人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

首断

「はー、今日も美味しかった」

「そうでしょそうでしょ。私も腕を上げてるからね!」

 寮の自室でソフィアの作った夕食を食べ終わり、洗い物を手伝う。
 最初は私がやると言っていたソフィアだが、ミツキとしてはこれくらいやらないと申し訳なかった。

「そういえば、メリアには会えた?」

「いや、あれから見てなくてな。まだ会えてない」

「そっか。別の授業を受けてるのかな」

「だと思うんだけどな」

 ここ3日間、近接戦闘の授業を受けてメリアを探したのだが、姿を見ることはなかった。
 2人は洗い物を終え、ソファーに座ってくつろぐ。

「んー、あ、そういえば鍛冶屋さんに頼んでた武器、今日受け取るんだった。ちょっと行ってくるね」

「新しい武器!」

 武器という言葉を聞き、ミツキの中にある男の子としての本能が興奮する。

「ミツキって、子供っぽいところあるよね」

「子供だからな。というか、外も暗いんだからついて行った方がいいだろ?」

「もー、大丈夫だよ。私だって最近魔法を使いこなせるようになったから、かなり強いんだよ」

「ソフィアがそう言うならいいけど、気をつけろよ」

「はーい。じゃあ行ってくるね」

「おう、行ってらっしゃい」

 念の為短剣を腰に装備し、学園を出て鍛冶屋に向かった。

 * * *

「ふっふふーん。装備もばっちり、これで私も強くなった!」

 特に問題なく無事に新しい装備を受け取ったソフィアは、足取り軽くスキップをしながら帰っていた。
 今夜は月明かりがほとんどなく、夜も遅いため周りに人はいない。

「急がないとミツキが心配しちゃうかな。ふふっ、ミツキは私のこと好きだからな〜」

「それはそれは、微笑ましい関係ですね」

「だれ?」

 背後から突然話しかけられ、瞬時に短剣を引き抜きながら距離をとる。
 視線の先には、鬼の面をつけた人が刀を持って立っていた。

「暗殺者“首断”と申します」

「暗殺者さんが私に用事?」

「はい。学園の生徒であるソフィアとお見受けしました。その命、頂戴致します」

 そう言うと、首断は地を蹴って接近してくる。
 直線的な動きだが、代わりに異常なほど速い。

「なんだか知らないけど、殺されるわけにはいかないよ! 弾け!」

 だが、直線的ならば対応できる。
 ソフィアは短剣の切っ先を首断へと向けると、魔法を発動する。
 首断は既に刀を振り上げていたが、なにかに弾かれたように大きく吹き飛ばされた。

「魔法……厄介なものを」

「これは正当防衛だから、覚悟してよ!」

 距離ができたことで、ソフィアに準備をする時間が生まれる。
 鍛冶屋から受け取った袋の中身、大きな杭を右手に持つ。

「杭?」

「痛い思いしても知らないからね!」

 左手の短剣の切っ先を首断に向け、右手の杭を後ろへ下げている。
 その姿は、弓を引き絞っているように見える。

「弾け!」

「飛び道具……磁力か斥力?」

 まるで見えざる力に弾かれたように飛翔する杭を刀で弾き、敵の使う魔法を予想する。
 そしてその予想通り、ソフィアの使う魔法は磁力魔法だ。
 とはいえ、ただ磁力を操るだけではない。

「戻って」

 短剣の切っ先を放った杭に向けると、杭は引き寄せられるようにソフィアの右手に収まる。

「もしも磁力なら……これは邪魔ですか」

「うええ、バレた」

 刀を投げ捨てた首断を見て、ソフィアは露骨に嫌そうな顔をする。
 最初に弾けたのは刀があったからだが、それを手放したなら同じ手は使えない。

「今度こそ、殺します」

「死なないったら! 弾け!」

 これで邪魔なものはなくなった。
 次こそ殺すと杭を最低限の動きで避け、右手の手刀を腹部に突き出す。
 肉体は磁力が影響することもなく、手刀はソフィアの肉体に当たりーー弾かれた。

「どうして……」

 予想外の出来事に驚くが、確認のために今度は得意な蹴り、それも威力の高い上段回し蹴りを繰り出す。

「きゃっ!?」

「また弾かれた」

 腕で防御はしたようだが、蹴りは完全に当たっていた。
 だというのに、ソフィアは軽く飛ばされて直ぐに立ち上がる。
 骨ぐらいなら簡単に折れるはずだが、どうにも当てた瞬間に反発するようにして弾かれている。

「何をしたのですか?」

「いたた……教えるわけないじゃん」

 大きなダメージもなさそうな余裕の表情で短剣を構えるソフィアだが、内心では焦りが生まれていた。

(うー、痛いなぁ。このままだとジリ貧だし、勝ち目はないかも)

 魔法の詳細がバレていない今は優勢だが、これもいつまで持つかわからない。
 ソフィアには一撃で相手を倒せるような技はないため、時間を稼いで逃げることに考えを切替える。

「そうですね。弾かれても、それ以上の威力と手数で押し切ればいいのですから」

 首断が体を沈め、地を這うように駆け出す。
 ほとんど視認できないが、それでも対処しようとソフィアが手を出したところで、2人の間に上空から人が降ってきた。

「おおおッ!」

「っ!?」

 自由落下の勢いを乗せた拳をバックステップで躱した首断だが、自分がいた場所に大きくヒビが入ったのを見て息を飲む。

「大丈夫か、ソフィア」

「ミツキ! 来てくれたんだね」

「武器が見たかったのと、お前が心配だったからな。あいつは?」

「首断って暗殺者だって。すごく強いよ」

「暗殺者? 誰かに雇われてるのか」

 そんなことを考えさせる暇も与えないように、首断が接近して蹴りを放つ。

「援護頼んだ!」

「りょーうかい!」

 ミツキは1歩前に出て蹴りを受け止め、肉弾戦を繰り広げる。
 拳と蹴りが交差し、生身とは思えない重い音が接触の度に響く。

(正面からやって殴り勝てないのか。というかこの蹴り……)

 先程から何度か勝負を決めようと重い一撃を放っているが、その度に蹴りで上手く流されている。
 攻防を重ねるうちにその蹴りを受けたことがある気がしたが、今は倒すことが優先だ。
 半歩下がって体を横に向け、首断への射線を通す。

「弾け!」

「ぐっ!?」

 ピュン、と鋭い風切り音を立てて放たれた杭は、真っ直ぐ首断の顔面へ向かっていく。
 肉弾戦で重心が前のめりになっていたようだが、わざと大きく蹴り上げることで無理矢理上体を後ろに逸らす。
 だが、完全に避けることはできなかったようで鬼の面が割れる。

「はぁ。やっぱり実力を隠してたのね」

「暗殺者って……お前かよ」

 素顔がバレた首断は、口調をいつも使っているものへと戻す。
 空色の髪と夜でも目立つ深い青色の瞳は、見間違うわけもない。

「メリア」

 会いたがっていたメリアは、よりにもよって敵として再開することになった。

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く