人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

ジュア法国

「いいか、俺らは今からウナアーダに行くために、まずジュア法国に向かう」

「待て待て、なんでお俺たちがヨハンについて行かないといけないんだ」

「タダで情報を渡すわけないだろ。俺の同行者として、お前らが来るのが条件だったんだよ」

「初耳ね」

「うん、聞いてないよ」

「言われてねぇのかよ。あのな、俺はウナアーダに行きたいが、1人じゃ難しい」

「魔国突っ切ればいいんじゃないか?」

「お前はあの幹部と開示したからわかるだろうが、魔族ってのはたとえ同盟相手でも、人間なら平気で殺す奴らなんだよ」

「ああ、そういえば確かに」

 言われてみれば、ミツキの戦った魔王軍幹部は悪意に満ちていた。
 あれはソレル王国に対してというより、人間に対してのものたったらしい。

「そんなわけで着いてきてもらいたいんだが、どうだ?」

 一応答えを聞いてくれるらしく、ミツキたち3人はそれぞれ考える。

「私は正直行きたいと思ってたわ。法国って言うくらいだから、この呪いを解く方法もあるかもだし」

「私はどっちでもいいかなぁ。2人が行くならついていくよ!」

「俺は……前から気になってはいたしな。行くか」

「決まりな。俺みたいに他国のやつがこの国に長居するのはよくないし、すぐ行くぞ」

「せめて1時間は準備させろよ」

 トントン拍子に話は進み、ミツキたち3人はアランと共にジュア法国に向かうことになった。
 ルートはひたすら東に進み、ジュア法国との国境まで到達したら、そこから法国の首都へと向かう。

「道中は馬車のつもりだったが、運良く俺とそこの小さい……」

「ソフィアだよ。名前くらい覚えてよね」

「そう、ソフィアだ。魔法で速度が出せるのが2人いるからな。馬無しの馬車の方が速い」

「交代しながら行くんだね」

「そういうことだ。んじゃ、最初は俺からな。多分今日中には着けるだろ」

 本来なら1週間はかかる日程だが、ヨハンとソフィアの魔法があればすぐに着く。

「メリア、ジュア法国ってどんな国なんだ?」

「気になってたって言ってのに、何も知らないの?」

「気になってただけだしな。まさか、こんな直ぐに行くことになるとは思わなかったんだよ」

「確かにそうね。なら説明してあげるわ」

 メリアの説明によると、ジュア法国は少し変わっている国らしい。
 なんでも、完全中立国で戦争に参加したのは随分と昔、魔国がソレル王国、ウナアーダ、ジュア法国の3国と起こした戦争の時のみらしい。

「あと、神を信仰してるわね」

「そりゃ法国だからな。どんな神を信仰してるんだ?」

「そこまでは知らないわよ」

「なら、見てのお楽しみってことか」

「うーん、私は聞いたことかる気がするんだけど……なんだったかなぁ」

 思い出そうとソフィアが悩んでいるところで、馬車が止まりヨハンが声をかけてくる。

「交代だ。使い方はわかるよな?」

「まっかせてよ。たくさん進めちゃうからね!」

「そりゃいいな。楽できる」

 ソフィアとヨハンが入れ替わり、また馬車が進み出す。

「何の話してたんだよ」

「ジュア法国のことよ。神を信仰してるらしいけど、なんの神なのかってね」

「ヨハンは知ってるか?」

「あー、いや、ウナアーダは基本的に戦争は仕掛けないからな。中立のジュア法国のことはよく知らねぇんだよ」

「なら仕方ないか。見て確かめよう」

「戦いにはならないと思うけどね」

 そうして喋りながら、時折ソフィアとヨハンが入れ替わって3時間、4人はジュア法国の国境を通過した。

「簡単に入れるんだな」

「法国に手を出すやつなんて、それこそ魔国か帝国ぐらいなもんだしな。さて、俺はもうちょい寝とくとするか」

「ん、あれ?」

「どうした、ソフィア」

 困惑した声を出して突然馬車を止めたソフィアに、ミツキが顔を出して声をかける。
 まだ交代するような時間は経っていないはずだ。

「あそこ、なんか戦ってない?」

「どこだ?」

「あそこだよ、ほらほら」

 言われてじっと目を凝らせば、かなり遠くで複数の人影が争っているように見える。

「ほんとだな。見に行くか」

「私も行くわよ。ソフィアとヨハンは留守番よろしくね」

「あいよ」

「気をつけてね!」

 法国の領地内での戦闘ということは、ただの小競り合いということではないだろう。
 ミツキとメリアは確認のため、走って争いの起きている場所へと向かう。

 近づいてわかったが、争っている片方は5人の男女、見た目は普通の人間でかなりの火力の炎魔法で攻撃している。
 そのうち1人が、白く鋭い骨に貫かれた。
 争っているもう片方は形こそ人に似ているが、その背中からは関節のある八本の骨が突き出しており、それら以外にも地面から骨を突き出させ、男女を追いつめている。
 その骨男からは、黒いモヤが大量に吹き出ていた。

「手練だな。多分魔国の幹部ぐらいだと思う」

「じゃあ狙うのは」

「骨野郎だ」

「了解!」

 グンっとメリアが加速し、目の前の相手に夢中になっている骨男へ、奇襲を仕掛ける。

「巫流《波朧なみおぼろ》」

「くっ!?」

 奇襲にも対応し、骨で防御をとった男だったが、揺らめくメリアの一閃は骨をすり抜け、方を切り裂いた。

(浅いし、追撃は難しいわね。実力差がありすぎるし)

 深追いすれば、今度はメリアがやられる。
 悔しくはあるが、通り抜けるように切ったあとはそのまま距離をとる。

「追撃よろしくね」

「おう。第1権能解放」

「貴様ら……邪魔をするな!」

「うおっ」

 男が叫ぶと、そこを中心に大量の鋭い骨が地面から突き出す。
 咄嗟にミツキは飛び下がり、追撃は防がれた。

「何者だ。この俺に攻撃を仕掛けるとは、余程のバカだろう」

「ソレル王国戦士団ミツキ」

「同じく、メリア」

「王国、そうか。貴様らを相手にするのは面倒だ、引いてやる」

「名前くらい名乗れよ」

「俺の名か。いいだろう。魔国幹部ゴルド、覚えておけ人間共」

 ゴルドは捨て台詞を残すと、警戒しながら素早く撤退した、

「なんで魔国の幹部が……追わないの?」

「ちょっと相性悪いしな。他に優先することもあるし」

「それもそうね。じゃあ、治療を」

「着きましたけど……一足遅かったようですね」

 治療のために近づこうとしたメリアの目の前へ、いつの間にやって来たのか、1人の女性が現れる。
 桃色の髪と瞳をしたその女性は、周りを一瞥すると、まず死亡したであろう男性の元へ歩み寄る。

「攻められたと聞きましたが……よくぞ勇敢に戦い、守ってくださいました。ありがとうございます」

 そっと男性の手を握りしめ、傷だらけのほかの男女を一人一人見ながら、深く頭を下げる。
 次に女性は、ミツキとメリアへと視線を向ける。

「あなた達が助けてくれたようですね。私の同胞を救ってくださり、感謝してもしきれません」

「いやいや、たまたま通り掛かっただけだしな。助けるのは当然だ」

「人が殺されてるところを傍観なんて、趣味が悪いしね」

「お優しいのですね。ですが……申し訳ありません。そちらの女性の方は、死んでいただかなければならないようです」

 女性は困ったような顔をして、それが当然のように、敵意も悪意も感じさせず、流れるような動作で腰の2本の剣を引き抜き、メリアの右腕を切断した。

「……は?」

「っ!?」

 あまりのことにミツキは反応出来ず、攻撃された本人のメリアは、どうにか体を逸らすのが限界だった。
 メリアの腕は切断された瞬間に傷口から触手が伸び、元通りにくっつく。

「おや、やはり……悪いものが取り憑いてるようですね」

 女性は2本の剣を構え、その矛先を再びメリアへと向けた。

「申し遅れました。私はジュア法国枢機卿、ソレーユと申します。どうかお見知りおきを」

 ニコリと笑顔を浮かべたその顔は、狂気に満ちていた。

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く