人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

巫流

「巫流の私を敵に回す意味、わかっているだろうね」

「知らねぇよ。俺は別の世界出身なんでな」

「ならば、その身に教えてやろう! 巫流《流渦突りゅうかとつ》」

 霞の構えと呼ばれる地面と刀を平行にする構え方で、地面を蹴る。
 その勢いを乗せて放つは、首元を狙った鋭い突きだ。
 刀で下から弾こうと振り上げるが、刀が触れ合った瞬間に回転を加えられ、逆に弾かれ体を大きく反らせてしまう。

「っ!?」

「暗殺者が正面からでは弱いと思ったか!」

 素早い攻撃に、時折混ぜられる致命傷を狙った本命の鋭い攻撃。
 緩急を上手く使い、リズムを作って反撃の隙を与えない。
 メリアが言ったように、ラルフは暗殺者としても剣士としても一流なのだろう。

「防戦一方とは、刀は使い慣れていないようだね」

「さて、どうかな」

「強がりは必要ない。この状況が答えだ!」

「うおっと」

 大振りの切り上げを刀で受け、自分から後ろに飛ぶことで衝撃を緩和する。

「いつまで耐えられるだろうね。巫流《畝り波衝うねりはしょう》」

「ぐっ!?」

 今度は横からの刀身が上下に揺れる大振りで、防ごうと腰を落として刀を盾のように横に構えたが、それでも体が一瞬浮かされ危うく体勢を崩しそうになる。

「巫流か。技は洗練されてるし、それを生み出した先人には敬意と尊敬が持てる」

「ほう、褒めて命乞いでもする気かい?」

「ああ、今の使い手が悪いこと以外は完璧だ」

「っ、そんなに死にたいか!」

「その技はお前が使うには不相応なんだよ!」

 再度2人が激突し、絶え間ない攻撃を繰り返すラルフと、それをひたすら弾き受け流すミツキの怒涛の攻防が続く。
 苦しそうな表情をしているのはミツキの方で、今も蹴りでどうにか距離を取った。
 誰がどう見ても劣勢と言わざるを得ない。

「ミツキ……」

「心配すんな。すぐ逆転するよ」

「カッコつけようとしても、すぐに負けて恥を晒すと思うがね」

「俺はな、最近防御中心に戦うようにしてるんだ。防御下手だからな」

「今度は言い訳かね?」

「戦い方を戻すんだよ。第一権能解放!」

 ミツキの声に応え、太陽神の権能が解放させる。
 凄まじい熱を持った炎が溢れ、手に持った刀がそれを纏う。

「攻めまくる!」

「なっ!?」

 言葉が終わるより早く、強く踏み込んだミツキが間合いまで接近していた。
 避ける無理と受け流すため刀を斜めに構えたが、それは間違いだったと気付く。

「ウ、ラァッ!」

「流せない!?」

 ミツキの攻撃はあまりの重さに受け流せず、大きく吹き飛ばされ壁に叩きつけられる。

「ガハッ! ぐ、この!」

 背中に強い衝撃を受けてもすぐに立ち上がり、反撃しようと地面を蹴れたのは、相手を必ず仕留める暗殺者としての意地だ。

「おおおッ!」

「やられるかよ!」

 だが、ミツキはラルフの怒涛の攻撃を全て弾き、逆に攻勢へ転じて追い詰めていく。

「ぐ、くくくっ!」

「どうした、メリアの方が強かったぞ」

「私は巫家の当主だ! お前のような雑魚に負けるわけがない!」

「俺は負けるわけにはいかない。炎武」

 ラルフの刀を強く弾いて距離を取り、刀を持つ手に力を込める。
 すると炎は刀と一体化するように収束され、火力が上昇していく。
 天界の鍛錬で編み出した、ミツキだけの技だ。

「《火灼熱扇かしゃくねっせん》!」

「があああッ!?」

 地面スレスレを通り振り上げられた刀は、前方へ扇状の炎を放つ。
 既に攻撃動作に入っていたラルフはそれを避けることができず、炎に焼かれてのたうち回る。

「はぁ、はぁ……くそ!」

「まだ戦う気か」

「メリア! 首断! 目の前のそいつを殺しなさい! 殺戮兵器だろう!」

「私は……」

 左腕にひどい火傷を負ったようだが、まだ動くようで刀は握っている。
 しかし、1人では勝てないも悟ったようでメリアに助けを求める。
 メリアは俯き、どうすればいいのか悩んでいる様子だ。

「メリア、良い刀だな。ありがとう」

「え」

「どうするか、お前が決めるんだ。言われたままにやるんじゃなく、自分の気持ちに素直になってな」

「私の気持ち……」

 じっと刀を見つめていたメリアだが、やがて受け取ると椅子から立ち上がり、歩いてラルフと対峙する。
 その瞳には、強い意志が秘められている。

「お父様、私はあんたの言いなりにはないないわ!」

「メリア……お前を育てたのは誰だと思っている! その体は、私が育てたからこそだろう!」

「こんな呪いを植え付けておいて、よくそんなことが言えるわね。この際だからはっきりしておくわ。私は暗殺者にはならない!」

「聞き分けの悪い子だ。だったら、どちらが上かわからせてあげよう」

「望むところよ」

 2人が同時に地面を蹴り、刀が衝突する甲高い音が響き渡る。
 巫流は技の威力よりも、精密さと速さに重点を置いており、音は絶えることがない。

「はああッ!」

「ぐっ!?」

 この攻防の優位はメリアだ。
 1つ1つの動作の流麗さ、正確さ、反射速度まで圧倒的に上回っている。

「何故だ、何故私が押される。傷のせいか」

「お前よりメリアが強いってだけだろ。メリアはな、学園でもずっと努力してたんだぞ」

 授業だけでなく、朝と夜もメリアが刀を振っていたのをミツキは見ていた。

「笑わせるな! 傷さえ治っていればお前など」

「それは言い訳でしょ。それに、私は万全の状態でも負けないわよ。私の方が強いんだから」

 ガギッと鍔迫り合いの形になり、互いに押しあって距離ができる。
 互いに考えることは同じ、次の一撃で終わらせるつもりだ。

「私こそが巫流の正当後継者だ! 娘のお前が私を超えるなど、あってはならない!」

 ラルフは腰を落として右手を後ろに下げ、左手を開いて切っ先に添える。
 一番自信のある突きの構えだ。

「あんたを親だとは思わないわ。私は自分で、この縁を断ち切る!」

 メリアは脱力するように刀を下げて構え、深く呼吸を繰り返し神経を研ぎ澄ます。
 勝負は一瞬だ。

「「巫流」」

 同時に地を蹴り、その距離が縮まっていく。

「《水束穿すいそくせん》!」

「《波朧なみおぼろ》」

 貫通力のみを追求した突きと、揺れ動き狙いを絞らせない鋭い斬撃が放たれる。
 キィィィンッと一際甲高い音が鳴り、2人の刀が交差した。

「ゴホッ」

 血を吐き膝をついたのは、ラルフだった。
 メリアを見れば、刀は折れているがその体は無傷だ。
 刀はミツキの使い方が悪いために、限界が来ていたのだろう。

「私の勝ちよ」

「……そうか」

 己の腹部から飛び出た臓物を見て、自分の死が覆せない事実だとわかる。

「だが、覚えておくといい。お前のその体は、戻ることはない」

「絶対なんてないわ」

 メリアはラルフの刀を拾い上げ、ゆっくりと振り上げる。

「さよなら」

「お前が苦しんで死ぬのを楽しみにしていよう」

 振り下ろされた刀は、ラルフの首と体を断ち切った。

「……今までありがとう、お父さん」

 死人となった父に最後の別れを告げ、刀を鞘に戻して丁寧に置く。

「終わったか?」

「ええ。迷惑をかけたわね」

「迷惑じゃねぇよ。メリアのためだしな。それより刀壊してごめんな」

「いいわよ、あれぐらい」

 ニカッと笑っ後に謝るミツキに、後ろめたそうな暗い表情をしてしまう。

「その……私はまだ、仲間でいいのかしら」

「は? 何を言ってんだ。当たり前だろ」

「っ、そう。なら私の目的にも協力してもらうわよ!」

「お、偉そうなメリアが戻って……泣いてんのか?」

「泣いてないわよ!」

 ふいっとそっぽを向きながら歩くメリアを、武器を回収したミツキが追う。
 照れて怒るメリアは、演技も理由もなく心の底から感情を晒した。

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く