人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

人攫い

「国は5つで、魔法の種類は不明。銃なんかの兵器はなし、と」

 寮の自室で紙とペンを持ち、授業で学んだことをまとめていく。
 ここ数日授業を受けまくり、この世界の常識的なことはわかってきた。

「学園を教えてくれたソフィアには、感謝してもしきれないな」

 学園で教わることのできる情報は、ミツキの予想を遥かに超えて多かった。
 衣食住の問題も、学園が金欠の生徒用に、魔物の討伐任務などを出してくれるため困っていない。

「さて、どーすっかな」

 今日は学園は休み。
 特にやることも思いつかなかったが、情報集めも兼ねて街に出てみる。
 このフレーリアは隣接する魔族が支配する国、魔国との最前線であり、城郭都市の名前通り高い城壁が囲んでいる。

「すごいなこの壁。何年かかったんだろ。ん?」

 初めての異世界での街、情報集めも早々に忘れて観光していると、遠くに見覚えのある人影を見つける。

「あれってソフィアだよな。おーい」

 それは初日に男から助けたソフィアであり、1人だったため声をかけようとした、その時だ。

「きゃっ!?」

 横の細い路地から腕が伸び、ソフィアが攫われた。

「……いやいやいやいや!」

 あまりにも突然のことに反応が遅れたが、正気に戻ると、すぐに攫われた場所まで行って路地を見る。

「くそっ、どこだ!」

 反応の遅れが致命的だったか、既にそこにはソフィアの姿がない。
 この街のことをよく知らないミツキには、もう探す手段がない。

「諦めねえぞ!」

 それでもソフィアを探すため、ミツキは街を奔走する。

 * * *

「んむー!」

 口をテープで塞がれ、手足を縛られたソフィアは小脇に抱えられて運ばれる。
 男は2人、抱えるのを交代しながら走ることでペースを落とさない。

「大人しくしてろ!」

「んぐっ!?」

 必死にもがいていると、鬱陶しそうな顔をした男に腹を殴られた。
 かなり強く殴られ、吐き気がしてくるがぐっと我慢する。

「それにしても、レオさんが少女趣味だったとはな」

「それ以上は言うな。命は惜しいだろ」

「確かに」

 男たちが口にしたレオという名前を、ソフィアは聞いたことがあった。
 数日前、無理やり引っ張っていこうとしたところを、ミツキが殴ったあの傭兵だ。

 レオはかなり前にソフィアを買おうとしたのだが、断られて怒り狂っていた。
 それでも奴隷商人に手を出すのは堪えていたが、代わりに学園に入ったソフィアを何度も殴り、剣で斬って遊んでいた。
 その傷は、今も生々しくソフィアの体に残っている。

(じゃあ、今から行くのは……)

 レオの元へ向かう、それはわかった。
 だが、どうにも走っている道がおかしい。

(このままだと、街の外に出ちゃう!)

 引き渡し場所は街の中だと思っていたが、甘かった。
 男2人はソフィアを袋に詰めると、片方が門番の目を引き付け、もう片方が素早く門を出て手馴れた様子で街を後にした。

「んー! んー!」

「マジでうるせえな、黙れよ!」

「んん!?」

「おいやめろよ、傷をつけるな」

 イライラした様子でソフィアを殴る男を、門番を引き付けていた男が止める。

「商品じゃなけりゃ殺してやったのにな」

「こんなので金が貰えるんだから、安いもんだろ。お前はもっと怒りを抑えろ」

「ちっ、わかったよ」

 痛みに悶えながら男たちの話を聞いていると、走る速度が緩み、やがて止まる。

「レオさん、連れてきましたよ」

「おう、ご苦労だったな」

 どさりと袋から地面に出され、見上げた視線の先に立つのは、フル装備した傭兵レオだ。

「約束の金だ」

「どうも。これからどうするんで?」

「法国に向かう。そこから海を渡って帝国でしばらく暮らす」

「あー、帝国なら傭兵は歓迎でしょうね」

「ウナアーダ方面には魔国があるしな」

「そういうことだ。じゃあ、こいつは貰っていくぞ」

「人攫いをする時は、どうかまたご贔屓に」

「ああ、感謝するぜ」

 手に入った奴隷の少女のコートを剥ぎ取り、下卑た視線を向ける。
 少女を虐待することに快感を感じる変態ーーレオはこれからの事を考えただけで、笑みがこぼれる。

(そっか、私はこの人の奴隷になるんだ)

 どうにもならない現実を前に、ソフィアは諦めたように考える。
 思えば両親をなくして奴隷となったが、誰にも売られずそれなりの日々は過ごせた。

(仕方ないよね、私は物だもん)

 フレーリアはもうかなり遠くに見えている。
 こんな場所は探される訳もなく、探してくれる人もいない。
 この残酷な運命も仕方がないのだと受け入れーー

「待てやオラアアアアアアアアアアッ!!!」

 立ち去ろうとするレオたちへ、怒号が響き渡る。
 驚いたソフィアが声の方向を向けば、城郭都市からこちらへ疾走してくる人が見えた。
 声の主ーーミツキはあっという間に追いつき、レオと人攫い2人から悪意が出ているのを確認する。
 そして傷だらけのソフィアを見つけると、込み上げてくる怒りを噛み締め睨みつける。

「俺の恩人に手を出しやがって、覚悟は出来てるんだろうな」

「あの時の偽善者か。人攫いども」

「いやいや、つけられてないですから」

「どうやって俺たちを見つけた?」

 人攫いの男たちは不思議そうに尋ねる。
 仕事は完璧にこなしたはずだ。

「ソフィアが攫われることは見てた。それで城壁を登って探してたら、街の外に走っていくお前たちを見つけたんでな。装備整えて来たんだ」

 探した方法を素直に答えると、人攫いたちだけでなく、レオとソフィアも口をぽかんと開けていた。

「城壁を登るだと? ありえねえ」

「嘘もいい加減にしておけ。どうせ、たまたま俺達が門の外へ出て行くのを見てたんだろ」

「は? 何を言って」

「おい、仕事はしっかりやれ」

 何をそんなに疑問に思っているのかと聞こうとしたが、レオが先に人攫いの男たちへそう言い、ソフィアの前に立つ。

「もちろんですよ。信用問題に関わるんでね」

「さっさと殺して、それで終わりだ」

 男たちはミツキを殺すことにしたようで、それぞれ剣とナイフ2本を構える。

「全員殴り倒して牢屋にぶち込んでやるよ」

 ミツキも大剣を鞘から抜き、正眼に構える。
 3人が動きを探り合いーーナイフを持った男が動いた。

「シッ!」

 素早く投擲されたナイフは、直線的な軌道を描きながらミツキに迫る。
 かなりの投擲速度だが、ミツキは容易く見切ると大剣の背で弾く。

「真っ二つにしてやる!」

「死にやがれ!」

 速度が自慢なのか、その間に接近していた男たちが、剣を上段から振り下ろし、右方向からもう1人がナイフを首筋に突き立てようとする。

「死ぬのは、お前らだ!」

 2方向同時攻撃。
 これを裁くのは至難の業であり、実際に2人はこれで何人も邪魔な人間を殺してきた。
 今回もこれで終わり、その考えを覆すように、弧を描くように振られたミツキの大剣が、剣とナイフを砕く。

「なっ!?」

「砕けっ!?」

 弾かれる可能性はあれど、まさか武器を砕かれるとは思っていなかったのか、人攫いたちは文字通り、度肝を抜かれる。

「こんな攻撃、姉さんと比べれば赤子みたいなもんなんだよ!」

「がはっ!」

「ぐっ!?」

 ミツキにとって、こんな攻撃はヘルミーネの足元にも及ばない。
 それから戦闘中だというのに、驚いて動きの鈍くなった人攫いたちへ大剣の峰打ちを叩き込むのは簡単だった。

「峰打ちだから、殺せないんだけどな」

 骨は何本か折れているだろうが、死んではいないだろう。
 気絶した人攫いたちを一瞥し、今度はレオへ大剣を構える。

「次はお前だ、ゲス野郎!」

「偽善者が……!」

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く