人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜

水泳お兄さん

死んだので天界で鍛えます

 普通に勉強して部活もして、青春しながら学生時代を過ごす。
 卒業後は大学に進学して就職し、結婚して人並みの幸せを掴む。
 それが当たり前だと思っていた。

 だが、12歳の頃に難病にかかり、余命宣告までされて生きる希望を失った。
 この世の理不尽を恨み、看取る両親に親孝行できないことを悔やむ。
 享年17歳、斉藤光樹さいとうみつきは息を引き取った。

 ああ、もし叶うのならば、もっと長く行きたかったと願いながら。

「……どこだ、ここ?」

 目が覚めると、真っ白な部屋の中で椅子に座っていた。
 あまりに突然の出来事に、周りを見回すだけで体が動かない。

「初めましてじゃな。斉藤光樹」

「うおっ!?」

 突然声をかけられて驚いたが、顔を上げると最初からいたらしい、白髪の初老の男性が座っていた。

「わしはウール。天界で最高神をしておる」

「天界? 最高神?」

「混乱しておるようじゃな。斉藤光樹よ、お主は自分が死んだことは理解しておるか?」

「それは……はい。覚えてます」

 自分が死亡した自覚はある。
 衰弱していく体に、冷たくなっていく四肢。
 あの感覚は二度と忘れないだろう。

「あれ? でもなんで俺生きてるんだ?」

「いや、お主は死んでおる」

「じゃあ、なんで俺はこんなに元気なんですか?」

「それなんじゃが、斉藤光樹よ。お主、人生の続きを送るつもりはあるかのう?」

「俺の人生の続き?」

「わしはお主のように、若くして死んでしまう人間が不憫じゃった。そこで、条件付きではあるが、生き返らせて世界を転移させることで、人生の続きを送る方法を考えたんじゃ」

 人生の続きを送ることができる。
 それは悔い多く死んでしまった光樹にとって、魅力的な話だった。

「詳しく教えてください」

「うむ。いい返事じゃ。ではまず転移の条件じゃが、わしからお主に依頼したいことがある」

「依頼ですか」

「実はお主を転移させる予定の世界なんじゃが、どうにも様子がおかしくてのう。異常事態が連続しておる」

「その、異常事態っていうのは?」

「わしら神に匹敵する強さを持つ生き物がいたり、悪魔が出現したりじゃな」

「あの、聞きたいんですけど、その世界ってどんなところなんですか?」

「そうじゃな、お主のいた世界と違うのは、魔力が存在することじゃ」

「魔力!」

 思春期真っ盛りの光樹は、魔力という言葉を聞いただけで興奮する。
 しかも、これからそのせかいにいけるというのだから。

「そのせいで生態系もかなり違ってのう。争いも絶えんし、物騒な世界じゃぞ」

「あれ……俺ってそんな世界に放り込まれるんです?」

 間違いなく即死する。
 せっかく人生の続きが送れても、すぐに死んでも意味がない。

「そこは心配ない。お主には、とびきり強い力を与えるつもりじゃからな」

「それって、チートみたいな能力のことですよね」

「チートかどうから知らんが、ちょうど太陽神の権能が空いておってな。半人半神になるが、それでもよいか?」

「太陽神! それで大丈夫です!」

「使いこなすことができれば、お主の大きな力になるじゃろうな」

 キラキラと目を輝かせる光樹を見て、ウールは満足そうに頷く。

「では、早速力を与えよう」

 ウールがそう言って光樹に手をかざすと、温かな光が包み込む。
 光は光樹の中に吸収されるように溶けて消え、やがて全ての光が消える。

「どうじゃ、なにか悪いところははないかのう?」

「なんか、こう、力が湧いてくる感じがします。あと、体が熱いです」

「うむうむ。しっかりと太陽神としての力を受けた証拠じゃな」

 ウールは笑顔で頷いているが、光樹には不安と違和感が胸に残る。
 それが何かを考えているうちに、どこから取り出したのか、ウールが杖を持ってくる。

「あとは、わしがお主を異世界に送れば完了じゃ。では、いくぞ」

「ちょ、ちょっと待ってください!」

「どうしたんじゃ?」

 なにやら自分の足元に魔法陣が出現したのを見て、咄嗟に声を出す。

「1つだけ、俺のお願いを聞いてもらってもいいですか」

「聞くだけ聞いてみよう」

「俺を鍛えてください」

 違和感の正体、それはただ力を与えられただけというこの状況だった。
 こんな状態で異世界に行けば、力の使い方がわからずに死ぬか、力に溺れて調子に乗って死ぬかもしれない。
 そんな簡単なミスを防ぐため、まずは基礎から鍛える。

 全ては死なずに、人生の続きを送るため。

「変わったことを言うんじゃな。与えた力では不満か?」

「いえ、そうじゃないんです。俺は人生を続けられるなら、あっさり死んだりして終わらせたくない。そのために、万全を尽くしたいんです」

「……よしよし、そういうことならわかった。幸い、天界は下界よりも時間の流れが遅い。満足するまで、天界でじっくり鍛えるといい」

 ウールは少し考える仕草を見せたが、やがて好々爺のような笑みを浮かべて承諾してくれた。

「ありがとうございます!」

「しかし、1人で鍛えるのは効率が悪かろう。ヘルミーネ」

「呼びましたか?」

 ウールが名前を呼ぶと、数秒と待たずに1人の女性が現れる。
 紫紺の髪と瞳を持つ、絶世の美女という言葉がふさわしい人物だ。

「ヘルミーネ、お主に光樹を鍛えてほしい。ついでに、この世界についても教えてやってくれんか」

「んー……半人半神ですか」

「そうじゃ。太陽神の権能を4つとも与えてある」

「権能を全部……はあ、わかりました。ウール様のわがままは今に始まったことじゃないですし」

「よろしく頼むぞ。では光樹よ、あとのことはヘルミーネに聞くとよい。わしは仕事に戻る」

 口早にそう言うと、ウールは白い部屋を出ていった。
 あとにはヘルミーネと光樹だけが残り、美女の目の前ということで、光樹は緊張で喋れなくなっている。

「さ、まずは自己紹介といきましょ。私はヘルミーネ、死を司る女神よ。あんたは?」

「斉藤光樹。人間……じゃなくて半人半神です」

「漢字は面倒だから、今からカタカナでミツキって名乗りなさい。あんたの行く世界にも、漢字は存在しないから」

「わかりました。ヘルミーネさんのことは様付けした方がいいですか?」

「そんな呼ばれ方嫌よ。私たちは姉弟みたいなものだし、気軽にヘル姉さんって呼びなさい。あと敬語も禁止ね」

「え」

 どうやらヘルミーネはミツキに対して悪い感情はないようで、比較的フレンドリーに接してくれるようだ。
 それが逆にミツキを困惑させるが、それとは関係なく話は進む。

「私の言うことは絶対よ。ほら」

「わかりまし……わかった、ヘル姉さん」

「うんうん。じゃあまずは適当に実践方式で実力を見ましょうか」

「うえ、いきなり!?」

 言われるがままミツキは広い闘技場に連れていかれ、剣を1本渡された。
 そこから体がボロボロになるまでヘルミーネにしごかれ、天界での修行の日々が幕を開けた。

「人生の続きを異世界で!〜天界で鍛えて強くなる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く