人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

挨拶代わり

「そろそろ着く頃か?」

「あともう少しだな。着いてもヨハンは縛られたままだけど」

「この拘束にも慣れてくるもんよ。ミツキが近くにいる時は外してくれてもいいんじゃないか?」

「さすがに無理だろ」

「だよなぁ」

 フレーリアから出てしばらくの間、ミツキはヨハンからずっと話を聞いていた。
 元々話術が上手いようで、話の内容も豊富で飽きがこない。

「……なぁ、少し聞きてぇんだけどさ?」

「ん?」

「お前らはなんで俺たちの」

「ミツキーーーーーーー!!!」

 ヨハンの言葉は、馬車の後方から聞こえてきたソフィアの大声にかき消された。

「ソフィア!? すみません、止めてください」

 馬車を止めてもらい、魔法で追いついたらしいソフィアに降りて話を聞く。

「どうしたんだ」

「私たちの馬車を、いきなり変な兵士が襲ってきてメリアが戦ってるの。すごく強くて、ミツキじゃないと勝てないんだよ!」

「お前とメリアで勝てないって……いや、わかった。すぐ行こう」

「うん。私が運ぶから、捕まって」

「ああ。頼む。サクレットさん」

「わかっている。行ってくるといい」

「はい!」

「急ぐよー!」

 ソフィアの肩に手を置き、足元に魔法陣が浮かび上がったかと思うと、視界が一瞬で後方は流れていった。

(メリア……無事でいてくれ)

 仲間の無事を願いながら、ミツキは焦る心を落ち着かせる。

「……なるほどねぇ。隊長さん、ちょっとごめんよ」

「なっ!?」

 その様子をじっと見ていたヨハンは、隠し持っていたナイフで手足を縛っている鎖を切断すると、サクレットに一言残してミツキたちの後を追う。

「韋駄天」

「ぐっ、待て!」

 サクレットも追おうとするが、風を足に纏ったヨハンの背中はすぐに見えなくなり、止めることはできなかった。

 * * *

 何時間経っただろう。
 もう何度斬られたかわからない。
 動きは見えているはずなのに全く防げず、傷をつけるどころかまともに受けさせる事も出来ていない。

「はぁ……はぁ……っ!?」

「本当に、不死なのか」

 また右腕を斬られたが、すぐに触手が伸びて再生する。
 だがこの再生も無限ではなく、行う度に体力を使うため限界が近い。

「だが、限界は、あるようだ」

「巫流」

「見飽きた」

 刀を構えた瞬間に再び斬られ、技を出すことさえできない。

(目が慣れると思ったけど……私の限界の方が早い。情けないわね)

 ここまで自分の無力を感じたことは初めてで、思わずうつむきそうになる顔を無理矢理上げる。

「白だったわよね。化け物ね」

「俺は、人間だ」

 会話に応じる気もないようで、白が地面を蹴って首を切り落とさんと迫る。

「あと、もう少しのはずよね。なら……魔眼全開!」

 切り札をきるとすれば今しかない。
 普段はセーブしている魔眼の力を完全に引き出し、輝きを増した瞳で白の攻撃を見定める。
 振られる剣に刀を添わせ、完璧な力加減で初めて攻撃を受け流した。

「ほう」

「今ならあんたにも負けないのよ!」

 再び振られた剣を、またもや受け流したところで技の構えに入る。
 使うは、巫流の技の中で最速の突き技。

「巫流《水束穿すいそくせん》!」

 当たる。
 これまでの暗殺者と剣士としての勘が、この攻撃が必中のものであると告げている。
 刀の切っ先は、白の胸に吸い込まれるように突き出され、

瞬光しゅんこう・残像」

 貫いたと思った白の姿は、残像となり霧散した。

「そん、な……」

 自らの腹部を見ると、いつの間に斬られていたのか、深い傷が触手によって修復されている最中だった。

「面白かったが、もう、終わりだ。再生も、追いつかないほど、斬る」

(もう、体力が……)

 魔眼も限界で普通の瞳に戻ってしまっており、動く気力さえも残っていない。
 立ち上がることはできるかもしれないが、それが許されるほど目の前の相手は甘くない。
 再生できないほど斬るということも、白ならば可能だろう。

「悪い、な」

 殺す相手への言葉とは思えないその台詞に違和感を覚えたが、振り下ろされた剣を見て思わず目を閉じる。

(ごめんね、ミツキ、ソフィア)

 心の中で大切な2人に謝り、死を受けいれたその時だった。

「ふざっっっけんなぁぁぁぁぁぁ!!!」

 遠くからそんな怒号が聞こえ、どんどん近づいてくると、凄まじい勢いのミツキが白に飛び蹴りを繰り出す。
 咄嗟に後ろに飛び退いた白は避けることはできたものの、メリアへの攻撃を中断せざるを得なかった。

「お前は、なんだ」

「人の仲間を斬りやがって、覚悟は出来てるんだよな。灰にしてやるよ」

 既に第一権能は解放しており、燃え盛る炎が大剣に宿っている。

「ミツキ……」

「メリア、ありがとう。あとはそこで見ててくれ」

「うん。頑張りなさいよ」

「おう」

 なんてタイミングで来るのかと、泣きそうになりながらも頼もしい背中へエールを送る。

「メリアー!」

「ソフィア。間に合わせてくれたわね」

「もちろんだよ。それより、怪我は?」

「私は不死よ。問題ないわ」

 体力が著しく低下しているため、どうにか立ち上がりながら無事をアピールする。

「そっか、よかった。じゃあ私はミツキを援護するね」

「いや、できれば俺から離れてくれ。あいつは周りを気にして勝てるような相手じゃない。2人を巻き込む可能性がある」

「ん、わかった。負けないでね」

「当然」

 ソフィアとメリアは、それぞれ魔力と体力を消耗しており、足でまといになることがわかっている。
 だからこそ、素直にミツキから離れるよう移動を始めた。

「お前強いよな。何者だ」

「精霊国家ウナアーダ、色の騎士、白」

 向かい合ったからからこそわかる相手の強さに驚いたが、その名前を聞いて納得する。

「白……よりにもよって英雄か。俺は、そうだな。今はただのミツキだ」

「そうか」

 名乗っても白は興味なさげに反応するだけで、すぐに地面を蹴って剣を振る。
 相手が誰だろうと関係ない。
 ただ殺し、命令を遂行するだけだ。

「それだけかよ」

「相手など、関係ない。名乗りは、義務だ」

 恐ろしい速さで踏み込み、振り下ろされる剣は、しかし反撃で振り上げられたミツキの大剣と衝突し、受け流しきれずに数歩たたらをふむ。

「ウ、ラァッ!」

「なに」

 腰を落とし横薙ぎに振られた大剣は、白に受け流す暇も与えず大きく吹き飛ばした。
 ただし、直前で自分から後ろに飛んだのだろう。
 白は綺麗に着地すると、初めてミツキと目を合わせた。

「面白い」

「面白いだと? 勝手にメリアとソフィアを襲って、怪我までさせて……ふざけんなよ」

 ミツキはその場で地面が砕けるほど強く踏み込み、上段に構えた大剣を振り下ろす、
 怒りを力に変え、勢いを増した炎を感情任せて叩きつける。

「炎武《炎天えんてん烈火れっか》!」

 振り下ろされた大剣から放たれる炎は、地面を這って白へと一直線に向かう。

「この剣では、無理か」

 受け流しを試みようとした白だが、すぐに諦めて横に避ける。
 すぐ隣を通過した炎は、当たってないにも関わらず白の着ている鎧を若干溶かすと、遥か後方の山に直撃し、深い亀裂を入れた。

「高い、火力だ」

 ちらりとその光景を見た白は、剣を握る力を少し強める。

「俺の名前を覚えとけよ、英雄」

 挨拶代わりの一撃を放ったミツキは、白に大剣の切っ先を向けて宣言する。

「今日から俺の肩書きは、英雄殺しだ」

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く