深淵のアンセム

ケッキング祖父

プロローグ

ーーキーンコーンカーンコーン

と日本の学生なら聞き慣れているであろう音色が今日も鳴る。いつもと何ら変わりない音だったが、今日この時間においては、とある男子生徒にとって特別な意味を持っていた。

「ありがとうございましたっ!」

そう言うと誰よりも早く教室を出て帰路につく。

僕の名前は後藤将豪ごとうしょうご。平凡な高校三年生だ。今日は金曜日で、僕の通う高校に忌むべき伝統として存在する土曜補習もないため、明日は完全にフリーだ。
今日は明日がオフなのを良いことに録り溜めておいたアニメを徹夜で全て見ようと企てていた。

帰ったらどれから見ようか。などと考えると自然と笑みがこぼれる。
こういうところなんだろうな。僕に彼女が出来たことない理由って。

そんなことを考えながら半ばスキップじみた動きで歩いていると、

「ひっ…ひったくりっ!」

と前方から女の人の声が聞こえる。

「え?」

思考を中断し、前を見ると、黒いジャケットに黒い帽子とサングラス、そしてマスクという俺が不審者だといわんばかりのコーディネートをした(推定)男が走りよってくる。

「邪魔じゃ糞餓鬼!」

そういい、男は僕の腹をなにかで切りつけた

「っぐぅ……!」

よく見ると不審者の右手には刃物が握られており、その刃の半ばから先は血で濡れていた。

僕はその場に倒れ伏し、動けなくなる。

「糞っこんな餓鬼のせいでぇ…はようおっねや!顔も見たくない!」

文脈から察するに、不審者は取り押さえられたようだ。
しかし、僕にそれを確認する術はもうなく、ただ深くへとおちてゆく意識を手放すことしかできなかった。

「深淵のアンセム」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • オナ禁マッスル

    転スラかな?

    0
コメントを書く