人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

「私たちも行きたいけど……」

「すみません、やっと準備できました!」

 ミツキたちがフレーリアから出発して1時間後。
 馬車のトラブルにより遅れていたメリアとソフィアも、ようやく王都に向けて出発する。

「すぐに追いつくよう、少し急ぎますね」

「ゆっくりでいいわよ。ねぇ、ソフィア」

「うん。景色を見ながら、ゆったり進も!」

「ありがとうございます」

 馬を操る男は焦っていたようだが、2人の言葉を聞くと落ち着いたようで、馬車の速度も安定する。

「王都楽しみだな〜」

「ソフィアも行ったことないの?」

「一応あるんだけど、ちゃんと見て回ったことはないかな。だからすごく楽しみ!」

「私もよ。王国の首都なんだし、さぞ賑わっているんでしょうね」

「着いたら一緒に観光しようね」

「いいわよ。ミツキも加えて3人で、ね」

「うんっ!」

 嬉しそうにはしゃいでいるソフィアを微笑ましそうに見るメリア。
 そんなふうに会話や景色を楽しんでいると、最初の街を通過する。
 今日の目的地はもう1つ先の街で、そこで一泊して翌日王都に着く予定だ。

「あとどのくらいだろう?」

「あと3時間ぐらいじゃないかしら」

 街で買った弁当を膝に置き、遅めの昼食を取りながらそんなことを話す。

「ん、あれ? おかしいな。なんでこんなところに兵士さんが……」

「兵士?」

「いたら変なの?」

「はい。この辺は魔獣なんて出ないと思うんですが……」

 2人が馬車から身を乗り出すと、確かに前方に1人の兵士が見える。
 こんな街から少し離れた場所に1人とは変だが、とにかく止まろうと馬車の速度を落とした時だった。
 兵士が手に持った槍を投擲した。

「え」

「ソフィア!」

「弾け!」

 狙いは男だったが、すぐにソフィアが前に出て槍を弾く。
 ギィィィンッ!!!
 と、聞いたこともない甲高い音がすると、ソフィアが衝撃で馬車の後方へ投げ出された。

「ソフィア、大丈夫!?」

「私は平気だよ。それより前を!」

「わかったわ。馬車を今すぐ止めて」

「ひいっ!」

 男は手綱を操り、急ブレーキをかけて馬車を止める。
 その間兵士はこちらの動向を見ているだけで、攻撃はしてこなかった。

「前の街まで逃げて。今すぐよ」

「で、ですが」

「足でまといなの。早く!」

「は、はい!」

 馬車から降りて男を前の街にまで返すと、ソフィアも隣に戻ってくる。

「怪我は?」

「左手がちょっと痛いかも。あんなに強い衝撃は初めてだよ」

「目の前にしたらわかるわね。あれは私たちの手には負えないわ」

 兵士は腰の剣を引き抜き、正眼に構えた。
 その一連の動きさえもが恐ろしいほど洗練されており、メリアは剣士として途方のない実力差を感じる。

「どうするの?」

「私が時間を稼ぐわ。ソフィアはミツキを呼んできて」

「1人じゃ危険だよ」

「知ってるわ。でも、ミツキ以外じゃあんなの歯が立たないわよ」

「……わかった。すぐ戻るね」

「頼んだわよ」

 メリアが刀を抜いて構える間に、ソフィアは靴を脱いで裸足になると、地面に魔法陣を浮かび上がらせる。

「弾いて!」

 地面と自分の足に磁力を付与し、反発させることで爆発的な速度を生み出す。
 一瞬で背中が小さくなったソフィアを見送り、メリアは目の前の敵に集中する。

「なんでソフィアを止めなかったわけ? さっきも追撃してこなかったし」

「何も、変わらない」

 話しかけてみると、兵士は顔こそ隠れてわからないものの、中性的な声で答えた。

「俺は、緑を救出する。何をしようと、その結果は、変わらない」

「緑? ウナアーダの兵士なの?」

「礼儀として、名乗ろう。俺は、ウナアーダ色の騎士、白」

「白……巫流剣士メリア。あんたを止めるわ」

 両者が名乗り、先にメリアが地面を蹴る。
 時間稼ぎのつもりだが、防戦一方になるつもりはない。
 攻撃を絶やさず反撃させないというのが、理想の時間を稼ぐ戦い方だ。

「巫流《流渦突りゅうかとつ》」

 繰り出すのは、勢いを乗せた突き技。
 剣で防ごうとしても弾き、次の攻撃に繋げられる技を選ぶ。

「遅い」

 だが、その考えは甘かったと痛感させられる。
 白は突きを簡単に受け流すと、流れるような動作でメリアの右肩を切断した。
 見蕩れるほど完璧な動作に、メリアは反応もできなかった。

「これで、終わり」

「終わってないわよ。巫流《雨突あまつき》」

「ん?」

 連続して繰り出される突きは全て受け流すが、それよりも目を引いたのはメリアの右腕だ。
 確実に斬ったはずの右腕が、何事も無かったかのようにくっついている。

「斬った、はずだが」

「斬れてなかったんじゃない?」

「ふむ……」

 少し考える素振りを見せた白だったが、次の瞬間消えた。
 そして同時に、メリアの左腕が宙を舞う。

(斬られた!? 何も見えなかったわよ!)

 反応もできずに左肩から先を斬られたが、肩と左腕、それぞれから細い触手が伸びて絡むと、左腕を引き寄せてくっつける。

「人間、ではないな。化け物の類の、ようだ」

「化け物はあんたでしょ」

 ウナアーダ最強の騎士である白のことは知っていたが、ここまで強いのは予想外だ。
 今も首を狙われず、様子を見られた。

「面倒な、相手だ」

「今の攻撃で首を狙わなかったこと……後悔させるわ。魔眼解放」

 メリアの深い青色の瞳が輝き、空神の魔眼が開放される。

「何か、変わったか?」

「鈍感野郎には動きでわからせてやるわよ!」

 最初と同じようにメリアが地面を蹴り、今度は右肩を狙って切り上げる。
 白も同じように受け流そうとするが、その動きを見たメリアは刀を止め、左足で上段蹴りを繰り出す。
 その蹴りも右腕で軽く防いだ白の顔面へ、右足でさらに上段蹴りを放つ。
 完璧な流れからの本命の蹴りだったが、白はそれすらも状態を逸らして避けると、剣を振ってメリアの腹部を切り裂いた。

「動きが、よくなった」

「斬られたけどね」

 後方へ飛び下がり、数秒で腹部の傷が塞がっていく。

「最初の、切り上げ。フェイントでは、なかったな」

「本気で斬るつもりたったもの。フェイントのつもりでやったら、あんたは防がないでしょ」

「その、瞳か」

 魔眼のおかげで動きは読める、体の調子も悪くない。

(なのに……勝てるイメージすらできない)

 前の世界から暗殺を何度も行い、こちらの世界では剣士として鍛錬を積んできた。
 そんな長い年月の中でも、ここまで実力の離れた相手はいなかった。

(今の私の全力を試すには、これ以上ない相手ね)

 大きく深呼吸を繰り返し、集中力を高めていく。

「もう、いいか」

「あら、待ってくれたの? 親切ね」

「騎士として、正々堂々と、戦うだけだ」

「あっそ。騎士様も楽じゃないわね」

 ソフィアがミツキを呼んでくるまで、まだしばらくあるだろう。
 刀を構え、メリアは地面を蹴り3度目の近接戦を仕掛けた。

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く