人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

英雄もどき

「1つ聞かせろ」

「なんだ」

「お前らの目的はなんなんだ?」

「緑を取り戻し」

「違う。ウナアーダの目的だ。王国に攻める理由がわからない」

「お前たちは、ウナアーダと、魔国を、滅ぼす」

「は? そんなことするわけないだろ」

「知っている。だが……いや、いい。これ以上は、答えられない」

「訳わかんねぇんだよ!」

 話も終わり、ミツキが一直線に白へと突っ込んで行く。

「炎武《火灼爆衝》!」

「これも、高い、火力だ」

 当たれば爆発する柄による打撃を、白は斜め上へと受け流し、爆発の範囲に入らない。

(やっぱり、だんだん目が慣れてきてるな。ここで決めないと)

 大剣を地面に刺し、大きく踏み込んで白の剣の間合い、そのさらに内側に入り込む。
 その両手には、ナックルダスターが装備されている。

「手数で勝負だ。炎武《炎炎灰連えんえんかいれん》!」

 攻撃の回転数をひたすら上げ続ける、超至近距離でしか使えない技。
 だが、1度決まれば逃すことはない。

「打撃、それも、高い、技術だ」

「オルアアアアアッ!!!」

 上下左右に不規則に放たれる打撃を受け流すのは至難の業で、距離を離そうと下がっても、ピッタリとついてくる。

「強い、な」

 これならば倒せる、と思ったミツキだが、白の顔には焦りが見えない。

(余裕だと? いや、これで崩す!)

 その表情に不安が出そうになるが、ぐっと押さえ込み最大火力の炎を拳に乗せ、繰り出す。

「できれば、殺したく、ないな」

 白は距離的に回避不可能であるその拳を、あろうことか、炎ごと真上へと受け流した。
 炎は空へと上がり、火柱となって消えていった。

「受け流し、かよ」

「悪いが、俺は、強い」

 ほとんど見えない白の斬撃を、直感に任せて拳を繰り出し、当てることでどうにか直撃は防ぐ。
 とはいえ、これ以上攻めるのは無謀なため、後ろへ下がるしかない。

「わかんねぇ。あんたからは、悪意も見えない。それに、英雄と呼ばれるほど強いってのに、なんでこんなことをする」

 白からは、ヨハンと同様に悪意が全く見えない。

「……王の、勅命、だからだ」

「勅命なら、無害な人でも殺すのが英雄なのかよ」

「お前は、勘違いを、している」

「勘違いだと?」

「俺は、元英雄。今は、英雄もどきの、騎士でしかない」

 そう言った白の顔は感情を抑えているように見え、ミツキは困惑する。

(こいつらは……ウナアーダは、敵なのか?)

「お前も迷ってんのか、ミツキ」

 迷いが生じ始めたミツキに、武器の双剣を持ったヨハンが声をかける。

「ヨハン、なんでここに」

「今はお前とやろうって訳じゃないんだよ。なあ、アランさん」

「ここでは、俺を、白と呼べ」

「じゃあ白さん。俺たちのやってることは、正しいのかよ」

 大剣の切っ先をヨハンに向けたミツキだったが、その視線が白ーーアランに向いていることに気づいて大剣を下げる。

「王の、勅命だ」

「それがわかんねぇ。俺は王女様を信じてる。だからこそ、こんな命令をするとは思えねぇ。白さんもわかってんだろ?」

「俺には、関係が、無い」

「ヨハン、何を話してるんだ?」

 険悪そうな雰囲気を出す2人の状況がわからず、隣にいるヨハンに尋ねる。

「ミツキ、俺はお前がウナアーダに害をなすようなやつには見えねぇ。王国の人間もそうだ。全員綺麗な心をしてた」

「それが、どうした」

「白……いや、アランさん。俺は王国に残るぞ。何が正しいのか、自分の目で確かめる」

「許されると、思うか?」

「こっちは武器を持った俺と、ミツキがいる。今のあんたになら勝てるぞ」

「……」

 チラリとミツキに視線を向けたアランは、剣を下ろした。

「アランさん、わかってくれたんだな」

「俺は、白だ。裏切るならば、殺さねば、ならない」

 アランの下げた剣に、少しづつ光が集まり、眩く光り始める。

「極光を使う気かよ。正気か!」

「……すまない」

 その顔は無表情ならがも謝罪の言葉を述べるが、集まる光は止まらない。

「くそっ、おいミツキ、あの女の子2人を連れて今すぐ逃げるぞ!」

「状況がいまいちわからないんだが、あの技がどんなのか教えてくれ」

「極光っていってな。アランさんの技の中でも、1番やばいやつだ。あの剣なら本来の威力は出せないだろうが、角度的にこの先の街は真っ二つになるだろうな」

「そうか、わかった」

 それを聞いたミツキは背を向けるどころか、大剣を大上段に構えて白の正面に立った。

「バカ、威力下がってるっていっても防げるもんじゃねぇぞ!」

「なら尚更だ。俺はメリアもソフィアも、街の人たちも守る。それが正しいことだも思ってるからな」

「っ、しゃーねぇ。お前がミスった時は俺がなんとかしてやる」

「ありがとな。けど、大丈夫だ」

 後ろを見てみると、心配そうにしているメリアとソフィアが目に入った。

(俺を頼ってくれて、正直嬉しかったんだ。だから、俺は勝たないといけない)

 2人からの信頼を、期待を、裏切るわけにはいかない。
 ここで白を打倒する。

「第二権能解放!」

 大剣に纏っていた炎が黒く染まり、黒炎となって火力を増す。
 この第二権能は攻撃に特化した黒炎を武器に纏わせるもので、高すぎる火力からヘルミーネからは乱用するなと釘を刺された、。
 油断すれば自分の身すら灰にされるほど危険で、ミツキが使える時間は10秒だけ。

(チャンスは1回だな)

 どうやら、白も光を集め終えたらしい。
 その剣は眩しいほど光り輝いている。

「光に、呑まれろ。極光」

「灰となれ。炎武《黒天・絶華ぜっか》!」

 両者の最高の技、光と黒炎が激突する。
 あまりの衝撃に木々がなぎ倒され、風圧でビリビリと顔を叩かれる。
 そんな中でミツキと白は、一瞬たりとも気を抜かず拮抗させている。

「極光が、止められる、か」

「ぐ、くくくくく……」

 全身全霊の力を込めているミツキは焦る。
 残された時間はもう少ない。

「俺は、負けられねぇんだよ。おおおおおおおおおおお!!!」

 渾身の黒炎に、光が押され始める。
 それを返そうと白もまた力を込めるが。
 ピシリッと、

「限界、か」

 耐えきれなくなった剣にヒビが入り、同時に光が黒炎に呑み込まれた。
 そのまま黒炎は巨大な奔流となり、ミツキが亀裂を入れた山へと当たり、華を咲かせるように弾けた。
 凄まじい爆音が響き、山は跡形も残らず灰となって風に乗って消えていく。

「ハァッ、ハァッ、白は……」

 膝をつき肩で息をするミツキは、もう権能を使う力も残されていない。

「ここまで、とは。予想外、だった」

 その声の方向へ視線を向けると、白い髪と赤い瞳をした中性的な男性が、柄だけになった剣を見ていた。

「アランさん、まだやる気か?」

 鎧を脱いで危機一髪で黒炎を避けた白へ、ヨハンが双剣に手をかけて尋ねる。

「もはや、理由が、ない。今の俺では、お前たちは、倒せない」

 柄を地面に置き、戦う気のなさそうな白はヨハンからミツキへと視線を移す。

「ミツキ、だったか。覚えて、おこう」

「英雄に覚えてもらえるなんて、光栄だな」

「俺は、英雄では、ない。瞬光」

 それだけ残すと、消えるような速度で白は走り去っていった。
 しばらく警戒していたミツキだが、完全に白が去ったとわかると、大の字に倒れる。

「すげーよ、お前」

「へへ、だろ」

 傍で笑うヨハンに笑い返し、今は白を退けた安心だけを喜んだ。

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く