プログラムコード A
現代アクション

連載中:1話

更新日:

プログラムコード A

  • あらすじ

     ある日の事、突如日本に小規模の隕石が落ちる。
     
     隕石による被害は大きいものではなかったが、
     それから数ヶ月が経とうとした頃、隕石が落ちた都市には、人間台の大きさの化け物が現れた。
     
     化け物は街を破壊しながら、次々と人間達に襲いかかり、数百人の命が犠牲となった。
     化け物には銃火器や爆弾等は効かず、最悪の場合は核兵器もやむ無しと判断された。
     
     核の決断を迫られる中、化け物の目の前に、特殊なスーツを着た者が現れた。
     その謎の人物は瞬く間に化け物を倒すと、その場から立ち去った。
     
     それからも、度々現れる化け物に対し、政府は怪人殲滅特殊部隊・・・通称Dogと呼ばれる機関を設けた。
     Dogには、怪人を倒した者・・・後にブレイカーと呼ばれる者も所属していた。

「プログラムコード A」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品