KV65の墓 - 猫のタン

vrymtl

- 第十五章 - 早朝の雄叫び







    



牧師が、タンたちに気が付きニコルバを古屋まで連れてきた。
ニコルバも牧師同様に驚いて居た、


「おーッ!
頼もしい仲間が出来たなー、
しかも、巷では悪しき王様は猫アレルギーで大の猫嫌いと聞いたことがある、どんな秘密兵器より強力だよっ
ハッハッハッ‥」


ニコルバは大喜びで、タンたちの頭を撫でる、同じ喜びを感じたのか猫たちはゴロゴロと喉を鳴らして居る、
同志たちはとても嬉しそうだった。
牧師が言う、
「聖務日課である三時課(今で言うと午前9時)に鐘を必ず鳴らす、その時間をここを出る合図にするからそれまで準備を整えてくれ!」


それに続いてニコルバも、
「わたしたちは、人員と装備を準備するから、この猫の勇者たちを専用の幌馬車へ乗せてくれ。
わたしもこの日のために準備して置いた物をまとめる、宜しいかな牧師?」
「勿論だ!皆この日のために用意してきたんだ、我々の勝利の時だッ!!」


騒ぎに起きてきた人たちと、本部へ集まって居た連中も合わせて雄叫びを上げた。
「勝利は我にありーッ!オーッ!」


タンたちも、ニャーッと鳴いていた。
この日のためにと言う言葉はタンのためにある、ペルもわかって居たようでタンの背中をいつも以上に舐めて居る。
これからの闘いは、まるで人間対猫たち。武器は生身の猫たちになるのだが、ニコルバには秘策があったのだった、それは‥?!






      




「KV65の墓 - 猫のタン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く