人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

フレーリア防衛戦②

「放てぇッ!!!」

「魔法使いは数回で補給に回れ! なるべく魔力を長持ちさせるんだ!」

「投擲部隊用意はいいな! 槍はいくらでもある。どんどん投げろ!」

「防御魔法が使えるやつを寄越してくれ! 魔族の魔法が強い!」

 敵軍を目指してから1時間後、ついに王国軍と魔族・ウナアーダ連合軍が交戦した。
 フレーリアから見て右側は魔国軍、左側はウナアーダ軍と分かれている。

「ソフィア活躍してるわね。私もそろそろ出番だし、張り切っていきましょう」

 上空を飛び交う魔法や槍を見ながら、メリアも準備を整える。
 敵軍はかなり接近しており、近接部隊も出番が近い。

「よし、私たち近接部隊は2隊に分かれ、魔族とウナアーダ兵の相手をする。狙うは大将首、気合いを入れろ!」

「「「おおっ!!」」」

 戦士団の隊長であるサクレットが先陣を切り、魔国軍へと向かっていく。
 メリアは反対のウナアーダ兵の相手だ。

「こちらも行くぞ! 俺に続け!」

 戦士団の男性が叫び、敵味方の入り乱れる戦争は本格化していく。

 * * *

「まさか、敵にあれほど長距離攻撃をしてくる者がいたとは.......」

 ウナアーダ軍の隊長を任されたバスカルは驚きを隠せなかった。
 なにせ、交戦距離ではないと判断した距離から攻撃を受け、数をかなり減らされたのだ。

「しかし、我らは退くわけにはいかん。まずはあの敵部隊をなぎ倒せ!」

「「「おおおおおお!!!」」」

 こちらへ近づいてくる王国の兵を視認し、部下へ支持を出す。
 そして王国とウナアーダの部隊が衝突し……王国の兵が大きく押された。

「女王の加護を受けた我々に、敗北はない!」

 ウナアーダ兵の振る武器は全て、淡い様々な色の光が宿っている。
 これはウナアーダ特有の技術によるもので、これによって戦力は大きく底上げされていた。

「進み続けろ! 王国に我々は止められないぞ!」

「怯むな! 押し返せ!」

 王国の兵も善戦しているが、如何せん武器の性能差が大きい。
 後方からの援護射撃もあるが、劣勢を覆すほどではない。

「数は少なくとも質で勝つ! ウナアーダ兵の力を見せるのだ!」

 どんどん前線を上げて押し込んでいくウナアーダ兵は、勢いに乗り簡単には止められそうにない。
 ならば、質にはより高い質をぶつける。

「な、なんだ!?」

「おい、そっちに敵が、ぐああっ!?」

「なん、がはっ!?」

「む、なんだ。何が起きた!」

 前線の一部。
 中央の勢いが止まり兵が慌てている。
 事態の把握のためにじっと中央を観察したバスカルは、驚きの光景を目にした。

「なんだ、あれは……」

 そこには鬼がいた。
 手に持つ刀が振られたと思えば、兵が複数やられている。
 止めようにもこちらの攻撃は完璧に避け、受け流され、反撃でまた兵がやられる。
 それをしているのは、1人の少女だ。

「質には質を。簡単な話ね」

 少女は1人でウナアーダ軍の深くまで切り込み、バスカルを視界に収めた。

「巫流剣士、巫メリア。推して参る」

「何者かは知らんが……全力で殺せ! 少女だからと甘く見るな!」

 周囲の兵が、一斉に少女へと襲いかかる。
 その驚異を認識したようで、本気で殺すつもりで武器を振る。

「巫流《乱れ飛沫みだれしぶき》」

 だがそれは、自ら死にに行く行為にほかならない。
 全方位に恐ろしい速度で放たれた突きは、的確に心臓や眉間といった急所を貫き、瞬く間に死体の山を積み上げる。
 命令されたからではなく、仲間と街を守るために刀を振る。
 そこに迷いはない。

「ぬううううん!」

「自分から来るのね」

「この軍を任された身として、これ以上の被害は出せん!」

 緑色の淡い光を宿した大剣を、大きく後ろに飛んで避ける。

「良い指揮官ね。だけど、国を守るためにここで死んでもらうわ」

「小娘にやられるほど、俺は鈍ってはおらんぞ!」

「それは楽しみね」

「ふぅん!」

 バスカルは地面を抉るのも関係なしに、大剣を上下左右に振り回す。
 雑に見えるがその一撃一撃に風の魔力が込められており、近づいた兵士が風圧で体勢を崩され、体を両断されている。

「攻撃は最大の防御ってやつかしら。ミツキもそんなこと言ってたわね」

「ははははは! 『緑』の加護を受けた私からは逃げられんぞ!」

「ほんとに不規則に振り回してるのね。仕方ない。疲れるけどやるわよ」

 ずっとバスカルから距離をとって回避していたメリアが、足を止めて刀を正眼に構える。

「諦めたか!」

「魔眼解放」

 目を閉じ、再び開いたメリアの瞳は遠目からでもわかるほど輝いている。
 既に眼前にまで迫っていたバスカルもそれは確認したが、攻撃を続行する。
 メリアの華奢な体を両断しようと迫った大剣は、恐ろしくあっさりと刀に受け流された。

「バカな!?」

「扇風機かしら。でも今はいらないわ」

 攻撃を何度続けても、思考が読まれているのではないかと思うほど完璧に受け流される。

「貴様なぜ受け流せる!」

「見えてるからよ」

 メリアは生まれながにしてその瞳に魔眼を宿していた。
 空神からがみの魔眼と呼ばれるそれは、常人には見えない空間の流れを視認する。
 本質的な能力はまた別にあるが、この空間を視認する力とメリアの反射神経によって、敵の攻撃は完璧に受け流されることとなる。

「色の騎士様以外には止められたことのない技だぞ! 貴様はそれほどの実力者だというのか!」

「よくわからないけど、少なくとも私はあんたより強いわよ」

「おのれ……おのれぇッ!」

「巫流《流渦突りゅうかとつ》」

 最後の足掻きか、渾身の力で振り下ろされた大剣すらもメリアに受け流され、代わりに胸の中心へ突きが放たれる。
 バスカルにそれを防ぐ術はなく、口から血を吐き己の死を悟る。

「すみ、ません……ヨハン、様……」

 倒れる間際、バスカルの口から漏れた小さな言葉と目線を、メリアは見逃さなかった。

「東……ミツキの勘は当たりかもね」

 視線の先が気になったが、単独行動をしているミツキがいるため、問題はないだろう。

「私は私のやることをしないとね。敵指揮官は討ち取ったわ! 押し返しなさい!」

「学園の生徒がやったぞ!」

「俺達も負けてられねぇ。お前ら根性見せろ!」

「「「うおおおおおおおおおお!!!」」」

 刀を掲げ、味方を鼓舞するメリアに応じるように王国軍が息を吹き返す。

「ここはもう問題なさそうね。次に行きましょ」

 戦況は王国軍が優勢になってきた。
 あとは特に目立つ実力者もいなさそうなため、メリアは右側の魔国軍側へと走る。

「魔国の方はどうなって……」

 手遅れになっては大変だと急いだメリアだったが、右の戦場では王国軍が圧倒していた。
 一糸乱れぬ動きと魔法に対する的確な対処は、魔族に反撃の機会を与えずどんどん押していく。

「慌てず攻めろ。確実に的確に、訓練で培ったことを発揮しろ!」

 先頭で指揮を取るサクレットは、流れるような動作で自ら剣を振り魔族を倒している。
 戦況を広く見て援軍を送る、細かく鼓舞をして士気を下げないなど、サクレットは指揮官として非常に優秀だ。

「ミツキが負けないって言ってたのも納得ね」

 今の安定感こそ、戦士団の本来の姿なのだろう。
 元々数が多いことと魔法対策が万全なこともあり、魔国軍に負けることはなさそうだ。

「敵の指揮官も強そうだけど……あんまりでしゃばるのもよくないわね」

 右の戦場に助けが必要なしと判断すれば、メリアは自分の持ち場である左の戦場に戻る。

「あとはミツキ次第、かしら」

 フレーリアの東、何もないはずのその場所を見ながら、小さく呟いた。

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く