人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

フレーリア防衛戦③

「ここからだとよく見えるな」

 城壁の上で周りを見ながら、正面で行われている戦争に目を向ける。
 一時は左側が押されていたが、敵の指揮官が倒れたことで押し返している。

「多分メリアだろうな。ソフィアも活躍してくれてるし、頼りになる」

 右側も抜群の安定感で順調に魔族を倒しており、負けることはなさそうだ。

「やっぱり、あの戦力じゃ攻めきれないよな。敵もそれはわかってるはずだし……」

 やはり様子がおかしい。
 普通なら撤退すべき場面だが、どちらの軍も撤退する素振りを見せない。

「撤退しないのは勝てる見込みがあるから。けど、あの戦力じゃ正面突破は無理……別働隊?」

 そこまで考えると、ちらりと見えたメリアがこちらを向いている。
 何やらこちらに伝えたいらしい。

「指さしてるのか? 方向は……東か」

 メリアに伝わったと頷くと、フレーリアの東に向けて城壁の上を走る。
 兵たちは正面に意識が集中しており、それ以外は目に入っていなさそうだ。

「目立たない別働隊で、城壁を破壊できるだけの敵……」

 城壁を降りたミツキは、フレーリアの東にある荒野の先に2つの人影を見つけた。
 人影は顔がはっきりするまで近付くと、驚いたようにミツキを見た。

「なんか人いるけどぉ?」

「1人だろ。迷った子供じゃねーか?」

「でも武器持ってるわねぇ」

「なら敵だ。どうせ、俺らのやることは変わんねぇよ」

「それもそうねぇ」

 1人は緑色に淡く光る双剣を携えた、見るからに騎士風の男だ。
 もう1人は人間にはない角を2本生やしている鬼という種族の女性で、金砕棒を持っている。

「色の騎士と魔王軍幹部だな?」

「あらぁ、なんでバレたのかしら」

「2人だけでこの都市を攻略しようとしてるしな。そりゃバレるわ」

「なるほどねぇ。考えれば簡単だわぁ」

 騎士と鬼は納得したようで、それぞれ武器を構える。

「色の騎士団、『緑』のヨハン」

「魔王軍幹部が1人、レークイン」

「学園生徒、ミツキだ」

「学園の生徒? 半人前が俺らを止めるつもりかよ。ちょっと考える頭はあるらしいが、実力差もわかんねぇか」

「そうよぉ。命は大切にしないとダメ」

 ヨハンとレークインは、無駄な戦闘を避けるためかミツキに降参するように促す。
 それもそのはずで、2人からすれば学園の生徒など、赤子をあしらうように簡単に殺せる存在だ。

 ウナアーダと魔国にはそれぞれ、最高戦力が存在する。
 ウナアーダであれば、色の騎士と呼ばれる騎士の中でも群を抜いた強さを誇る騎士。
 魔国であれば、魔族を統率する魔王直下の幹部と呼ばれる者たちだ。

「お前らを通したら、どう足掻いてもフレーリアは落ちる。止めさせてもらうぞ」

「ほー、よくわかってんな。そうだ。俺らのどっちかでも中に入れれば、その都市は陥落待ったなしってわけよ」

 この発言ははったりではなく、それだけの力がこの2人にはある。

「じゃあ、私たちの邪魔をするつもりなのねぇ」

「当然だ」

 大剣を引き抜いて構え、2国の最高戦力と対峙する。
 こうして見ると、改めて目の前の2人の強さを感じとれる。

(今まで戦った人とは比較にならないな。今の戦力を全部ぶつけても勝てるかどうか……)

「仕方ねーな。死んでも恨むなよ」

「ごめんねぇ。すぐ殺してあげるから」

 2人は余裕そうな表情で、サクッと終わらせようとレークインが地面を蹴り、大上段から金砕棒を振り下ろす。

「こっちのセリフだ!」

 思えば大剣を握って本気で戦うのは、この世界に来て初めてだ。
 相手的にも地形的にも、手加減する必要はない。
 ダメだとわかりながらも、少しワクワクしてしまう自分がいる。

 ミツキの振り上げた大剣は金砕棒ど激突し、レークインの体を軽々と吹き飛ばした。

「あらぁ……私が吹き飛ばされた?」

「手を抜くなよ。俺がやる」

 綺麗に着地しながらも、冷や汗を垂らすレークインに嫌味を言いながら、今度はヨハンが双剣を素早く振る。

「オ、ラァ!」

 連撃を大剣で受けきり、一瞬できた攻撃の隙間を見切って蹴りを腹部へ叩き込む。

「ぐおっ!?」

 咄嗟に後ろへ飛んでいたか、派手に地面をゴロゴロと転がったヨハンは、ダメージはないものの目を見開いて立ち上がる。

「俺はお前らが思うほど弱くないぞ」

「ねぇ、これは手加減とか言ってる場合じゃないわねぇ?」

「らしいな。真面目にやるか」

 ミツキを敵と判断したようで、2人の顔つきが変わる。

「合わせろよ!」

「勝手ねぇ。まあ、連携とかできないしぃ」

 最初に素早いヨハンが飛び出し、少し遅れてレークインが続く。
 双剣の素早い攻撃で掻き乱し、金砕棒の強力な一撃で仕留めるつもりだろう。

「切り裂け、嵐の刃!」

 ただ一直線に向かってくるだけでなく、途中で双剣を振り激しい嵐の刃を繰り出す。
 岩をも紙のように切り裂く刃を前に、ミツキは大剣を構えて前に出た。

「バカかよ!」

 てっきり防御すると思っていたのか、ヨハンは一瞬驚くも足は緩めない。
 視認も難しい刃で足が止まったところを、一気に攻撃して崩す、というプランに変更だ。

「切り刻まれろ!」

「断る!」

 ミツキは嵐の刃が当たる直前で足を止め、大剣の背で正面を思い切り薙ぎ払う。

「そんな雑なやり方で防ぎやがって、ふざっけんな!」

「これが俺の防御なんだよ」

 勢いを乗せ、文句を言いながら振るわれる双剣を大剣を盾にし、腰を落とすことで防ぐ。
 ガァンッと強い衝撃が響くが、ミツキの体勢を崩すには至らない。

「そんな得物で俺に付いて来れるかよ!」

 それはヨハンもわかっていたようで、素早く横に回って再度双剣を振る。
 大剣の動きの遅さでは、この動きにはついていけない。

「なら武器を変えるまでだ」

 大剣を地面に突き刺し、素早くナックルダスターを両手に着けてヨハンと打ち合う。
 ガガガガガガガガガッ!
 双剣とナックルダスターの衝突する音が重なり、常人では見えぬほどの攻防が繰り広げられる。

「マジかよ、こいつ!」

「もらった!」

「がっ!?」

 この攻防はミツキに軍配が上がり、渾身の正拳突きが腹部へ突き出される。
 これは後ろへ飛ぶ暇もなかったのか、吹き飛ばされたヨハンは悶絶している。

「いいわねぇ。私とも勝負しましょうよぉ」

「言われなくてもぶっ倒す」

「うふ、嬉しいわぁ」

 立て続けに今度はレークインが、金砕棒を上段から振り下ろす。
 すぐに大剣を掴んだミツキは、これをがっちりとうけとめた。

「次は力自慢か」

「鬼ですもの。正面から相手してくれるのよねぇ?」

「上等だ」

 叩き潰そうと振り下ろされる金砕棒に、ミツキも正面から大剣をぶつける。
 小細工も読み合いもない、純粋な力勝負だ。

「おおおおお、らぁッ!!!」

「嘘でしょぉ?」

 鍔迫り合いのような形となり、これもミツキに軍配が上がり、レークインは金砕棒を弾かれがら空きの胴体をさらしてしまう。

「まず1人!」

「くぅ!」

 その胴を切り離そうと大剣を振るが、そう簡単にはいかないようで金砕棒で防御される。
 それでも衝撃は防ぎきれなかったのか、吹き飛ばされ地面を転がりながらもすぐに立ち上がる。

「あらあらあらぁ……」

「こいつ本当に生徒かよ。戦士団にもこんな強いやつはいなかったぞ」

 余裕だと思っていた任務が、予想外の敵の出現によって一気に難しくなった。

「ウナアーダと魔国の最高戦力はこんなもんじゃないだろ。本気で来い」

 2対1でなお敵を圧倒するミツキは、大剣を構え直して敵を見据えた。

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く