悪人ベルト

吉川瑠奈

3話

「まぁ、とりあえずステータスオープンって唱えるだす。」
  
「ステータスオープン」
 
 内に少し秘めていた厨二心が少し顔を出しにやけてながら呟いた。
 そう呟いた後オレの目の前に数値が書いてある表?みたいなものが出てきた。

「おい、なんかでてきたぞ」

「あー、多分それだす。なんか色々数字書いてあるだすか?」

「あぁ、書いてあるぞ!これをどうすればいい?」

「まぁあえず上から教えてほしいだす。」

「わかった。」

 了解したという意思を伝え目の前に出ているステータス表を読み上げる。

ゴトウ イツキ 18歳  
Lv1
ALv1
AMP0
HP15
MP25
P10
S30
D10
 
スキル
悪人ベルト
無属性魔法Lv1
爆裂系魔法Lv1
闇属性魔法Lv1
剣適正Lv1

 スキルが多くどんな評価か目を輝かせてて待ってると

「やっぱ腐ってもベルト保持者だすね。魅力的なスキルばっかをだす。」

「まじか...なんかやったぜ」

 流石に異世界にただ飛ばされてクソステータスな訳ないよなと一人で納得しながらベルトの話をきく。

「詳細を知りたいだすか?」

「おう、教えてくれ!」

「わかっただす。とりあえず一番上から教えるだす。」

 ベルトが長々と説明したのでそれを簡単に頭の中でまとめた。
 ALv(悪人レベル)これら悪行をするとレベルアップすると使えるスキルが増える。
 AMP(悪人魔力)これは悪行をすると溜まっていく。
 HP(体力)これが0になると死ぬ。
 MP(魔力)これが0になると動けなくなる人もいるくらいの頭痛がする。
 P(パワー)これが増えると力持ちになる。
 S(スピード)これが増えると素早くなる。
 D(ディフェンス)これが増えると防御力が増える。
 これらが今ある自分の身体能力でレベルアップしていくと少しずつ上昇していきレベル50になると固有スキルを覚えられるらしい。
 スキル面では
 悪人ベルトはALv1の見えざる手(消費AMP10)が使える。
 無属性魔法Lv1は小さい空間(大体2畳くらい)に物を入れて取り出し可能というなんとも言えないスキル。レベルが上がると使える魔法も使えるらしいが今は...
 爆裂系魔法Lv1は使用すると自分のMPを3残してその分のダメージを与えると言う使い勝手の悪いスキル。まずMPが低いため大ダメージは期待できない。今のところは...
 闇属性魔法Lv1は魔族にしか出現しないスキルのため人に見つかったら危険ということらしい。今は影踏み(消費MP5)が使える。
 剣適正Lv1はその名の通り剣を使うのが上手になりやすいスキルらしい。なにかの流派などに入り修行をすると伸び率が大きいらしい。

 と長々と語ったがこれが今の俺のステータスだ。
 
「んー、でも今からどうすればいいの?」

 至極真っ当な意見だった。急にこんなオープンフィールドに出てもすることが決まるはずがない。

「とりあえずレベル上げだすね。じゃないと死ぬだすよ」

その調子で続けて

「神様からも言われてると思うけどこの世界はご主人様が生きていた世界よりはるかに危ないだす。だから少しでもレベルを上げるべきだすよ。」

「たしかにそうか。ならレベル上げするか!」

「乗り気だすね...」

「どうやったらレベル上がんの?」

「魔物とか倒したらいいだすよ、そしたら経験値が入ってレベルアップするだす」

「おけ、あ、あとどこに魔物いるとかわかる?」

「見えにくいかもしれないだすけど少し離れたあの森にならいそうだすよ」

「了解、ならいくか!」

 そうやって走っていくご主人様ことゴトウイツキに揺られながら腰についているベルトがこいつ後先考えないタイプだし絶対頭弱いな...と思ったことは誰も知らない。

次回ワクワクドキドキ戦闘回?!果たして武器もないイツキはどう戦うのか??次回もみないと損しちゃうよ!
 
 

「悪人ベルト」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • オナ禁マッスル

    無属性魔法普通に便利で草

    0
コメントを書く