しっかり者とのんびりしたやつの恋愛物語。

忍崎 麻冬

ep 3 いつもの朝

春休みも終わり、学校が始まる。

僕らは高校2年になる。

いつも通りだった時間に起きる。

と言うよりも、志乃に毎朝起こしてもらう。

なんだか、苦しい。
でもまぁいいか、そう思いながら、
寝ていると。

「れーん。起きて〜」

彼女の声が聞こえ、ゆっくりと体を起こす。

「おはよ。」

彼女がそういい、僕もそれに返す。

「おはよ。(๑´0`๑)ファー」

まだ眠い、二度寝もしたいが、してしまったら、志乃に怒られてしまう。

そう思いながら、寝室の扉を開け、
リビングへと向かう。

いつも朝は、ご飯か、パンのどちらかだ。

「今日は、パンでいい?」

「はい…大丈夫です…」

今の僕は、何を言ってるのかすら分からなくなる。

「ふふ。寝ぼけてる‪」

数分後に、目の前に、パンが出てくる。

それにバターを塗り、かじる。

「おいし。」

「そりゃ。良かった。」

そのあとは、顔を洗って、歯を磨き、

制服に着替え、靴を履いて。

玄関の扉を開ける。

「「いってきます。」」

2人の声が合わさる。


「しっかり者とのんびりしたやつの恋愛物語。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 忍崎 麻冬

    今回から、表紙を作り、載せました!

    どうでしょうか?

    1
コメントを書く