豚になりたかった俺は...

オナ禁マッスル

過去編その②

一輝に自身が戦闘に参加できない理由を話しているうちに、ムネヒトは自身の過去を振り返ることになるのだった。

ヒトミによって転生させられたムネヒトが降り立った地はオーク族の本拠地アキラの里だった。

目覚めたムネヒトは起き上がろうとするが体があまり動かせない。

それもそのはず、希少なエルフ族であるムネヒト。オーク共に縛りつけられた状態で檻に閉じ込められていたのであった。

「破ぁ!!」

縛りつけられていることはもちろん、タバコを吸えないことによるストレスでイライラしていたムネヒトは怒りの全てをぶつけ無意識にこの言葉を叫んでいた。

すると、檻の中の空間が割れ、新たな空間が生まれた。
ムネヒトはその空間に吸い込まれるように入っていくのだった。

その中はムネヒトの大好きな副流煙に満ち溢れる謎の空間になっていた。

「なんやぁ?誰か説明せぇや」

そう言うと自身をこの世界に転生させたヒトミにそっくりな女が現れ、

「あなたはオークに囚われてしまったのです」

「オーク?」

「この辺りを支配する者たちです。
あなたはエルフ族という希少な種族に転生してしまった為、彼らに捕獲されてしまったのです。」

「ならまたすぐ死ぬやないかい!」
とムネヒトが怒りを露わにすると

「転生前に殺人という罪をおかしてしまったせいで多少厳しめの扱いを受けてしまっているのかもしれません。
ですが、安心してください。あなたの能力を使えばオーク達から逃げることなどたやすいでしょう」

「能力ってなんや?」

「この世界には能力と呼ばれる不思議な力を持つものが一定数います。
転生者には死ぬ前の行動や我々への願いなどを加味して能力を付けることにしています。
あなたはヤニ狂いであったので、煙を操る能力を与えられました。
この空間もその能力の1つによって生み出されたものなのです。」

「煙を操る能力か... 中々強そうやな。
というかこの空間はどういう原理で出来ていてどんな効果があるんや?」

「この空間はあなたのタバコへの強い執念によって生み出される空間です。
この空間内では大体のあなたの願いは叶います。私もあなたの誰か説明しろという想いによって一時的にこの空間に訪れさせられることになったのです」

「なるほど。ならこの鎖を外してくれや」

ムネヒトがそう言うとムネヒトを縛り付ける鎖は一瞬で消えた。

「やっと体を動かせるわ」

「それは良かったです。
私はあまり時間が無いのでここでお別れです
今回は初回特別サービスでここに訪れたので私を呼ぶのは普通は無理と考えておいてください」

そう言うとヒトミは消えていき、同時にムネヒトの生み出した空間も消えていき、元の檻に戻っていた。

しかし、鎖は無くなっていたので体は動かせるようになっていた。

檻を殴ってみるが手に衝撃が走るだけで檻には何もダメージがないようだった。

ヒトミに煙を操る能力があると言われたことを思い出すと同時に自身の能力の使用方法が直感で理解出来たムネヒトは体中から煙を放ち、その煙を使い、檻を開けた。

そして、脱出成功したムネヒトはオーク達に怯える様子もなく余裕をこいてアキラの里から歩いて逃げ出したのだった。

次回、遂にムネヒトと革命軍の出会いが明かされる。
ムネヒトが革命軍たちに協力するようになった理由とは!?

ぜってぇ見てくれよな

「豚になりたかった俺は...」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

  • 吉川ルナ

    ヒトミがいい女すぎる

    0
コメントを書く