「今度はちゃんと迎え撃つわよ」

「ゆらり、ゆらり、揺らめくように……細切れにしましょう」

 体を不規則に揺らしながら、突然ソレーユが加速した。
 狙われたのは、メリアだ。

「巫流《雨突あまつき》!」

 自分が狙われることはわかっていたのか、すぐに対応して前方への連続突きを放つ。
 牽制の意味も込めた、手数の多い技だ。
 だが、

「ゆら、ゆら」

 ぐにゃりと一瞬歪んだかのように見えたソレーユの剣は、突きを全て弾き、メリアの両腕を肘から切り落とす。

「このっ!」

 それでも怯まずに上段蹴りを繰り出すが、またしても不規則な軌道で振り上げられた剣により、足を切断されて防がれた。

「メリアばっか狙ってんじゃねえぞ。炎武《猛炎撃》!」

 そこへ既に第1権能を解放させたミツキの炎を纏った大剣が、側面から凄まじい勢いで突き出される。

「ゆらり……炎?」

 再び歪んだように体を逸らして避け、1度下がるが、それによりミツキがソレーユとメリアの間に入る形となった。

「怪我は?」

「ないわよ。でも、やっぱり力が落ちてる」

 くっついた腕と足を動かしながら、感覚を確かめる。

「炎、炎……普通じゃありませんが……でも……」

「なんかブツブツ言ってるけど」

「気にしなくていいだろ。けど、やっぱり強いな。出し惜しみできそうにない」

「なら私が隙を作って、ミツキが決めなさい」

「隙って……簡単じゃないと思うけどな」

「仲間を信用しないさい。やってやるわ」

「そこまで言うなら……信じるぞ」

 本来ならば、狙われているメリアを下げたかったミツキだが、ここまで言われれば仕方ない。

「やっぱり確かめるしか……ええ、ええ、そうしましょう」

「納得してるとこ悪いけど、次はこっちの番よ」

「失礼ですけど……貴女に私を倒す実力があるとは思えません」

「正直に言ってくれるわね。でも、試さないとわからないわよ!」

 刀を下げて構え、メリアから走ってソレーユへと仕掛ける。
 少し遅れてミツキが追従するように走り出す。

「ゆら、ゆら、捉えられますか?」

「調子に乗ってるわね。巫流《波朧なみおぼろ》!」

 選んだ技は、最も自信のある揺らめく一閃。
 それもゆらりと歪んようにし、避けようとしたソレーユだったが、

「え?」

 キィンと甲高い音を立て、防いだ剣を弾かれ体勢を崩された。
 避けられる思っていたが、防いだのはほとんど直感。
 そのおかげで切られることはなかったが、この状況はまずい。

「私の幻楼げんろうに当てますか」

「自信満々の顔が崩れたわね。ミツキ!」

「ああ。炎武《炎天》」

 準備していたミツキが、メリアと入れ替わるように前に出る。
 大剣に炎が集まり、収束される。

「《昇炎しょうえん》!」

「やはり……間違いありません。炎舞《焔流しほむらながし》」

 振り上げられた大剣の炎は、天に昇るように火柱が上がる
 当たれば燃え尽きるであろうその攻撃を、ソレーユは炎を纏った2本の剣で受け流した。
 とはいえ、無傷とはいかなかったのか、衝撃でゴロゴロと後方へ派手に転がった。

「防がれてるわよ」

「完璧に入ったと思ったんだけどな。そういや、さっきのはどうやって当てたんだ?」

「向こうは炎魔法で意図的に剣の長さを歪ませてたの。で、普通の攻撃だと見誤って当たらないから、同じ原理の技で当てたわけ」

「俺には真似出来ないな」

 2人は話しながらも、不用意な追撃は仕掛けずソレーユの出方を伺う。
 決めに行ったはずのミツキの技を凌がれた。
 お互い顔には出さないが、冷や汗が頬を伝っている。

「素晴らしいです。そちらの方、お名前をお聞かせください」

「ん、俺か? ソレル王国戦士団、ミツキだ」

「ミツキ様ですね。やっと……やっとお会いできました」

 ソレーユは恍惚とした表情で、ミツキへと歩み寄ってくる。
 その手には剣は握られておらず、敵意も感じないが、自然と2人は警戒する。
 そんなことは露ほども気にしていないのか、ソレーユは目の前まで来ると、膝をついて深々と頭を下げると、

「我々ジュア法国は、ミツキ様……いえ、太陽神様をお待ちしておりました」

 そんな爆弾発言をした。

 * * * 

「どうぞミツキ様、お入りください」

「あのさ、ソレーユさん」

「ソレーユとお呼びください。さん付けなんて、恐れ多いです」

「じゃあソレーユ。この対応はなんなんだ?」

 あの後、ヨハンとソフィアも合流した4人はソレーユに案内され、ジュア法国の首都へとやって来ていた。
 そこで4人、特にミツキが熱烈な歓迎を受け、広く豪華な一室へと連れてこられている。

「ですから、太陽……ミツキ様を待っておりましたから」

「おい、ミツキ。お前何したんだよ」

「俺の炎魔法が凄いんだってよ。なんでも、ジュア法国は全員が炎魔法の使い手らしいし、憧れみたいなもんらしい」

「はい、その通りです」

 恍惚とした表情が崩れそうもないソレーユは、そう言ってミツキの言い分を肯定する。
 太陽神様、と呼ばれた時は焦ったが、メリアには後で説明すると約束し、人前では名前で呼んでもらうようにした。

「それにしては大袈裟な気もするが……他国の文化だしな。否定できねぇか」

「ミツキ凄いんだね!」

「そ、そうみたいだな」

 若干ひきつった顔をしつつも、ミツキたちは案内された席に座り、対面にソレーユと中年の男性が座る。

「初めまして、ミツキ様と仲間の皆様。私はジュア法国教皇、スールと申します」

「俺らのことは知ってるんですか」

「ソレーユさんから説明を受けましたので。それと、どうか敬語はおやめ下さい」

「えーっと、スール。まずここまで招き入れてくれてありがとう」

「いいえ、同士を助けていただいたようですし、当然です」

「その節は申し訳ありませんでした。私の独断で攻撃してしまい……」

「もういいからさ。それより、お願いがあるんだけど」

「どうぞなんなりと。我々にできることでしたら」

 ニコニコ顔のスールの物腰は柔らかく、何を頼んでも受け入れてくれそうな雰囲気だ。

「俺たちはウナアーダに行きたいんだ。そのために、ジュア法国をとおらせてほしい」

「それは難しいです」

「えっ」

 断られるとは思っておらず、素っ頓狂な声を出してしまう。

「いえ、ちゃんと理由があるんです。説明をしますので、ソレーユさん、案内をお願いします」

「承知しました。皆さん、少し歩きますが構いませんか?」

「いいよな?」

「俺は問題ないな」

「私もっ!」

「私もいいけど、後で少し話がしたいわ」

「私に、でしょうか。もちろん構いませんよ」

 ニコリと笑顔で了解したソレーユに連れられ、4人は忙しなく再び移動を始めた。

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く